テニス メンタル

サーブ

「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリット4つ

ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。

しかし我々一般の大会、市民大会は、これからシングルスのシーズンに突入していきます。

そこで今回は、4回に1回程度、シングルスで「サーブ&ボレー」を入れていくことの有効性について、考えてみたいと思います。

ネットプレーは苦手だけど・・・という方にこそ、実践して欲しいアイデアがあります!

 

「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリット4つ

 


 

1.ただ「繋ぐだけ」のリターンをしにくくなる

ストローク主体のプレイヤーは、ラリー戦に持ち込んでからの展開に自信を持っています。

まずはローリスクで、しっかり深く返球できればOKということで、ベースライン後方から安全策のリターンを主軸にしているケースが多い。

これをそのまま、やらせておく必要はありません。

たまにサーブ&ボレーを挟むことで、「甘い山なりのリターンは仕留めるよ」というメッセージを相手に贈ることができます。

ベースラインよりかなり後方にいれば、ドロップボレーや浅いボールでも決まりやすい。

相手の安全策を塞ぐためにも、試合の序盤、早めに一度見せておくと良いでしょう。

 

2.自分自身を奇襲有りのアグレッシブな選手だと、相手に印象付ける

ネットプレーが得意かどうか、それは相手が判断することです。

一回目のサーブ&ボレーでポイントを獲れれば、相手にとってアナタは「ネットプレーが上手い選手」と思ってもらえるかも知れません。

これこそまさに、奇襲の醍醐味

そこから相手は、さらに厳しいコースを狙ってミスをしてくれる可能性も大。

自分を大きく演出する意味でも、サーブ&ボレーは有効な手段になります。

 

3.シングルスの試合に「自分のリズム」が出来る

ダブルスの試合と違い、シングルスは自分一人で試合の中でリズムを作っていく必要があります。

これ、なかなか難しい話ですよね・・・。

試合の中にアクセントを作ることは、サーブ&ボレーという作戦に任せてみませんか?

例えその1ポイントを落としたとしても、新しい光景を眼にしたり、テンポが速くなることで、試合全体にリズム感が生まれてきます。

「自分主導」でこの試合を進めている、という意志表示にもなるのでお勧めです。

 

4.アナタ自身にテニスの幅が拡がり、練習から意識が変わる

オールラウンドを自称していても、実際は試合中にネットに出る人が少ない。

それは、自分自身にしっかり約束=コミットできていないからです。

どんな相手でも、トライしていくポイントは必要。

試合で「失敗する力」が無いと、練習ではどんなことが必要なのか、自分自身で把握できなくなってくるのです。

常に、自分の新しい部分、苦手な部分、避けている部分を、試合の中でも出していくようにしましょう。

そうすると、アナタ自身の長期的なテニスの展望が見えてくるはずです。

 

ポイントを獲る、だけがサーブ&ボレーの目的ではありません。

元々、ネットプレーは相手からミスをもらうのに有効な手段。

試合慣れしていないような相手であれば、より有効に作用して、うまく体力を温存できるかも知れません。

まずはとにかく、実践してみること。

アナタ自身が何かを感じることができれば、それがテニスを成長させる大きな基になるはずです!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス 練習

    サーブ

    「女子選手でも、サービスキープ率を上げていきたい」ときに意識したい、試合で使える4つのポイント

    女子選手は、サーブの力が男性に比べて弱い。プロ選手でもサービス…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!

    スピンサーブの回転量は、そのままサービスキープの安定感に直結する。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か

    この理論、まぁ当たり前ですよね。「そもそも、1ゲームキープする…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

    自分のサーブをパワーアップさせたい、と考えているみなさんへ。ま…

  5. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

  6. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう!

    サーブを強くして、キープ率を上げたい。そう考える人は、多いはず…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減る
  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは、絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない?
  4. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語
  5. テニス 雨

    メンタル

    テニスの試合では、「やらないといけないこと」よりも「やらないで良いこと」をハッキ…
PAGE TOP