テニス ダブルス

ダブルス

実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

ダブルスの試合、アナタ自身後輩を引っ張っていく試合もあるでしょう。

パートナーの実力が、正直厳しい。

だからこそ、アナタの力が試される。

学生から社会人まで、ダブルスの準備の参考になればとまとめてみました。

 

実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

 

1.自分が出しゃばらないこと

まず、これです。

実力で劣るペアを引っ張ろうと、自分が「たくさんボールに触らないと!」という考えは、気負い過ぎ。

仮に上手く触れたとしても、アナタが動き過ぎて出来た穴は、誰が埋めますか?

結果的にパートナーを苦しめていくだけ、でしょう。

どっしり構えて、しっかり4人でプレーする。

この意識が、実力が劣るペアを引っ張っていくうえで大事なポイントです。

 

2.凸凹ペアほど、基本を重視する

実力差があるペアほど、基本を大切にする。

奇策も大事ですが、それ以上にファーストサーブとリターン、これを入れることに集中しましょう。

ファーストタッチのショットを入れていけば、試合で大崩れすることは無い。

後輩も委縮せず、しっかり自分のプレーが出来るはず。

アナタ自身は、引っ張ろうと力まず70%くらいの力でファーストタッチのショットを大切にしていきましょう。

 

3.やることをハッキリさせてあげる

実力で劣るペア、後輩には「やることをハッキリ」させてあげる。

ポーチに出る、ストレートで待ちかまえる、という作戦を授けて、それを実行できればOK。

実行したうえでのミスは気にしない。

ということを、試合の最初に話しておくことが大事です。

試合中に色々新しいことを言う、のは逆効果です。

 

4.笑顔を増やして接する

相手の立ち場に立って考えてみて欲しい。

パートナーが強い、先輩、私だったら敵が3人で自分1人、みたいな気持ちになりがち。

だからこそ、アナタ自身は笑顔でコミュニケーションを取ってあげる。

試合はもちろん勝ちたい、だけど怒ったような顔で実力で劣る後輩に接しても委縮するだけ。

笑顔でプレーする、それを見せてあげる。

これだけで、きっと力をいかんなく発揮してくれると思いますよ。

 

試合は真剣勝負。

でもその前に、味方のペアとしっかり向き合って勝ちに向かっていく。

実力差があるペアでも、準備次第で良い試合は出来る。

アナタの導きで、ぜひ成功体験を積ませてあげて下さい。

それが結果的に、アナタのテニスにもプラスになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    並行陣を相手にしたら、真ん中を狙って相手にボレーさせればOK!

    ダブルスの試合、「並行陣」を相手が繰り出してきたときに、どうするのか。…

  2. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

  3. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

    前衛は、前に、前に。この意識は大事ですが、それだけなら相手にか…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを持てば良い?

    ダブルスの試合、ポイントを自分たちから獲るイメージ、しっかり湧いてます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 夜

    その他

    「テニスに長期ビジョンは大事?」と思っているうちに、平等な時間はどんどん流れてい…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースに!
  3. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK
  5. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン
PAGE TOP