その他

テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!

俺のテニスはスペインに行ったのをキッカケに、大きく成長出来たと思っている。

でもそのスペインテニス留学、初めて行った24歳の時は、1年間スペインのバルセロナを拠点に練習して試合に出ていたんだけど、最初の半年間は日本にいる頃より弱くなってしまったんだよ。

原因は慣れない環境・・・。

 

テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!

 

練習がハード過ぎるってのもあったし、言語の壁、気候もちょうど暑さが一気に増す6月だったから大変!

加えて「絶対強くなってやる!」という気合も空回りする原因となったし、外人さん達に圧倒されたのもあったかな。

 

どんどん自分のテニスがダメになって行くし、コーチからのアドバイスも技術的なことは理解し易いけど、メンタルのことになると例え英語でも分かりにくい。

スペイン人のコーチも英語では説明しにくいから、余計に自分がダメになって行くのを止められず、焦ったよ。

日本に一年後帰国する時、行った時より下手になってたらシャレにならないからね。

でも環境に慣れ始め、徐々に練習も人間関係も生活も慣れて来ると変わってきて、結果残り半年は上達出来たよ。

ホント嬉しかった!!!

 

帰国してから2年後、27歳の時に2回目のスペインテニス留学に行った。

今度は3カ月の滞在。

でも以前、スタートに失敗して半年間落ち続けた経験があるから、今度は短期間だけに良いスタートダッシュを狙った。

スペイン語をもう一度しっかり勉強し直して、今度は英語ではなく出来るだけスペイン語でコーチと会話出来るようにしておいたり、トレーニングや練習のハードさもきっちり思い出して、耐えられる体力づくりしておいたり・・・。

結果、とても充実した3ヶ月間を過ごすことが出来た。

コーチとか選手とは2年ぶりの再会だったけど、「えっ!?なんでスペイン語喋れるの?」とか「テニス、良くなっているねぇ!!」って褒められたりしたよ。

 

新しい事にトライすると大抵失敗する。

でもその失敗の経験を生かしてもう一度トライしたら、次は成功する確率は高くなる。

初めてスペインに行った1年間の留学は、最初の半年がダメダメだったけど、その時の経験はその次の留学に活かされた。

テニスに限らず、物事ってそういうもんだね。

また新しい事にトライしなきゃ!!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは、個人ではなく、部活の仕組み自体をを見直しましょう

    「教えてくれる先生や、コーチがいない」「練習メニューが決まらない」…

  2. その他

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?

    テニスが強くなるということは、良いショットが打てるようになるということ…

  3. テニス 練習

    その他

    テニス部で頑張る皆さんは、「準備運動だけじゃなく、整理運動」も行って団結心を高めよう

    部活やサークルでテニスを頑張っている皆さん、このサイトをご覧になってい…

  4. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち

    テニス選手の活動をしていると、いろんな体験をする。それはキツイ練習…

  5. テニス 客観視

    その他

    テニスが強くなりたければ、「ライバルを味方にする」という考え方が必要です

    テニスにおいて、ライバルは倒すべき相手。ですが、その偏った発想…

  6. テニス ダブルス

    その他

    「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳ではありません

    今月から、新しい環境でテニスを始める、また後輩が出来る・・・という方も…

特集記事

  1. テニス 練習
  2. テニス トレーニング
  3. テニス ガット
  4. テニス ラケットバッグ
  5. テニス 水分補給
  1. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには、ボレーとスライスの技術は必須です
  2. テニス ダブルス

    その他

    テニス初心者の方こそ、「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる
  3. テニス 試合

    メンタル

    周りに認められて、これで良いと思った時点でテニスの成長は止まる
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は、サーブでラケットを長く持って威力アップ!…
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、思いっきりベースラインから下がったラリーでイメー…
PAGE TOP