テニス ボレー

ロブ

相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。

相手が2人前でスマッシュ、自分たちはコートの後ろで2人下がってロブ、で粘るというシーン。

この場面で、3回に1回でも良いので「ロブ側が勝つ」というポイントを作りたい。

そのためには、ただ返球し続けるだけじゃダメ、ですよね。

 

相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

 

1.深いロブから「スマッシュ以外」を引き出したい

確かに、テニスの試合ではスマッシュは返球するだけでも大変。

だけど、相手も強引なスマッシュばかり打っていては、確率が低い。

きっと、安全圏にスマッシュを打って来るような場面、もあるはずなんです。

そういう時に、しっかり「反撃の意識」を持てるかどうか。

まずは深いロブ、でバックハンドのハイボレーなんかを打たせると、最高ですよね。

とにかくスマッシュ以外、を引き出していく。

そこから反撃、が始まるのです。

 

2.スマッシュ以外のショットを引き出せたら、こちらも前にいこう!

2人がずっと後ろ、では厳しい。

パッシングショットで抜けば良い?それってきっと、ミスが多い選択ですよ。

一番は、やっぱり自分たちも前にいくこと。

厳しいロブから崩して、2人で前に詰めてボレー戦に持ち込むことがスマッシュ対ロブ、を攻略する一番良い手だと私は思います。

反撃の一手は、相手を下げさせてスマッシュ以外を打たせる、という一手。

そこから前に詰めていく、ことで相手はスマッシュで優位に立っていたところから慌て始める。

ずっと後ろでスマッシュを打たれ続ける、のではなく反撃のイメージをしっかり持ちながら対応していきましょう!

 

3.前に詰めていく姿勢を、相手にしっかり見せる

ポイントは、相手に精神的なプレッシャーをしっかりかけること。

厳しいロブを処理しながら、「え・・・前に来てる・・・どうしよう・・・」という心理にさせていく。

良いロブを打っているだけだったら、相手も楽なんですよ。

良いロブに、良いポジショニングまで組み合わせると、相手はプレッシャーに感じてくれる。

相手にしっかり見せるという意識があれば、反撃のマインドも持てるはず。

意識するだけで、ちょっとロブでの返球が楽しくなりませんか?

 

スマッシュを返して、反撃して、逆襲する。

こういうポイント、団体戦でも最高に盛り上がりますよね。

絶対、自分たちから作るんだという意識を持ってみる。

そこから全てが始まります。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い

    試合でロブを打って、浅くなってスマッシュで決められる。こういう…

  2. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  3. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみる

    ロブを上げる時、トップスピンとスライス、どっち使うことが多いかと言うと…

  6. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ

    女子ダブルスの試合の中で、大事なポイント。それは間違いなく、ロ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう
  2. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!
  3. 戦術

    リスク無きテニスで、格上相手は倒せない
  4. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、いつまで経ってもスマッシュは深く打てない
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で「ネットプレーが苦手だから前に出るのが怖い・・・」人は、発想を変え…
PAGE TOP