テニス ボレー

ストローク

強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?

テニスの試合で、強い選手と対戦する。

学生や社会人の皆さんも、強い選手と言えばまず「バウンド後」のボールの勢いが違うと感じませんか?

これは、実際に対戦しないと分からない。

サーブもストロークも、重い・・・。

そう感じたら、何をどう変えていくべきでしょうか?

しっかり対策しておかないと、「勝とう」という気持ちすら持てないかも知れませんよ。

 

強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?

 

1.重たいボールに、心は折られる・・・

はい、私もそうでした・・・。

高校生くらいのとき、県内でも上位の選手と試合することが増えていったんですが、まぁボールが重い。

ハードコートでは、もう打点が間に合わない。

バウンド後に失速しないし、ラケットで当てても前に飛ぶような気がしない・・・。

技術的にも、まず心が折られて試合にならない。

勝とう!という気持ちは折られ、ストロークの重さ以上に試合の雰囲気、自分のフットワークも重くなっていく・・・のを経験したのを覚えています。

無策だと、そのまま押されて終わってしまう、ことがあるでしょう。

 

2.変えるならまず、ポジション

まず、これを変えていかないと。

リターンもストロークも、ベースライン後方に立っていてはどんどん押し込まれる。

確かに、プロ選手の試合ではすごく後方に立つ、ナダル選手のようなスタイルもあります。

でも、私たちにはその場所から粘る、攻撃を耐える技術はなかなか身に付かない、厳しい。

だから、私が提案したいのは「ポジションを上げて、インパクト勝負」です。

コートの内側に入って、コンパクトなライジングショット、バウンド後にボールを触るショットを増やす。

技術的には難しいですが、それより難しいのはバウンドに向かっていくという勇気を持つこと。

ただでさえ重たい、ボールに向かっていくなんて・・・と思うのが普通、です。

でも、向かっていかないと試合には勝てない、と思いますよ。

 

3.最高なのはネットプレー、ボレー!

極論、バウンド後のボールが嫌ならバウンドさせたくない。

ネットプレーを入れるのは大いにあり、です。

さらに、ハーフボレー、ですね。

バウンド後にすぐに返球する、低い態勢でラケット面をしっかり作れば、ボールに負けることは無い。

こうやって小さい工夫をしていくことが、折れかかる自分の心を支えてくれる。

何も行動を興さないから、不安で相手の重いボールに押されてそのままゲームセット、になるんです。

 

4.向かってくる相手は誰だって嫌なモノ

対戦相手からすると、「重いボール」を打てるのは引いた相手。

自分を恐れ、慄いてくれる選手ほど、ラケットを振り切りやすい。

つまりは重いボールって、相手であるアナタ自身が引き出しているという要素が強い、と私は思っています。

向かっていきましょうよ。

バウンドに向かっていってライジング、前に出てボレー、を入れていくだけで、相手の心にも少しだけ「引く」部分が生まれるはず。

集中力も乱れて、ストロークやサーブの重みも軽くなるでしょう。

どんなに強い選手、第1シードの選手だって、自分に向かって来られるのは嫌なモノ。

引いて怯えている相手、の方が全然やりやすいですからね。

 

アナタ自身、重いボールを打とうと日々練習していることと思います。

それと同時に、相手の重いショットをどう攻略するのか、を考えておきましょう。

練習では強い相手とはもちろんですが、実力が同じくらいなら前からサーブを打ってもらう、ストロークの球出しを強力にしてもらう・・・など、工夫が大事。

重いショットの攻略無くして、上位進出は有り得ない。

それがテニスというスポーツですからね。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    試合でストロークを置きにいってしまう人は、「打点をなるべく身体から離してみる」と修正が効く

    どんなボールスポーツでも、「置きにいく」という言葉がある。緊張…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「ロブが抜けたら迷わず前」に出て、ネットを取ろう!

    テニスの試合、相手がネットに出てきていて自分のロブが抜けたら前に出る。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打ってみよう!

    走り抜けながらパッシングショットを打つ機会、実際の試合の中では1回ある…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

    低く滑るスライス、試合で使えたらどれだけ効果的か。実際、鋭いス…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

    試合の中で、ストロークで押され始めて、焦ってしまう。よくあるケ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    深い!と思ったら上にフォロースルー、で回転をかけていこう

    相手のストロークが深い、どうしても自分の足下にボールがバウンドしてしま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている
  2. テニススクール

    今テニスコーチに戻ったら、レッスンはこうやりたい
  3. ボレー

    遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?
  4. 戦術

    つなぐ、攻めるをハッキリさせれば、並行陣は強くなる
  5. テニス ミス

    その他

    小さな一つ一つのミスを真摯にとらえることが出来なければ、どんな練習をしてもテニス…
PAGE TOP