テニス ダブルス

ダブルス

実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

ダブルスの試合、アナタ自身後輩を引っ張っていく試合もあるでしょう。

パートナーの実力が、正直厳しい。

だからこそ、アナタの力が試される。

学生から社会人まで、ダブルスの準備の参考になればとまとめてみました。

 

実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

 

1.自分が出しゃばらないこと

まず、これです。

実力で劣るペアを引っ張ろうと、自分が「たくさんボールに触らないと!」という考えは、気負い過ぎ。

仮に上手く触れたとしても、アナタが動き過ぎて出来た穴は、誰が埋めますか?

結果的にパートナーを苦しめていくだけ、でしょう。

どっしり構えて、しっかり4人でプレーする。

この意識が、実力が劣るペアを引っ張っていくうえで大事なポイントです。

 

2.凸凹ペアほど、基本を重視する

実力差があるペアほど、基本を大切にする。

奇策も大事ですが、それ以上にファーストサーブとリターン、これを入れることに集中しましょう。

ファーストタッチのショットを入れていけば、試合で大崩れすることは無い。

後輩も委縮せず、しっかり自分のプレーが出来るはず。

アナタ自身は、引っ張ろうと力まず70%くらいの力でファーストタッチのショットを大切にしていきましょう。

 

3.やることをハッキリさせてあげる

実力で劣るペア、後輩には「やることをハッキリ」させてあげる。

ポーチに出る、ストレートで待ちかまえる、という作戦を授けて、それを実行できればOK。

実行したうえでのミスは気にしない。

ということを、試合の最初に話しておくことが大事です。

試合中に色々新しいことを言う、のは逆効果です。

 

4.笑顔を増やして接する

相手の立ち場に立って考えてみて欲しい。

パートナーが強い、先輩、私だったら敵が3人で自分1人、みたいな気持ちになりがち。

だからこそ、アナタ自身は笑顔でコミュニケーションを取ってあげる。

試合はもちろん勝ちたい、だけど怒ったような顔で実力で劣る後輩に接しても委縮するだけ。

笑顔でプレーする、それを見せてあげる。

これだけで、きっと力をいかんなく発揮してくれると思いますよ。

 

試合は真剣勝負。

でもその前に、味方のペアとしっかり向き合って勝ちに向かっていく。

実力差があるペアでも、準備次第で良い試合は出来る。

アナタの導きで、ぜひ成功体験を積ませてあげて下さい。

それが結果的に、アナタのテニスにもプラスになるはずです。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合でのリターンからの攻撃パターンとして、「ストレートアタックから味方の前衛が詰める」作戦…

    「ダブルスで、どう戦って良いか全く分からない!」というザックリした質問…

  2. ダブルス

    どちらかが一方的に指示を出しているペアは、脆いダブルスペア

    ダブルスの試合で、相手ペアをよく見ていると面白い。そして、片方…

  3. ダブルス

    ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

    ダブルスの試合でポーチに出たい、だけどミスが怖い・・・というみなさん。…

  4. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

    ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレ…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

    ダブルスの試合で、学生の皆さんは雁行陣で戦うケースが多いと思います。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合のほとんどは、「客観的に観れば誰か一人が仕切っている」試合が多い

    ダブルスの試合、4人の雰囲気を観ていると面白い。ゲームメーカー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います
  3. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開してい…
  4. テニス 準備

    日々の雑記

    悩める歓び、感じよう
  5. ストローク

    相手がベースライン後ろで粘っているのに、「深く深く、ストロークを打ち続けている」…
PAGE TOP