テニス 練習

シングルス

「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。

それでもテニスの技術の習得には熱心でも、配球や戦術に関しては面倒だし苦手・・・という方も多いのではないでしょうか。

テニス雑誌で紹介されているような理論も大事ですが、テニスのシングルスの試合ではもっとシンプルに考えていくことも大切。

そこで、1・2回戦で対戦した際に最低限考えておきたい、「格下相手の対策」を整理してみます。

 

「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

 


 

1.大原則である「バックハンド攻め」を忠実に

シングルスの試合では、どうも「技術のお披露目会」「相手の振り回し会」になることが多いようです。

プロ選手の試合ではコートを広く使い相手を追い込んでいく場面も多いですが、一般の草トーナメントの試合では別。

まずはバックハンド側を忠実に攻めていくことが大原則です。

ここで反撃されるようでは、その相手は格下とは言えないので覚悟が必要。

相手に「バックハンド側を狙われている・・・」という意識を持たせ、メンタル的に上位に立って試合を進行するようにしましょう。

2.空けているフォア側には打たない、「カウンター狙い」にはまらないこと

相手がもし、あなたとの実力差を感じているなら、戦法は「カウンター狙い」かも知れません。

私自身も格上の選手と対戦するときは、攻められているときは凌いで、自分の予測が当たったときに反撃する戦い方が多くなります。

1.でバックハンド側を攻めているとつい、空きはじめたフォア側も打ちたくなりますが、ここは慎重に判断すべきです。

あなたが試合を優位に進めていても、手負いの熊は必ず牙をむいてきます。

もちろん配球のバリエーションを見せることは必要ですが、まずは執拗に攻めるしたたかさを、しっかりと格下相手には見せていきましょう。

3.同じバックハンド側を攻めるにしても、「ライジングショット」でテンポを上げる

一定のリズムでずっとバックハンド側にボールを集めていても、相手は慣れてくるとそこから反撃の糸口を掴むかも知れません。

そこで一歩相手をさらに追い込む為に必要なのが、早いタイミング=ライジングショットで相手を追い込むこと。

コートの内側に入って、少し浅いショートアングル気味のボールを打てば、相手をコートの外に追い出すことができるでしょう。

そこからは落ち着いてネットプレーに繋げてオープンコートへ。

このパターンでの崩し方をされると、相手はよりリスクを冒して攻撃せねばならないという意識にかられますので、ミスを誘うこともできます。

ライジングからのネットプレーは、シングルスでは必須の技術となりますので、ぜひ練習しておきましょう。

4.「ドロップショットでバックハンドの浅い箇所」を攻めて、相手に絶望感を与える

3.の攻撃が完了したら、後は仕上げに同じ構えからドロップショットを打ちましょう。

バックハンド側に、ある程度浅く、甘くなってもOKです。

格下とあなたが感じる相手であれば、ネット際のプレーはもっと格下に見えるでしょう。

ネット際のショットはベースラインよりもより創造性が求められますので、返球パターンは限られているはず。

そのコースを消す準備をして、返球されたボールをロブやパッシングで仕留めることで、相手は絶望感を味わうでしょう。

バックハンド側を攻めるパターンを増やしていくことは、シングルスで確実に勝つ為には必ず必要な技術なのです。

 

実際のテニスの試合で、安易に相手を「格下」と判断するのは、もちろん危険です。

試合の入り方、最初のダッシュがものすごく大事。

それでも、相手の実力を正確に把握して自分の戦略を決めていくことは、特にシングルスの序盤の展開では不可欠。

今回紹介した内容は、あくまで「バックハンドへの攻撃」を主軸に置いた考え方ですが、この基本は必ず頭に入れておいてください。

そしてこの考え方は、あなた自身が格上の選手と対戦する際には、乗り越えていかないといけない壁となってきます。

しっかり自分で整理して試合に臨めるように、明日から試合を想定して練習していきましょう!

■図や写真、ですごく分かりやすいテキストです

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

    シングルスの試合、コートは広いようで意外と打つコースは限られている。…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

  3. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  4. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

    シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。これがバン…

  5. テニス シングルス
  6. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ

    テニスの大会、トーナメントは過酷です。1日に何試合もこなさなけ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がり…
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    なぜフォアハンドの回り込みが有効か、と考えると「打てるコースの拡がり」が見えてく…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読め…
  5. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」で…
PAGE TOP