テニス リターン

リターン

速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」

というご質問、を頂くときに私の答えは・・・あくまで目安、ですが基本は速い球を待つ。

そして、遅い球にはなんとか身体を泳がされても対応する、ように意識する。

特にリターンは、これが大事だと思いますよ。

 

速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

 

1.最短・最速のコースを、まずはケアしないと

テニスのサーブって、結構エリアが広い。

野球のストライクゾーンとかより、全然広いじゃないですか・・・残酷なほどに。

だから、まず優先順位を付けて最短・最速で入るサーブをイメージしてみる。

となると、やはりセンターですね。

ネットも低いしサーバーからの距離も短い。

このコースに速いサーブ、を打てる相手ならここを警戒しないと始まらない。

速いボールに身体を合わせる、ことをまずは意識していきましょう。

 

2.遅いボールは、身体が泳がされても丁寧に処理

速いボールを待っているときに、遅い変化球が来る。

これは厳しいようですが、何とか返球は出来る。

ファーストサーブで遅いサーブが来ると、急に慌てる人いますよね。

これは相手に、「速いサーブを待っている」と読まれている。

実際に打たれたら、身体を泳がされても丁寧にラケット面は作りましょう。

セカンドサーブになったら、その「遅いサーブ」に照準を合わせる。

パッと切り替えて、リターンのポジションも変えていきましょう!

 

3.速いショットを待つ、だけどビビッてはダメ!

別に、弾丸が飛んでくるわけじゃない。

特に女性の方はミックスダブルスで男性サーブのリターン、苦戦しますよね。

一番の要因は、気持ちが引いてしまうこと。

速いサーブも、タイミングさえ合えば楽に返球出来るのがテニス。

だからこそ、ミックスダブルスという種目があるんです。

男性サーブ、まずはビビらないで気持ちを前に、タイミングを速くセンターのサーブをケアしてみる。

意外とほら、返球出来ませんか?

 

タイミングの合わせ方って、研究が一番面白い。

序盤で合うと、すごくリターンが楽になりますよ。

「どうしよう、どうしよう・・・」じゃなくて、覚悟して速い球を待つ、合わせる。

この意識、でリターン挑んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス 守備

    リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポイント

    ミックスダブルスの試合で、勝敗の差が付くポイント。色々あります…

  2. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ

    相手のサーブを、リターンする。テニスはここから試合開始、試合の…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい

    シングルスの試合の必殺技。今回は、私が使っているある「リターン…

  4. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でリターンが難しいのは、サーブが強力だからじゃない

    サーブを返球する、リターン。これに苦戦する人は多い、ですよね。…

  6. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも
  2. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」がある
  4. テニス 序盤

    メンタル

    身を以て知らなきゃ強くなれない、「負け」がテニスにはある
  5. 日々の雑記

    今日という日は、杉田祐一選手について語らない訳にはいかない
PAGE TOP