テニス 戦術

戦術

試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている

私はまだ皆さんにお会いしたことはありません。

だからどんなテニスをしていらっしゃるのか、何を考えているのか・・・をいつも「想像」しながら書いています。

ときにある人をイメージしながら。

またあるときは、もしこのプロ選手のコーチに自分がなったら・・・と、勝手に想像しながら。

でも、そうやって人をよく観察していると、分かって来たことがあります。

テニスが強い選手って、実は一貫性がある。

それはきっと、テニスに限らず・・・だと思うんですけどね。

 

試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている

 

1.強い選手は、キーワードを持っている

皆さんがイメージするテニス選手のキーワードって、何でしょう。

例えば「粘り」だったらナダル選手、マレー選手。

「華麗」ならフェデラー選手でしょうか。

ジョコビッチ選手は「バランス・勝負強さ」みたいな感じ。

これは私のイメージですが、皆さんも結構近い感じだと思います。

プロ選手だけじゃない、きっと皆さんの身近な強い選手だって何かしらの「キーワード」で表現出来るはず。

色々な選手がいますが、そのプレースタイルや理念って結構シンプルだったりします。

一貫性があるプレー、には強さが宿る。

アナタ自身、自分と向き合って「キーワード」を探して欲しいんです。

 

2.テニスに自信が持てない人こそ

「でも、自分のテニスのレベルは、そんなに・・・」と、考える必要はありません。

きっと、テニス以外の部分、から自分を客観視してみることでヒントが見つかるはず。

私自身、こうやっていつも記事を書いてますが、何かを「伝える」ことについては昔から好きだったように思います。

客観的に整理していく、ことはテニスコート以外だと自然に出来ていました。

最も、学生時代のテニスは整理どころか酷いモノでしたが・・・でも、今ではテニスのプレーも「整理して伝える」ことが基幹になっています。

テニスに自信が持てない人も、アナタ自身の強みは私生活や人生にきっと存在している。

それをテニスに活かせる、道が必ずあるはずです。

 

3.「気持ち悪いこと」を無理にやる必要は無い

ですから、色々なプレーを学ぶのは大事です。

オールラウンドなテニスは、必要だと何度も書いてきました。

でも、アナタ自身が基幹にするプレースタイルは、「何となく、やりやすい」という感覚を大事にして欲しい。

慎重で、粘り強い人は、ずーっとネットプレーなんてやっぱりどこか「気持ち悪い」と感じるはずなんです。

もちろん、ボレーは凄く大事、ですよ。

でもそれを主体にすると、アナタ自身に一貫性が無くなってしまうかもしれない。

どのプレーを主軸にするか、アナタ自身がどう戦うのか、には一貫性が欲しい。

それがアナタの強さになるはずです。

 

4.テニスもお店も、一緒です

例えば・・・美味しいお店、また行きたくなる飲食店ってどんなお店でしょう?

きっと、何か「一貫性がある」お店だと思うんですよね。

細かい部分に、理由と共通点がある。

すごく高級な料理を出すのに、馴れ馴れしい店員がいたらおかしい。

すごく安いお店なのに、店員がチップやサービス料を求めるのもおかしい。

極端な例ですが、こういう一貫性が無いようなお店に、良い料理は生まれないでしょう。

テニスだって、一緒です。

自分の中での一貫性を大事にする、ことで見えてくる世界や強さがあるのです。

 

ちょっと、何が言いたいのか分からないような内容になったかも知れませんが・・・。

このT-PRESSのサイトも、ぶれない方針、一貫性を持って運営していると思っています。

それは、「テニスの試合に勝つためのヒント」であり続けること。

偏った内容、でも良い。

大事なのは、一貫性だと思っています。

暑苦しい毎日が続きますが、暑苦しい記事の内容にも・・・目を向けて読んで頂けると嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  2. テニス メンタル

    戦術

    調子が悪い時こそチャンス、だと言える理由5つ

    自分のテニスの調子が悪い。試合では、よくあることですよね。…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合

    テニスの試合は、相手ありき。これは何度も書いてきましたが、具体…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「基本はやっぱりオールラウンド」テニスのプレースタイルのベースを磨いて、その後に個性を出していく

    色んなプレースタイルがあるけど、君はどんなテニスで戦っている?…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる

    試合前は、誰でもこんなイメージじゃないでしょうか?「最初リード…

  6. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉

    テニスの試合に勝ちたい。競っている試合を、何とか自分のものにし…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が…
  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスの上達の鍵は、「小指」の使い方に有り
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ
  4. その他

    もしこの記事を読んでいるアナタが一年生なら、「上級生について行けば良い」という考…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と…
PAGE TOP