テニス ダブルス

ダブルス

実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

ダブルスの試合、アナタ自身後輩を引っ張っていく試合もあるでしょう。

パートナーの実力が、正直厳しい。

だからこそ、アナタの力が試される。

学生から社会人まで、ダブルスの準備の参考になればとまとめてみました。

 

実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

 

1.自分が出しゃばらないこと

まず、これです。

実力で劣るペアを引っ張ろうと、自分が「たくさんボールに触らないと!」という考えは、気負い過ぎ。

仮に上手く触れたとしても、アナタが動き過ぎて出来た穴は、誰が埋めますか?

結果的にパートナーを苦しめていくだけ、でしょう。

どっしり構えて、しっかり4人でプレーする。

この意識が、実力が劣るペアを引っ張っていくうえで大事なポイントです。

 

2.凸凹ペアほど、基本を重視する

実力差があるペアほど、基本を大切にする。

奇策も大事ですが、それ以上にファーストサーブとリターン、これを入れることに集中しましょう。

ファーストタッチのショットを入れていけば、試合で大崩れすることは無い。

後輩も委縮せず、しっかり自分のプレーが出来るはず。

アナタ自身は、引っ張ろうと力まず70%くらいの力でファーストタッチのショットを大切にしていきましょう。

 

3.やることをハッキリさせてあげる

実力で劣るペア、後輩には「やることをハッキリ」させてあげる。

ポーチに出る、ストレートで待ちかまえる、という作戦を授けて、それを実行できればOK。

実行したうえでのミスは気にしない。

ということを、試合の最初に話しておくことが大事です。

試合中に色々新しいことを言う、のは逆効果です。

 

4.笑顔を増やして接する

相手の立ち場に立って考えてみて欲しい。

パートナーが強い、先輩、私だったら敵が3人で自分1人、みたいな気持ちになりがち。

だからこそ、アナタ自身は笑顔でコミュニケーションを取ってあげる。

試合はもちろん勝ちたい、だけど怒ったような顔で実力で劣る後輩に接しても委縮するだけ。

笑顔でプレーする、それを見せてあげる。

これだけで、きっと力をいかんなく発揮してくれると思いますよ。

 

試合は真剣勝負。

でもその前に、味方のペアとしっかり向き合って勝ちに向かっていく。

実力差があるペアでも、準備次第で良い試合は出来る。

アナタの導きで、ぜひ成功体験を積ませてあげて下さい。

それが結果的に、アナタのテニスにもプラスになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス 環境

    ダブルス

    相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合、自分たちが準備していないと困ること。それは、パ…

  2. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実

    ダブルスの試合で、ここをしっかりと意識しておきたい。「前衛」ほ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で

    ダブルスの試合、リターンで「ストレートアタック!」効果的ですよね。…

  4. テニス 前衛

    ダブルス

    ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない

    これ、私もよくやってしまうんですよね・・・。頑張ろうと必死にな…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要

    ダブルスの試合、皆さんはどの程度「選択肢」を持てていますか?強…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いのでは?

    ダブルスの試合で、2人でネットプレーに挑む並行陣。なかなか学生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「お互い合わせてつなぐボレー戦」になったとき足が止まる…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る
  5. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オスス…
PAGE TOP