テニス サーブ

サーブ

「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変えていこう

特に男性、の皆さん。

そして「ペタン」というようなストロークのグリップでサーブを打っている、女性の皆さん。

速さを求めるあまりに、確率を犠牲にしていませんか?

ここを変えていくには、根本を変えていくことが第一です。

 

「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変えていこう

 

「表面積」って、意識してる?

サーブを打つときに、皆さん何を意識してるでしょうか?

打点?体重移動?

もちろん、大事な要素ですが、私はいつもボールとラケットが当たる表面積、を意識しています。

表面積、が広ければ広いほど、当たりが良くボールが飛んでいく。

スピードも出るけど・・・勢いが出過ぎて、コントロールが難しい。

皆さんも感覚として、経験無いですか?

 

良い当たりとは、「表面積が広い」当たりじゃない

皆さんも、イメージしながら読んでみて下さい。

ボールに回転をかける、ときには、表面積が広いか、狭いか。

実は結構、狭い・・・んです。

私の感覚では、当たった瞬間にラケットを返していく動きになるので、ボールとラケットが接している時間も短い。

サーブが入らない、不安になると、つい「長い時間ラケットとボールを、当てていたい」と思うようになるんですよ。

そうなると、伸びだけは良いけど入らない、安定しないサーブになってしまうんです。

 

サーブを変えるのは、一番勇気が要る

実は私も、この当たりが良すぎるサーブに悩んでました。

セカンドサーブでも、良い回転がかからない。

薄い当たり、表面積が狭く接触時間が短いサーブ、に変えていくのはすごく勇気が要るんですよね。

当たり損ないになる可能性も高いし・・・怖い・・・と思っても、セカンドサーブが入らないと意味が無い。

最初は、思い切って「こする」くらいのサーブで山なり、の軌道で打ってみるのも有り。

大事なのは、今のサーブの表面積を変えていくこと、です。

 

この変更、勇気が要りますが、感覚を掴むと「これだ!」と思うはず。

ボールとラケットの接している面積、時間を変える、ことがサーブでは一番の改良になる。

セカンドサーブ、で特に効果を発揮しますからね。

ぜひ、トライしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多…

  2. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めてみよう!

    サーブを打った後、皆さんはどんな態勢になっているかイメージ出来ています…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの評価、概念から変えていこう

    サーブの調子が、良かったり悪かったり。色々あると思いますが、こ…

  4. テニス サーブ
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリッ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで回転がかからない人は、「ボールの上をこする癖」が付いていないか見直そう

    セカンドサーブは回転量を増やしたい。軌道も高くして、スレスレに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう
  2. テニス

    メンタル

    テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?
  3. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く
  4. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が…
  5. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう
PAGE TOP