テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。

バウンド後に、失速しないで伸びていく。

これを実践するには、学生時代からの地道なトレーニング・・・が必要?

いや、そんなこと無いと思いますよ。

社会人からテニスを始めた方も、ベテラン・シニアの女性の方も、しっかりコツを掴めば伸びのあるストロークは打てるようになります。

 

シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

 

1.高い打点で高い軌道で打つ

まず、これが基本です。

何度も書いてきましたので、もう飽き飽きかも知れませんが、高い軌道で打ったストロークは重力の力も借りてしっかりコートに着地して、バウンドしていく。

速く低いボールって、コートから力をもらえないので、意外と打ち返しやすいんですよね。

バウンド後の伸びはもちろん回転の質、量も大事ですが、その前に高い軌道。

その高い軌道で打つためには、当然自分の打点は高い方が良い。

しっかり意識しながら、下がらないでプレーする意識がシングルスでも大事ですね。

 

2.一番力が入る打点で、しっかり振り切る

改めて、みなさんのしっかり力が入るポイント、どこでしょう?

恐らく、横を向いて前足で踏み込んだら、その自分の前足によりも20~30cm前、くらいなはずです。

この打点で振り切れるストローク、を増やしていく。

しっかり良い打点で打てたときって、ほとんど力が要らないで「空振り」したような感じになると思いますよ。

一番力が入る場所から、自分のフットワーク、動きを逆算していく。

そうじゃないと、いつまでもボールを追いかけるだけのプレーになってしまいますからね。

 

3.下から上に振るスピンが基本

この基本、確認しておきましょう。

ラケット動作は下から上、この動きがしっかりと出来るから、ボールに良いスピン回転がかかる。

よくこねようとして、下から横、に振ってしまう人が多いので、改めて自分でチェックすること。

下から上に振り抜いて、その余韻で低い位置で終わるのはOKだと思います。

ストロークの基本、下から上へのスウィング。

これはしっかり意識することが大事です。

 

4.重たいスライス、をしっかり使おう

低く滑る、重たいスライス。

このショットが打てると、その逆の回転=スピン系のショットもすごく重い、シングルスの試合で有効なストロークになります。

重たいスライスを打つには、色々な基本がありますが早めに足を決めて止まり、しっかり打点を前に取って上から抑えること。

シングルスの試合で、相手が前に出て来るような選手でなければネットプレーを気にする必要は無い。

しっかりと伸びのある軌道、をイメージしながら前に押し出して打っていきましょう。

 

5.スウィングスピードをアップさせる

これは、ぜひどのレベル、カテゴリの選手の方も今一度取り組んで欲しい。

しっかりと回転をかけたストロークには、やはりスウィングスピードは必要です。

リラックスして、鋭く振り抜く。

この鋭さを磨けば、きっと厚いグリップも自ずと身に付いていくでしょう。

試合の緊張した場面、置きにいったようなストロークは危険。

スウィングスピードを、力まないで上げていく。

この取り組みは、学生からシニア、ベテランの方まで共通して大事なポイントです。

 

バウンド後に、ボールが伸びているのかどうか。

これはなかなか、自分で把握出来ないポイントですよね。

相手に聞くのも良いし、横から撮影してみるのも良いでしょう。

自分が打ったボールの「落下点」にだけ興味を持っても、テニスは上達しない。

その覚悟で、シングルスの試合で使えるストロークを磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

    最後まで諦めずに、ボールを追う。これって、本当に難しいし、特に…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    「シングルス、難しいっ!!」テニスの試合で苦手意識が浮き彫りになる理由とは?

    シングルスとダブルスとどっちが難しい?人それぞれだと思うんだけ…

  3. テニス リターン
  4. テニス シングルス
  5. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意識し…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    風が強く吹く中で、「サーブを安定させる」ために必要なコツ4つ
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュ…
  3. ストローク

    ストロークのラリー戦で、「どのエリアにバウンドしたボールから攻撃していくか?」は…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいくかも
  5. テニス ボレー

    ボレー

    中級者にありがちな、「後ろにお尻が残る形のボレー」の改善策4つ
PAGE TOP