テニス フットワーク

テニス知識

テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

フットワークは、トレーニングとシューズ次第?

いえ、実はテニス選手として試合で勝つ、その足元を支える要素って実は他にもあります。

私自身、実は足は甲が広い特殊な形をしていたので、足も遅くフィットするシューズがなかなか無くて悩んでました。

なので学生時代から、実は「中敷き」については結構色々試してきたつもりです。

 

テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

 

1.インソールを使うメリットって?

シューズの中に、中敷きとしてはめて使うインソール。

他の競技でも使っている方は多いですよね。

私自身、最初は何となくで使い始めてましたが・・・そのメリット、を改めて考えてみたいと思います。

まずは衝撃吸収。

これは、やっぱり入れているのと入れていないのでは、全く違う。

コートをキックし続けるテニスにおいては、衝撃による膝や腰の負担は非常に大きいですからね。

後は、少しだけですが身長が高くなる感じ、もメリットになると思います。

この小さい差、がサーブやスマッシュで良い自信にってくれる。

思い切りジャンプ出来るし、打点も高く設定出来る、のがインソールの魅力です。

 

2.スーパーフィートの実力が凄い

私が今使っているインソールは、この「スーパーフィート」。

しっかりフィットして、衝撃吸収力があるのに良い意味での「反発性」もあるように感じています。

何より、汗をかいてもグラつかないし、安定してシューズの中で動かない。

テニス選手にも愛用者が多いことで有名、ですね。

 

テニス フットワーク

出典:amazon

 

 

3.スーパーフィートの特徴まとめ

インソールを使ったことが無い方でも、スーパーフィートは導入タイプとしてピッタリだと思います。

厚くごわつく感じも無く、軽量で女性の方でも使用しやすい。

その主な特徴はコチラ。

3-1.ヒールカップ

バイオメカニクスに基づいたヒールカップが、足元の安定とサポートを実現すると共に、かかとの脂肪層を包み、足本来の衝撃吸収機能を強化します。

3-2.バイオメカニクスに基づいた設計構造

カスタムカーボンオールシーズンは、バイオメカニクスに基づく強制力で、足、足首、膝へのストレスを軽減します。様々なシューズに適応します。

3-3.幅広い前足部

前足部の広いシューズにも対応します

3-4.臭気コントロール

臭気の原因となるバクテリアの繁殖を抑制します。

3-5.熱成型を可能にしたスタビライザーキャップ

スーパーフィート独自のカーボン素材を含有したスタビライザーキャップ(EVOLyte)が、短時間での成型を可能にし、併せてサポート力と安定性を持続させます。

3-6.軽量高密度フォーム

長時間快適に使用できるよう、軽量で丈夫な高密度フォームを採用

3-7.面取りされた前足部

面取りされた前足部が、タイトなシューズへのフィッティングを向上させます。

出典:amazon

 

使い方も、簡単です。

好みはありますが、私は少し長めにあえて少し残してカットして調整しています。

元のシューズとの相性もあると思いますが、ほぼ全てのテニスシューズで使用可能なインソールです。

 

 

 

この機会に、足元のメンテナンスに試してみませんか?

きっと練習から試合の疲労度、一気に変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス イレギュラー

    テニス知識

    リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

    テニスの試合で、イレギュラーバウンド・・・どの程度あるでしょうか?…

  2. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い

    みなさんも試合の中で、経験あるんじゃないでしょうか?足が痙攣し…

  3. テニス知識

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

    夏から秋は、台風や暴風雨の季節。今年も日本各地で、大変な被害が…

  4. テニス知識

    テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

    テニスの試合の現場で、「あれ?こういう時って、ルールどうだっけ?」と思…

  5. テニス知識

    真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

    まだまだ、夏本番。テニスを頑張るみなさんも、スポーツ観戦の機会…

  6. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

    トレーニング用のラケット、と聞いてみなさんイメージは湧きますか?…

特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    力んでストロークがアウトする人は、呼吸をコントロールして打てばコートに収まる
  2. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!…
  3. その他

    テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!
  4. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?
PAGE TOP