テニス ボレー

ボレー

中級者にありがちな、「後ろにお尻が残る形のボレー」の改善策4つ

「腰が引けてるよ!」というアドバイス、コーチからもらうケース多いんじゃないでしょうか。

特に女性の方、ベテランプレイヤーの皆さんの中級者の方に多いのが、この形。

なかなか足が出ない、腕から反応してしまう人は、意識するポイントを変えていきましょう。

 

中級者にありがちな、「後ろにお尻が残る形のボレー」の改善策4つ

 

1.胸を張って、おへそを出していく

ボレーの基本は、良い姿勢から。

お尻が後ろに残る人は、もっとお腹を前に出す、背筋を伸ばすことから意識すること。

そうすると、おへそが前に出てグリップに近い位置までいけるはず。

自然に体重が乗って、良いボレーになると思いますよ。

 

2.ボールの下を触る意識でOK

ボレーを上から叩こうとすると、腰が引けて腕だけが前に出る。

そうじゃなくて、ボールの下を触って相手コートに深く返球する。

特に、ネットから遠い位置でのボレーには、こういう意識が不可欠です。

山なりな軌道のボレー、にするにはお尻を残さないこと。

しっかりボールの下を触る意識で、足から踏み込んでいきましょう。

 

3.上半身の力を抜く

ガチガチに構えていると、腕しか出ない。

リラックスしていれば、自然に足腰から動けるから反応が良くなるはず。

緊張していなくても、ボレーというだけでビビッてしまうと、腕しか動かない。

深呼吸してリラックス、ボレーは軽くこなすくらいの意識、で構えてみて下さい。

 

4.横向きを意識する

お尻が残るのは、身体が前を向いて正面向きだから。

横向き、でボレー出来ると自然と腰の位置も前にいくはず。

ボレーに苦手意識があると、正面でボールを確認したい・・・と思って待ってしまう。

遅いボールでも正面向き、だと最後は腕で合わせるしかないですからね。

肩を入れて、踏み込んでいくボレーに変えていきましょう!

 

身体が折れるようなボレーは、重さが出ない。

お尻の位置が残っていないか、はファーストボレーから常に意識しましょう。

多少アウトしても、腕で合わせるボレーよりは踏み込んだボレーを打っていくこと。

これが脱・中級者への一番の近道です。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さん…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    試合で勝ちたければ、「ボレーは少しボールの下を触って山なり」に変えていこう

    試合で勝つために、必要なボレー。もしかしたら、それはアナタ自身…

  4. テニス ボレー
  5. ボレー

    ネットプレーでのラケットセットの位置は、「ネットから近くでは上、離れれば少し低め」、に構えると安定し…

    ネットプレー、ボレーと一言で言っても、テニスで求められる技術は様々です…

  6. テニス 言葉

    ボレー

    自分の感覚が鋭いエリアは、どこだと思う?

    ボレーのタッチ感覚、みなさんは自信ありますか?私は自信がある、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス シングルス

    ボレー

    広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる
  3. テニス 準備

    フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻…
  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない
PAGE TOP