テニス メンタル

戦術

試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時

自分の調子が良い、と感じる時。

これって、良いことばかりではありません。

なぜなら、その調子に乗ってただ打つだけ、走るだけ、になって自分に酔ってしまうことになるから。

調子が落ちて乱れてきたころに気付いても、もう遅い。

きっと、相手の情報も無いし、自分もどうして良いか分からない・・・感じになってしまうと思いますよ。

そうならない為に、「調子が良い自分」に気付くことも大事なんです。

 

試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時

 

1.相手がよく見える!試合って、無いですか?

きっと、皆さんも経験あるはずです。

相手がよく見える、ボールも良く見える、何を考えているのかもある程度分かる。

予測も当たるし、ミスも少ない・・・これって、自分の調子良いんじゃない!?

と、思う試合・・・は、実は注意が必要。

相手がよく見えるときには、甘い誘惑が付いて回る。

「あそこにも打てそう!」

「あのショットも打ってみたい!」

そういう自分を、試合の中でコントロールしていかないといけないのがテニス選手です。

 

2.複数の選択肢、イメージ出来てる?

私は何度か、最低「2つのコースを準備しましょう」と伝えて来ました。

リターンでも、クロスとストレート。

どちらでも打てる態勢、で毎回入りたい。

最低2つ用意しておけば、相手は迷う。

「どちらにでも打てそう」な態勢を見せることで、相手を足止めできるのがテニス。

だからこそ、複数の選択肢が浮かんでくる、それもラリー中に見えるというのは良いこと。

本当に、調子が良いんだと思います。

まずはココを自覚するところから、ですね。

 

3.調子が良いときには、決断のテンポを速くしていこう!

私が試合で調子が良いときには、とにかく決断を速くしていく。

相手をギリギリまで見て・・・というのが出来る、けど、あえてしない。

クロスならクロスと決めて、しっかり良いショットを打つことに専念する。

複数の選択肢、例えばドロップショットやロブ、ダウンザライン、色々「出来そう」に感じるのはすごく良いこと。

でも、何もかもやろうとすると、テニスの試合は崩れていく。

決断して、後は良いショットを打っていく、ことに徹することが大事です。

 

4.テニス選手は、孤独な闘い

テニスの試合って、基本は個人戦。

団体戦でベンチコーチが付く場合もありますが、まぁ稀ですよね。

だからこそ、自分の調子を見定めて作戦を変える、考えるのも自分でやらないといけないんです。

「タイム!」と、崩れる前にタイムアウトを取ってくれるコーチや監督はいない。

自分で気付いて、考えて変えていく。

チェンジコート以外のタイミングでも、いつでも客観視して自分の中の「監督」を発動しないと試合では勝てない。

孤独な闘いですが、だからこそテニスの試合は楽しいんです。

 

5.調子が良いときこそ、丁寧さを出していきたい

複数の選択肢が浮かんで、どんどん試していくのは全然ありです。

特に試合の序盤、ですね。

プレッシャーも少ないし、相手に手数を見せておけば試合の後半でも優位に進めることが出来る。

そのときに意識して欲しいのが、「丁寧さ」なんです。

調子が良いと、つい強く打ちたい、自分を大きく見せたいと思いがち。

でもそれって、既にアナタの実力をオーバーしているし、調子を崩してしまう元になる。

相手がよく見える、ときこそ自分のプレーを丁寧に。

早く準備して、打点に顔を残す。

そうやってプレーしている限り、アナタの調子が大きく乱れることは無いでしょう。

 

調子が良いなら、そのまま押し切ってしまう。

試合を終わらせてしまう・・・ことが、出来ますか?

意外と、最初に調子が良いと感じた試合こそ、後半もつれて勝てない、ことは無いですか?

きっと、原因は小さいけど根深いモノがある。

今回のヒント、が少しでも参考になると嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう

    自分自身の試合、の失点シーン。なかなか正面から向き合えないです…

  2. 戦術

    弱いから負けたんじゃない、挑戦したという事実だけ

    テニスの試合出ていると、最後まで勝ち残って大会を終えることは少ない。…

  3. テニス メロブ

    戦術

    テニスは試合中に選手交代が出来ない、だから必要なのは・・・?

    テニスの試合、それは孤独な闘い。チームスポーツのように選手交代…

  4. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける…

  5. 戦術

    実力で勝負、その実力とは?

    テニスの試合で、必要な実力。それは、言い出せば、書き出せば、…

  6. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう

    スピンの中に、スライスを混ぜる。センターセオリーの中に、ショ…

特集記事

  1. テニス 打点

    日々の雑記

    素人が挑戦しないスポーツの、未来は暗い
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる
  4. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さ…
PAGE TOP