テニス メンタル

ストローク

相手を動かすテニス、と並行して、しっかり打つテニスも練習していこう

「戦術的な話ばっかりで、つまらないテニスはしたくない」

というようなご意見を、最近もいくつか頂きます。

確かに、私自身テニスは「相手を動かすこと」が大事であり、プレッシャーをかけてミスを誘うテニス、が基本だと思っています。

でも、当然それだけだと勝てない。

技があるなら、その技を活かす為にも、「基本となる力」が欲しい。

今回は、そんなお話です。

 

相手を動かすテニス、と並行して、しっかり打つテニスも練習していこう

 

1.ドロップショットと深いストロークは、両軸の技術

錦織選手が、まさにそうでしたね。

あれだけドロップショットがキレイに決まるのも、基本となる深いストロークがあってこその話。

相手からすると、この「両方」があるからしんどいし、予測出来ない。

片方だけだと何とかなるけど・・・と思いながら、終始心理戦では上手を取られているような状況、になっているはず。

この「両軸」の技術を鍛える、ということに皆さんももっと意識を向けて欲しい。

ドロップショットのような突っつく技術も必要だけど、それだけじゃダメ。

やっぱり基本に忠実な、グランドストロークは必要ですからね。

 

2.自分を変えることを、恐れてはいけない

特に、基本となるストロークの部分、はなかなか変えていくのが難しい。

自分のテニス、が一番根強いし、色が濃い部分じゃないですか、ストロークって。

特に男性の方は、こだわりが強い人も多いでしょう。

でも、何年も同じフォームで、同じようなテニスを繰り返しているのであれば、そろそろ危機感を持たないと。

試合に出て勝つ、という目的があるのなら、自分で気付かないと。

自分を変えていくこと、ベースとなっているストロークのフォームを変えていくこと、に挑んでいくテニス選手であって欲しいんです。

 

3.一度で「これだ!」という感触を掴む、なんて無理

とにかく、色々試しては感じ、の繰り返しです。

私なんて、バックハンドは未だに両手打ちも試すし、厚いスライスの打ち方を最近も変えました。

感触としては・・・まだまだしっくり来ない、って感じですけどね。

そもそも、試して一発で「これだ!」というのを見つけるのは、虫が良すぎるというモノ。

大事なのは、長いスパンで、でもどんどん速いスピードで試しては感じ、を繰り返していくということです。

自分の動画も撮影して、見返してみる。

考えては工夫し、を繰り返している人に、きっと「これだ!」という感触は降りてくるんだと思います。

 

4.戦術と技術は、常に両軸として大事にしていこう

私も、つい「戦術の罠」に陥りがち。

何とか相手を動かして、騙しながら勝つ試合・・・ばかりになると、基本が疎かになる。

いつまで経っても、力強いベースとなるストロークの部分、が伸びないんですよね。

これでは小手先だけでは勝てない相手、との試合には、ずっと勝てないまま。

アナタ自身、戦術部分の理解や勉強、実践は深めつつ、もっと基本技術も磨いていく意識を持ちましょう。

「いやもう歳だし、今更ストロークのパワーアップなんて・・・」と思って、逃げないこと。

私自身、まだまだ自分の基本を鍛えていきたいと思っていますから。

一緒に頑張りましょう!

 

基本を変えていく、のが一番テニスでは難しい。

だって、変えたら一瞬は弱くなりますからね。

ストロークを変えれば、試合の結果に直結する。

でも、その方が未来がある・・・と思えば、しっかり取り組んでいくべきことでしょう。

目の前の試合も大事、でも、その先の未来への投資も大事。

戦術と技術、両輪であり両軸。

意識して練習出来ると、試合で強い選手になっていけるはず。

それは立派に、アナタ自身が変われたとき、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為には?

    現代テニスでは、オープンスタンスが主流になりつつあります。錦織…

  2. テニス 練習

    ストローク

    力んでネットミスのストローク、を減らす6つの方法

    試合の中で、力んでネットミス。これって一番多い失点のパターン、…

  3. ストローク

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみる

    ロブを上げる時、トップスピンとスライス、どっち使うことが多いかと言うと…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっかり前に取って見直そ…

    今回アンケートを実施させて頂き、改めて「チャンスボールを打ち込めない・…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも極めていけば良い

    サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。全てのショット、…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「スライス練習での注意点」試合で実際に使えるようにする為には?

    試合の中でスライスは重要。特に相手のレベルが高ければ高いほど厳…

特集記事

  1. メンタル

    「時間無制限!」テニスの試合はラストポイントまで続いてくという意識を持って
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスを誰かに教わっている限り、敗退の責任の所在は不明確じゃない?
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が…
PAGE TOP