テニス 練習

シングルス

「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。

それでもテニスの技術の習得には熱心でも、配球や戦術に関しては面倒だし苦手・・・という方も多いのではないでしょうか。

テニス雑誌で紹介されているような理論も大事ですが、テニスのシングルスの試合ではもっとシンプルに考えていくことも大切。

そこで、1・2回戦で対戦した際に最低限考えておきたい、「格下相手の対策」を整理してみます。

 

「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

 


 

1.大原則である「バックハンド攻め」を忠実に

シングルスの試合では、どうも「技術のお披露目会」「相手の振り回し会」になることが多いようです。

プロ選手の試合ではコートを広く使い相手を追い込んでいく場面も多いですが、一般の草トーナメントの試合では別。

まずはバックハンド側を忠実に攻めていくことが大原則です。

ここで反撃されるようでは、その相手は格下とは言えないので覚悟が必要。

相手に「バックハンド側を狙われている・・・」という意識を持たせ、メンタル的に上位に立って試合を進行するようにしましょう。

2.空けているフォア側には打たない、「カウンター狙い」にはまらないこと

相手がもし、あなたとの実力差を感じているなら、戦法は「カウンター狙い」かも知れません。

私自身も格上の選手と対戦するときは、攻められているときは凌いで、自分の予測が当たったときに反撃する戦い方が多くなります。

1.でバックハンド側を攻めているとつい、空きはじめたフォア側も打ちたくなりますが、ここは慎重に判断すべきです。

あなたが試合を優位に進めていても、手負いの熊は必ず牙をむいてきます。

もちろん配球のバリエーションを見せることは必要ですが、まずは執拗に攻めるしたたかさを、しっかりと格下相手には見せていきましょう。

3.同じバックハンド側を攻めるにしても、「ライジングショット」でテンポを上げる

一定のリズムでずっとバックハンド側にボールを集めていても、相手は慣れてくるとそこから反撃の糸口を掴むかも知れません。

そこで一歩相手をさらに追い込む為に必要なのが、早いタイミング=ライジングショットで相手を追い込むこと。

コートの内側に入って、少し浅いショートアングル気味のボールを打てば、相手をコートの外に追い出すことができるでしょう。

そこからは落ち着いてネットプレーに繋げてオープンコートへ。

このパターンでの崩し方をされると、相手はよりリスクを冒して攻撃せねばならないという意識にかられますので、ミスを誘うこともできます。

ライジングからのネットプレーは、シングルスでは必須の技術となりますので、ぜひ練習しておきましょう。
 



 

4.「ドロップショットでバックハンドの浅い箇所」を攻めて、相手に絶望感を与える

3.の攻撃が完了したら、後は仕上げに同じ構えからドロップショットを打ちましょう。

バックハンド側に、ある程度浅く、甘くなってもOKです。

格下とあなたが感じる相手であれば、ネット際のプレーはもっと格下に見えるでしょう。

ネット際のショットはベースラインよりもより創造性が求められますので、返球パターンは限られているはず。

そのコースを消す準備をして、返球されたボールをロブやパッシングで仕留めることで、相手は絶望感を味わうでしょう。

バックハンド側を攻めるパターンを増やしていくことは、シングルスで確実に勝つ為には必ず必要な技術なのです。

 

実際のテニスの試合で、安易に相手を「格下」と判断するのは、もちろん危険です。

試合の入り方、最初のダッシュがものすごく大事。

それでも、相手の実力を正確に把握して自分の戦略を決めていくことは、特にシングルスの序盤の展開では不可欠。

今回紹介した内容は、あくまで「バックハンドへの攻撃」を主軸に置いた考え方ですが、この基本は必ず頭に入れておいてください。

そしてこの考え方は、あなた自身が格上の選手と対戦する際には、乗り越えていかないといけない壁となってきます。

しっかり自分で整理して試合に臨めるように、明日から試合を想定して練習していきましょう!

■図や写真、ですごく分かりやすいテキストです

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

    シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。バ…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

  5. シングルス

    シングルスの試合では、「ダウンザラインからネットへの迫力」こそ大事

    シングルスの試合での、戦術が欲しい。そう考えているみなさんは、…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

特集記事

  1. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
  2. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方
  3. テニス ボレー

    ボレー

    風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!
  4. テニス スマッシュ

    リターン

    セカンドリターン、という発想がすごく楽にさせてくれる
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思ってお…
PAGE TOP