テニス 技術

リターン

ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない

ダブルスの試合、自分のリターンが相手前衛につかまる。

これくらい、本来なんてことは無いんです。

でも、人によっては「この世の終わり」くらいに落ち込んでしまう人も多い。

ちょっと・・・リターンについて、考え直した方が良いと思いますよ。

私は、こう思います。

 

ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない

 

1.相手に触られるのを恐れてはいけない

テニスの試合、それは相手とボールを打ち合うスポーツ。

それも、相手のコートの中にボールを入れるのが大前提。

そうなると、相手は「触ることが出来る」のが当然なんです。

それくらい、テニスコートは広くない、触れるような設計で作られている。

ダブルスの試合、相手の前衛にリターンを触られる。

ことくらい、想定内、でいきましょう。

一番問題なのは、触られないように打とうとして、ミスが重なっていくことです。

 

2.ポーチで決められるよりも、アウトやネットを減らそう

私は、いつもダブルスでこう考えています。

相手に触られる、のは全然OK。

それよりも、自分単独でネットミス、アウトミスするリターンが一番怖い。

だって相手に触られても、ポイントが終わる訳ではありませんからね。

触られても、またそのボールを返球すれば良い。

自分単独のミスは、パートナーもカバーしようが無いので、一番まずいこと。

相手前衛にポーチで触られること、に絶望している選手は、まず試合で勝てません。

 

3.意図の無いリターンは、ポーチで決められる

確かに、触られることは怖く無い。

でも・・・触られて「簡単に決められる」のはやっぱりまずい状況。

自分のリターンに意図が無い、作戦が決まっていないようなときには、ボールにも力が無い。

だから、簡単にボレーで決められる・・・ことには、早く気付けるようになりましょう。

しっかり、狙いを定めたリターンを打っていく。

ことを意識したうえで、触られることは気にしない。

ダブルスのリターンは、2人の意志や意図、がしっかり確認されていることが大前提。

「クロスに打つ」というリターン一つでも、絶対に変わってくると思いますよ。

 

4.ポイントが終わるまで、絶対に諦めない

強いダブルスのペアは、ポイントが終わるまで一喜一憂しない。

相手に触られても、そこをリカバリー出来るのが当たり前、だと考えている。

だからしぶといし、強いんですよね・・・。

特に学生の皆さんほど、相手前衛にポーチされた時点で諦めている人が多い。

自分のショットが悪かったことに、落ち込んでしまう人、多いですよね・・・まだポイントは終わっていないのに。

こういう姿を見て、相手はどう思うか。

「ポーチに出れば、相手は諦めてくれるな・・・」と思うはず。

それって、すごく相手を楽にさせると思いませんか?

ちょっとした意識、仕草、走りだけで、相手にかけるプレッシャーは変わる。

「ポーチに出られても、気にしないよ」という雰囲気、やっぱり私なら相手として嫌ですけどね。

 

リターンを前衛に触られる、ことは大歓迎!のスタンスでいきましょう。

相手もきっと、そんなに余裕は無い。

意図あるボールならどんどん触らせて、ラリーを繰り返していくようなイメージでダブルスの試合を進めていく。

きっとその少しの余裕が、試合を良い流れにもっていく要因になる。

リターンでの意識、ちょっとだけ変えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

    初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっ…

  2. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは身体がブレないこと

    相手サーブが良いとき、左右に振られる機会はありますよね。リター…

  3. テニス ボレー

    リターン

    試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法

    試合に始めて出た時のこと、みなさんは覚えてますか?一番苦戦した…

  4. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合では、「スライスでのリターン」を覚えておくだけで絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  6. テニス メンタル

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ

    安定したネットプレーを得意にするダブルスプレイヤーは、並行陣で挑んでく…

コメント

    • 悩み晴れた
    • 2017年 10月 22日

    スクールに、やたらポーチに飛び出て、スマッシュよろしく叩き込むオッサンが現れて以来、自分は、ロブのリターンばかり打ってました。あいつにポーチされたら、このスクールを辞めよう、ぐらいの心構えで。
    読んで気持ちが晴れました。スクールは辞めません。(笑)

      • tomita
      • 2017年 10月 23日

      コメントありがとう御座います。そういう競争意識、すごく大事ですからね!
      ロブが使えると、その他のショットも活きると思いますので、ぜひ引き続き積極的に取り組んでみて下さい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる
  2. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない
  3. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫です…
  4. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする…
  5. テニス ボレー

    その他

    「楽しく工夫できる人は、テニスに向いている!」毎日同じことの繰り返しでは、試合に…
PAGE TOP