テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。

バウンド後に、失速しないで伸びていく。

これを実践するには、学生時代からの地道なトレーニング・・・が必要?

いや、そんなこと無いと思いますよ。

社会人からテニスを始めた方も、ベテラン・シニアの女性の方も、しっかりコツを掴めば伸びのあるストロークは打てるようになります。

 

シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

 

1.高い打点で高い軌道で打つ

まず、これが基本です。

何度も書いてきましたので、もう飽き飽きかも知れませんが、高い軌道で打ったストロークは重力の力も借りてしっかりコートに着地して、バウンドしていく。

速く低いボールって、コートから力をもらえないので、意外と打ち返しやすいんですよね。

バウンド後の伸びはもちろん回転の質、量も大事ですが、その前に高い軌道。

その高い軌道で打つためには、当然自分の打点は高い方が良い。

しっかり意識しながら、下がらないでプレーする意識がシングルスでも大事ですね。

 

2.一番力が入る打点で、しっかり振り切る

改めて、みなさんのしっかり力が入るポイント、どこでしょう?

恐らく、横を向いて前足で踏み込んだら、その自分の前足によりも20~30cm前、くらいなはずです。

この打点で振り切れるストローク、を増やしていく。

しっかり良い打点で打てたときって、ほとんど力が要らないで「空振り」したような感じになると思いますよ。

一番力が入る場所から、自分のフットワーク、動きを逆算していく。

そうじゃないと、いつまでもボールを追いかけるだけのプレーになってしまいますからね。

 

3.下から上に振るスピンが基本

この基本、確認しておきましょう。

ラケット動作は下から上、この動きがしっかりと出来るから、ボールに良いスピン回転がかかる。

よくこねようとして、下から横、に振ってしまう人が多いので、改めて自分でチェックすること。

下から上に振り抜いて、その余韻で低い位置で終わるのはOKだと思います。

ストロークの基本、下から上へのスウィング。

これはしっかり意識することが大事です。

 

4.重たいスライス、をしっかり使おう

低く滑る、重たいスライス。

このショットが打てると、その逆の回転=スピン系のショットもすごく重い、シングルスの試合で有効なストロークになります。

重たいスライスを打つには、色々な基本がありますが早めに足を決めて止まり、しっかり打点を前に取って上から抑えること。

シングルスの試合で、相手が前に出て来るような選手でなければネットプレーを気にする必要は無い。

しっかりと伸びのある軌道、をイメージしながら前に押し出して打っていきましょう。

 

5.スウィングスピードをアップさせる

これは、ぜひどのレベル、カテゴリの選手の方も今一度取り組んで欲しい。

しっかりと回転をかけたストロークには、やはりスウィングスピードは必要です。

リラックスして、鋭く振り抜く。

この鋭さを磨けば、きっと厚いグリップも自ずと身に付いていくでしょう。

試合の緊張した場面、置きにいったようなストロークは危険。

スウィングスピードを、力まないで上げていく。

この取り組みは、学生からシニア、ベテランの方まで共通して大事なポイントです。

 

バウンド後に、ボールが伸びているのかどうか。

これはなかなか、自分で把握出来ないポイントですよね。

相手に聞くのも良いし、横から撮影してみるのも良いでしょう。

自分が打ったボールの「落下点」にだけ興味を持っても、テニスは上達しない。

その覚悟で、シングルスの試合で使えるストロークを磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れていく

    粘り強い相手に、シングルスで負けてしまう。皆さんも何度か、経験…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ

    テニスの大会、トーナメントは過酷です。1日に何試合もこなさなけ…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い

    シングルスの試合、にチャレンジしているみなさん。きっと、ダブル…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン

    シングルスの試合、ただ打ち合うだけで戦術とか無理・・・という方。…

  5. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

    テニスの試合、特にシングルスの試合は「我慢」が必要な場面がある。…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝

    シングルスの試合で、なかなか攻撃しきれない人。それは、自分のシ…

特集記事

  1. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には…
  2. テニス マナー

    戦術

    夏こそ「先手必勝」、がテニスの試合の基本
  3. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを
  5. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習
PAGE TOP