テニス サーブ

サーブ

「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変えていこう

特に男性、の皆さん。

そして「ペタン」というようなストロークのグリップでサーブを打っている、女性の皆さん。

速さを求めるあまりに、確率を犠牲にしていませんか?

ここを変えていくには、根本を変えていくことが第一です。

 

「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変えていこう

 

「表面積」って、意識してる?

サーブを打つときに、皆さん何を意識してるでしょうか?

打点?体重移動?

もちろん、大事な要素ですが、私はいつもボールとラケットが当たる表面積、を意識しています。

表面積、が広ければ広いほど、当たりが良くボールが飛んでいく。

スピードも出るけど・・・勢いが出過ぎて、コントロールが難しい。

皆さんも感覚として、経験無いですか?

 

良い当たりとは、「表面積が広い」当たりじゃない

皆さんも、イメージしながら読んでみて下さい。

ボールに回転をかける、ときには、表面積が広いか、狭いか。

実は結構、狭い・・・んです。

私の感覚では、当たった瞬間にラケットを返していく動きになるので、ボールとラケットが接している時間も短い。

サーブが入らない、不安になると、つい「長い時間ラケットとボールを、当てていたい」と思うようになるんですよ。

そうなると、伸びだけは良いけど入らない、安定しないサーブになってしまうんです。

 

サーブを変えるのは、一番勇気が要る

実は私も、この当たりが良すぎるサーブに悩んでました。

セカンドサーブでも、良い回転がかからない。

薄い当たり、表面積が狭く接触時間が短いサーブ、に変えていくのはすごく勇気が要るんですよね。

当たり損ないになる可能性も高いし・・・怖い・・・と思っても、セカンドサーブが入らないと意味が無い。

最初は、思い切って「こする」くらいのサーブで山なり、の軌道で打ってみるのも有り。

大事なのは、今のサーブの表面積を変えていくこと、です。

 

この変更、勇気が要りますが、感覚を掴むと「これだ!」と思うはず。

ボールとラケットの接している面積、時間を変える、ことがサーブでは一番の改良になる。

セカンドサーブ、で特に効果を発揮しますからね。

ぜひ、トライしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ラケット

    サーブ

    サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?

    サーブを打つ前の動作、意外とみなさん、コレやっていない気がしませんか?…

  2. テニス 準備

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスの試合会場で観るアンダーサーブの有効性

    サーブとストロークって似ていると思う。頭の上にボールを投げて打…

  3. サーブ

    ダブルスでのサーブ&ボレーヤーは、「相手前衛との戦い」に勝利しなくてはいけない

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーで並行陣を作っていく方、たくさんいると思…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!

    試合でなかなかサーブが安定しない・・・と、悩んでいる方は多いんじゃない…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から余計入らなくなる

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、陥る共通の問題があります。…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

    サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる
  2. テニス ボレー

    戦術

    テニス歴1年未満の初心者の方でも、「試合で迷惑をかけたくない・・・」と思ったら、…
  3. テニス メンタル

    戦術

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い
  4. テニス ダブルス

    その他

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う
  5. Q&A

    Q&A「片手バックハンドのストロークが安定しません。良い方法はありますか…
PAGE TOP