その他

「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情

目次

スペインのバルセロナで練習していた時、月に3大会ほどのペースで大会に出場していた。

いや、正確に言うと、月3大会出場させられていた。

毎週毎週、どこかで大会が開かれていたんだけど、コーチが勝手に申し込んでしまうので、休みが明けた月曜の朝、送迎バスがアカデミーに着いたと同時に「トモ、お前は今から試合だ!」とコーチの車に乗り換えさせられる。

「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情

 


 

「聞いてないよ!!」なんて言っても、

「お前はテニス選手だろ?試合に出ないと!!」

と請け合ってはくれない。

初めてスペインに行った24歳の頃は、そうやって大会に出場して、しかも殆ど一回戦負けで終わっていた

試合に出場するとアカデミーで行われるハードな練習はしなくて済むんだけど、知らない土地に行って敗北する空しさを考えると、慣れたアカデミーでゼーゼーハーハー苦しみながらも練習している方がずっと気が楽だった。

だから毎週月曜の朝に駐車場でコーチに「トーモー!!!」と、呼ばれるのが本当に辛かった。

金銭的にも余裕はなかったので、エントリー代を払うのも苦痛だった。

日本の大会よりかはずっと安くて良心的な金額ではあったが、それが一回戦敗北となると1試合分の金額となるのである

「断る方法は無いかな」って思ったりした。

今のレベルじゃ勝てない。

もっと上達してから出るべきなのでは・・・と思いながらも、結局は出続けた。

出続けるうちによく試合会場で見掛ける選手が増えて来た。

同じ相手に2回も3回も当たったこともある。

そうなるとまた会場で会うと「元気?」って挨拶し合う。

ほぼ毎週やっているその大会はモンティーツアーというトーナメントなんだけど、そのディレクターの太っちょのおじさんとも仲良くなって「トモ!!」って元気に呼びかけてくれた。

日本人選手の中ではモンティーツアーだからモンちゃんって呼んでいたんだけど、彼がその大会を手際良く運営している姿は観ていてなんだか心地よかった。

相変わらず勝てないまま半年が過ぎたけど、その頃には大会に出るべきかどうか・・・ってことは疑問に思わず、なんで俺は勝てないんだってことと、純粋に向き合うことが出来ていた。

半年過ぎてから徐々に一つ二つ勝てるようになった。

更に勝ち上がるとシード選手との対戦もあり、そうするとATPポイントを持った選手と戦ったりするし、それをきっかけに仲良くなれたりもする

試合会場に行っても、同じアカデミーの選手やコーチ以外の人達ともコミュニケーションを取ることが出来るようになった。

27歳の時、2年ぶりにまたスペインでトレーニングを行った。

同じアカデミーに所属したんだけど、今度は日本人選手がなんと

10人以上も在籍。

そんな彼らと一緒に過ごしたんだけど、2年経ったその時も変わらず月曜の朝は多くの選手達が勝手に試合をエントリーされて、大会へ駆り出されていた。

「僕は試合には出場したくない!」

中にはそうやってコーチに直談判している日本人の選手もいたんだけど、なるほど、そう言っている選手は勝てずに苦しんでいて尚かつ金銭的にも厳しそうな選手だった。

その選手は、まだ大会会場よりアカデミーの方が自分の居場所と思っているんだろうね

エントリー代はたった1試合分の料金って思ってるんだろうね。

練習場所は単なる練習の場所であって、テニス選手は大会会場にこそ、自分の居場所と感じなければならない。

エントリー代だってケチるんじゃない!!!

なんて、その選手を観て思ったんだけど、結局俺も半年以上はそう思えるまで掛かったわけだからエラそうなことは言えない。

もちろんコーチ達も「試合に出場したくないと言うのなら、このアカデミーで練習をさせるわけにもいかないよ」と言って、その選手にピシャリと言い放っていた。

やっぱり試合に出続けることだよ、それだけは間違いない。

皆、試合に出続けながら苦しもう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!

    選手にとって体調管理はとても大事なこと。そして体調管理の基本は…

  2. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です

    テニスを上達させたい、上手くなりたい。そう思っている人が、たく…

  3. その他

    後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだとかわいそうなことに

    皆さんの中には、上級生としてチームをまとめる立場の方も多いでしょう。…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

  5. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

    特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。「誰に…

  6. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです

    セルフジャッジで揉めるケース、色々ありますよね。ジャッジで入っ…

特集記事

  1. テニス ガット

    その他

    「ストリングのテンション」気温の変化とプレースタイルで調整しよう
  2. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう
  3. テニス ガット

    テニススクール

    グリップが汚いテニス選手、テニスコーチは、「周りから見られている」という意識が足…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    チェンジアップサーブは、試合でリードした場面で使っておこう
  5. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
PAGE TOP