テニス スマッシュ

Q&A

Q&A「とにかく試合でミスが多いんですけど、どうすれば良いですか?」

改めて、今回もこの問題に挑んでみたいと思います。

たくさんご質問頂く、「どうやったらミスを減らせるか?」という問題。

技術的な問題、というよりも、改めて考え方や準備について。

ミスは必ず、どんなレベルの人でも減らせるのです。

 

Q&A「とにかく試合でミスが多いんですけど、どうすれば良いですか?」

 

1.ミスの原因は、技術的な問題じゃない

まず、ここからハッキリさせておきましょう。

ラケットでボールを打つ、テニスという競技はいつだって「当たり損ない」は一定確率で生まれる。

だからこそ、確実にショットのスピードを落としてでも、ミスを減らすようなプレーは必要。

皆さん、実際に出来ていると思います。

でも・・・じゃあそんなショットで、格上相手に試合に勝てるのかと。

ミスはしないけど勝てない、そんなテニスはもうたくさん・・・という方も多いはずです。

次の段階へのステップ、で考えたときに、必要なことって何でしょうか?

 

2.結論を出して、迷いを無くせばミスは減る

今回、私が伝えたいのはこの部分です。

しっかり打つコース、作戦、決めて試合でボールを打ててますか?

意図が無いところに、ミスは生まれる。

例えば相手のバックハンドを徹底的に攻めよう、サーブ&ボレーでスマッシュで終わろう、というイメージをしっかり持つ。

そして試合のポイントが始まると、迷い無くプレーしていく。

技術が未熟だろうが、自分で作戦を決めることくらい出来るはず。

ミスを減らすには、自分で決断していくことが大事なんです。

 

3.何か意図のあるミスは、ミスじゃない

これ、強がりじゃなくて本当にそう思うんです。

だって、相手はその攻撃が目に焼き付いて、印象に残ってますからね。

次のポイントは警戒してくれるし、それをアナタは活かせば良い。

失点=ミス、という考えは無くしましょう。

もちろんイージーミスは痛いですが、意図あるミスは痛くない、むしろ大歓迎。

だって、アナタ自身が決めて実行した立派な作戦じゃないですか。

 

「でも、毎回作戦なんて考えられないよ・・・」という方は、シンプルにいきましょう。

ゲーム単位、で良いと思いますよ。

「このゲームは、徹底的にバックハンドを狙おう」

「徹底的に、ネットに出ていこう」

みたいに、シンプルにしておくこと。

やてみたら、驚くくらいミスが減る・・・と思いますよ!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

    今回は社会人女性の方からのご質問です。プロの試合でも、残酷なま…

  2. テニス ラケット

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.2

    前回に引き続き、アンケートにて頂いたご質問にお答えしていきます。…

  3. テニス ボレー

    Q&A

    Q&A「シングルスとダブルスのリターン、何が違うの?」

    Twitterでご質問頂く機会が多かったので、今回はこのテーマで。…

  4. テニス ストローク

    Q&A

    Q&A「試合でセカンドサーブを入れにいくと叩かれてしまいます。深く打つコツはありますか?」

    今回ご質問頂いたのは、試合でのセカンドサーブについて。テニスの…

  5. テニス ボレー

    Q&A

    Q&A「ボレーしようと思ってグリップを握る手に当たってしまいましたが、これは反則ですか?」

    久々に、ルールについて質問頂きましたので回答したいと思います。…

  6. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策はありますか?」

    試合に出始めたばかりの人、または過去に初心者だった頃に、似たような経験…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習では、「不確定なランダム要素」を取り入れないと、試合とのギャップを埋…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ストレートケアしとくね!」→ストレートに打たれる→ボレーがネットに→「・・・」…
  4. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・…
  5. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそ…
PAGE TOP