練習

テニス知識

「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

試合と練習で、テニスで一番違うもの。

たくさんありますが、まず大きな違いは「ボール」ですよね。

皆さん、ここに意識が薄いといつまで経っても「練習と試合は別物」な状態が続いていく。

もっと、ボールに神経質になって試合に強くなっていかないと。

「でも、そんなボールをたくさん買う余裕も無いし・・・」という皆さんに、オススメはHEADのボールです!

 

「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

 

1.日本のテニスの試合球と言えば・・・?

試合と言えば、まずダンロップのフォートか、ブリジストンのXT8、じゃないでしょうか。

皆さんもこの2種類のボール、が試合では定番のはず。

もちろんその性能は素晴らしいんですけど、何せ高い・・・ですよね。

2個缶で500円くらい、箱買いしても15,000円くらいしてしまうから、なかなか部活やサークルでも買えない。

でも、練習でも良いボールを使って試合での感覚を磨きたい・・・という皆さんには、HEADのプラクティスボールがオススメです。

 

練習

 

2.新しいモノを試す人は、上達上手

何でもそうですが、新しいモノを試すのには勇気がいる。

きっかけも要るし、性格の問題もあるでしょう。

「あまり使ったこと無いな・・・」と思う方がほとんどだと思います。

でも、知る人ぞ知るHEAD社のボールはATP公認の立派なツアー試合球。

日本だと、あまりイメージが薄いかも知れませんが、実は空気の抜けにくい、耐久性が高いボールなんです。

こういうのにピン!ときて、試せるような人は、きっとテニスもどんどん上達していくと思いますよ。

 

練習

 

3.空気の抜けが遅い、耐久性があるタフな練習球

私が使っている印象だと、まず本当に「空気が抜けない」感じです。

そして、ダンロップやブリジストンのボールと比べるとフェルトが少し少な目、な気がします。

なので、打った感じだと軽い、そして回転は少しかかりにくいような感じはあります。

これはデメリット、にもなりそうですが、このフェルト量でしっかりスライスやスピン、を練習出来れば、試合球がフォートやXT8になったときも怖く無い。

むしろ、より良い回転で打てるような気がします。

 

4.コスパが魅力の優秀球

何より、学生の皆さんにもお勧めしたい理由はその価格。

48球で6,200円、ですから1球あたりは141円。

多少、打感は悪いと感じる人もいるでしょうが、何より練習でしっかり反発力が落ちない、定期的にボールチェンジが出来るのが最高じゃないですか。

あと、細かい部分ですが一般的なテニスボールよりも19%明るい色、なんだそうです。

使用感たっぷりなボールよりも、明るいボールの方が良い練習になるし試合に近い。

そういう部分も、嬉しい仕様ですよね。

この秋の練習に、個人で買うにしてもHEADのボールはお買い得ですよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス知識

    雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

    テニスの練習にとって、天敵の一つが雨。これからの季節、悩ましい…

  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になる

    「テニスって、小さいころから始めないと上手くならないんですよね?」…

  3. テニス 暑さ対策

    テニス知識

    水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

    もう・・・とにかく暑い毎日、ですよね。テニスを夏場にやるのって…

  4. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

    みなさんは、こんな経験ありませんか?テニスの大会でお昼ご飯を食…

  5. テニス知識

    伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本

    ボールの飛びを、ガットで調整する。これ、意外と頭に無い方が多い…

  6. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ

    暑い時期の試合、食欲も無くてどうしよう・・・と思いながら、試合会場へ。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について
  2. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない…
  3. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  4. テニス メンタル

    シングルス

    「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ
  5. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?
PAGE TOP