ダブルス

相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?

当然シングルスの試合に慣れている人は、2人になっただけで多い!と感じるでしょう。

ですが、実際には相手がいないスペース、空いているスペースはダブルスでもあるはず。

でも、実際の試合を観ると・・・みなさん、相手がいる場所、にばかり打ってしまうケースが増えてしまうのはなぜでしょう。

どこかで真剣に考えないと、この問題は解決出来ませんよ。

 

相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

 


 

1.「足元狙い」は、かなり危険な指導法

実際に、テニススクールではこう教わるケースも多いでしょう。

ボレーは相手の足元に、という感じで、前衛が前衛にぶつけていくのが良いプレー、だと思われている。

それだと、確かに初中級レベルの相手までなら・・・得点出来るかも知れませんが。

でも、試合慣れしている選手は、とにかくキャッチ力、守備力が凄い。

足元をさばくのなんて、きっと朝飯前、ですよ。

だからこそ、相手がいない場所に打つという発想、が大事なんです。

 

2.自分で「目標」を設定しておく

この、「相手がいない場所に打つコツ」は、考え方次第。

私はいつも、相手がいない場所に「空想でカラーコーン」のようなモノをイメージしておく。

何も無い場所、なんだけど狙う場所。

これは相当強くイメージしておかないと、どうしても人は「目に入った情報、見えるモノ」をターゲットにしていく傾向にあります。

無意識、ではダメなんです、絶対に人に向かってボールを打ってしまう。

ラリーしながら、またはポイント前の静寂に包まれているときに、空想でもターゲットを置いておく。

この目標作り、が第一歩だと思います。

 

3.流れを確認してみましょう

しっかり出る、とサーバーと打ち合わせしておくことが大事です。

素早く動いて、センターストラップ近くまで前衛が動きます。

ですが、↑の場合必ずしもフォアボレーで打てるとは限らない。

通り過ぎて、バックボレーになることもあるでしょう。

その場合に、慌てて相手の前衛を狙ってしまうと・・・。

何だかんだで返されてしまいますよね、試合では。

反対側にはオープンスペースが出来てしまう、サーブを打った選手のカバーも遅れがち。

相手は楽に、カウンターでポイントが取れてしまいます。

相手の足下にポーチを打ってしまうと、こういうケースになりがちですよね。

慌ててしまうと、人は人を狙ってしまうもの、と意識しておきましょう。

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ

 

4.人に打つのは、なぜ「安心」なんだろう?

これはきっと、「確実にイン」だからですね。

相手がいる場所はコートの中、だからアウトになることは無い・・・と思ってしまう。

試合ではアウトを怖がってしまいますからね、この感覚は当然でしょう。

人に向かって打った方が、アウトが無くて安心する、結局は自分の為・・・です。

それだと、厳しい攻撃は出来ない。

空いている、人がいないスペースを狙えば、もちろんアウトの可能性は上がるでしょう。

でも、それだけ効果的な攻撃になる。

多少のリスクは負っていく、覚悟がアナタにも必要です。



5.ラリーを「終わらせる」には、ゴールをゲットすること

私は何度も、「相手のミスを待つこと」が大切だと書いてきました。

でも、もちろんそれだけだと試合は厳しい。

特にダブルスでは、担当コートが1/2ですからミスも少なくなる。

だからこそ、時にはラリーを終わらせるような、ゴールをゲットする意識も大事。

テニスって、サッカーやバスケのように形のある「ゴール」って無いじゃないですか。

だから、自分で作らないと。

空想でも良い、空いているスペースに、自分でゴールを設定する。

そうすれば、きっと人がいないような場所、でもボールを運べると思いますよ。

 

相手にとっても、「足元に打って来る相手」は楽ですよ。

慣れればカバー出来るし、何より空いているスペースを消すような意識を持たなくて良い。

まずは、しっかり理想を高く。

ダブルスでも、相手2人に触られないようなコース、にしっかり打ちたいと自分で思うこと。

そこから全てが、始まります。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと

    これは、私自身の話、ではありません。過去に、全日本で何度も優勝…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応方法とは?

    特に男子ダブルスの上のレベルでよく観る、並行陣の逆陣形。これは…

  4. ダブルス

    みっともないミックスダブルスをした男性ほど、その後のテニスは強くなる

    みなさんは、ミックスダブルス、プレーされる機会はありますか?学…

  5. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!

    毎日の練習の中で、皆はテニスを練習している。でもテニスってシン…

  6. ダブルス

    並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画

    ダブルスの試合で、前に出て戦いたい。だけど、並行陣で挑んでもな…

特集記事

  1. テニス 守備

    ストローク

    浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!
  2. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につ…
  3. テニス 戦術

    メンタル

    試合では、良いポイントを3つ続けるのが大変なんです
  4. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニス ボレー

    メンタル

    ジャッジが汚い人は、そもそも余裕が無い
PAGE TOP