テニス ストローク

サーブ

クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!

試合で使えるオプション、その一つがクイックサーブ。

でも、ただタイミングを速く打つだけのサーブ、だけじゃない使い方がダブルスにはあります。

私がオススメしたいのは、パートナーの前衛とのコンビネーション。

コース、をしっかり突けるようになれば大丈夫。

きっと試合で使える武器に、なるはずですよ。

 

クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!

 

1.クイックサーブ、は難しくない!

もし、難しいと思っている方がいればその誤解はもったいない。

クイックサーブ、テニスでは難しくないと思いますよ。

トスを低めにする、だけでも効果大、です。

慣れてきたら、しっかりトスを前に上げて、そのボールが頂点に到達する前に打つ、ことも実践してみましょう。

相手のタイミングを外す、パパーン!と打っていく感じで、試合のテンポを上げる。

そうすると、相手のリターンは・・・?

どうなるでしょう?

 

2.クイックサーブをストレートへ打つ、のは難しい

私の経験上、リターンをストレートに打つのはクイックサーブ、では難しい。

速いタイミングで自分に向かって来るので、球速が速くなくてもストレートに展開するのは結構勇気が要る。

だから、クロス方向、オーソドックスなコースに「何となく」リターンしてしまう可能性が高い。

ここで、前衛の出番ですね。

クイックサーブからは、クロスへのリターンが多い、と読んでしっかりポーチに出る。

そのためにも、センターへのコースが大事になって来ます。

 

3.センターへのクイックサーブ、が打てれば最高!

私は、これを今練習中です。

速いテンポ、のクイックサーブをセンターに打つ。

このリターンを、前衛にポーチに出てもらう。

このパターン、試合で本当に使えます。

試合の大事な場面、で使うと相手も「おっ!」となる。

実際、クイックサーブをただ打つだけだと相手も慣れて来る。

だからこそ、センターにしっかり打って、前衛を活かすことが出来るのがクイックサーブ。

「上手い人の技術」と思って使わない、練習しないのはもったいないですよ。

 

4.クイックサーブでも、軌道は山なりに

これだけは、しっかり意識して欲しい。

クイックサーブって、つい直線的になりがちだと思います。

でも、それはやっぱり危険。

クイックサーブでも回転をかけ、軌道を山なりにするのはテニスの基本。

しっかり下半身でコートをキックして、ボールに力を伝えていきましょう。

ジャンプ!していくことが、クイックサーブでも基本。

上半身だけで打つ、というクイックサーブは、大事な試合で入りません。

 

5.相手の反応を見ることが、一番の財産になる

実際、打ってみると気付くことがあると思いますよ。

相手の反応、リターンの反応が変わってくる。

出し抜いた感、を感じることが出来ると、試合での有効性が分かるはずです。

クイックサーブ、ダブルスでたまに入れていく中で前衛が動く。

どう考えても、嫌じゃないですか・・・?こういう連携プレーされたら。

 

やってみたら、使える!

という技術って、テニスではまだまだたくさんある。

クイックサーブもその一つ、だと思います。

一つ混ぜるだけで、相手は試合の最後まで気になる。

気にしてくれているから、普通のサーブのリターンだって崩れる。

ぜひ、トライしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて

    この前ふと、プロ野球のピッチャーの投球練習を観ていて気付いたことが。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

    セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

    自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。それは、こういう目標…

  4. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

    ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。…

  5. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう!

    この問題に関して、鈍感な人が多すぎる。それは私が審判の活動をし…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、いつの間にか「自分も苦手」に決め付けていないか?

    例えば、サーブ。皆さん、の周りにサーブが得意な人、試合で武器に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるテクニックにするために、「ドロップボレーはアングルボレーに」すると、…
  2. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
  3. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ストレートケアしとくね」と、「プレッシャーかけてリターンを誘うね!」だと、どっ…
  5. メンタル

    「時間無制限!」テニスの試合はラストポイントまで続いてくという意識を持って
PAGE TOP