テニス ストローク

サーブ

クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!

試合で使えるオプション、その一つがクイックサーブ。

でも、ただタイミングを速く打つだけのサーブ、だけじゃない使い方がダブルスにはあります。

私がオススメしたいのは、パートナーの前衛とのコンビネーション。

コース、をしっかり突けるようになれば大丈夫。

きっと試合で使える武器に、なるはずですよ。

 

クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!

 

1.クイックサーブ、は難しくない!

もし、難しいと思っている方がいればその誤解はもったいない。

クイックサーブ、テニスでは難しくないと思いますよ。

トスを低めにする、だけでも効果大、です。

慣れてきたら、しっかりトスを前に上げて、そのボールが頂点に到達する前に打つ、ことも実践してみましょう。

相手のタイミングを外す、パパーン!と打っていく感じで、試合のテンポを上げる。

そうすると、相手のリターンは・・・?

どうなるでしょう?

 

2.クイックサーブをストレートへ打つ、のは難しい

私の経験上、リターンをストレートに打つのはクイックサーブ、では難しい。

速いタイミングで自分に向かって来るので、球速が速くなくてもストレートに展開するのは結構勇気が要る。

だから、クロス方向、オーソドックスなコースに「何となく」リターンしてしまう可能性が高い。

ここで、前衛の出番ですね。

クイックサーブからは、クロスへのリターンが多い、と読んでしっかりポーチに出る。

そのためにも、センターへのコースが大事になって来ます。

 

3.センターへのクイックサーブ、が打てれば最高!

私は、これを今練習中です。

速いテンポ、のクイックサーブをセンターに打つ。

このリターンを、前衛にポーチに出てもらう。

このパターン、試合で本当に使えます。

試合の大事な場面、で使うと相手も「おっ!」となる。

実際、クイックサーブをただ打つだけだと相手も慣れて来る。

だからこそ、センターにしっかり打って、前衛を活かすことが出来るのがクイックサーブ。

「上手い人の技術」と思って使わない、練習しないのはもったいないですよ。

 

4.クイックサーブでも、軌道は山なりに

これだけは、しっかり意識して欲しい。

クイックサーブって、つい直線的になりがちだと思います。

でも、それはやっぱり危険。

クイックサーブでも回転をかけ、軌道を山なりにするのはテニスの基本。

しっかり下半身でコートをキックして、ボールに力を伝えていきましょう。

ジャンプ!していくことが、クイックサーブでも基本。

上半身だけで打つ、というクイックサーブは、大事な試合で入りません。

 

5.相手の反応を見ることが、一番の財産になる

実際、打ってみると気付くことがあると思いますよ。

相手の反応、リターンの反応が変わってくる。

出し抜いた感、を感じることが出来ると、試合での有効性が分かるはずです。

クイックサーブ、ダブルスでたまに入れていく中で前衛が動く。

どう考えても、嫌じゃないですか・・・?こういう連携プレーされたら。

 

やってみたら、使える!

という技術って、テニスではまだまだたくさんある。

クイックサーブもその一つ、だと思います。

一つ混ぜるだけで、相手は試合の最後まで気になる。

気にしてくれているから、普通のサーブのリターンだって崩れる。

ぜひ、トライしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス 準備

    サーブ

    回転系のサーブが効果的な相手って、どんな相手?

    皆さんはサーブを打つ時に、相手の弱点について考えたりしてますか・・・?…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    リターンでポジションが後ろの相手、の為に「浅いスライスサーブ」が試合では必要なんです

    サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。シングルスでは、結…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

    テニスの初心者から初中級者の方にとって、サーブはなかなか緊張するもの。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生まれるのか?

    先週、あるテニスのイベントでスピードガンコンテストの企画をやる機会があ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れていこう

    サーブは常に、リターン側の選手との駆け引きが大事。どんなに速い…

  6. テニス 練習

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスのアンダーサーブを見直してみよう

    サーブとストロークって似ていると思う。頭の上にボールを投げて打…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良く…
  3. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた
  4. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニス 準備

    サーブ

    セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る
PAGE TOP