テニス 練習

テニススクール

日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」かも知れない

キツイタイトルで、すみません。

でも、私自身そうだったから。

経験してきたから、分かること。

テニスの世界にいると、なかなか自分のテニスコーチ像が見えない。

今回は、現役のテニスコーチの皆さんに向けても、私の想いを少し書いてみたいと思います。

 

日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」かも知れない

 

1.私に足りなかったもの、テニスコーチとして足りなかったこと

テニスコーチの仕事って、難しい。

特にテニススクールでは、色々な人が同じクラスで練習するし、レッスンを継続してもらわないといけない。

ラケットも買ってもらわないといけないし、ガットだって張り替えてもらわないと、商売にならない・・・ですが。

大前提として、その人の「テニスを上達させて、より良い生活、人生をおくってもらう」という視点が大事。

だからこそ、どんなコーチでも情熱を持って指導する。

でもその指導で、絶対的に欠けてしまいがちなことがある。

私自身、昔は自信が無くて、レッスン中も不安で仕方なかった・・・から、出来なかったこと。

それは、「教える側に、質問する」ということです。

 

2.「それだけ?」いや、これが出来ないんですよ

テニスコーチとして、生徒さんに質問?

それをやったら、おしまいじゃないかと思ってました。

自分のテニス観をしっかり伝えて、言い方は悪いけど「自分のようになって欲しい」という想いで教えるのが、テニスコーチの基本。

それも一つの考え方、でしょう。

でも、実際のテニススクールやクラブ、後輩や周りの友達はどうでしょう。

「俺のフォアハンド、今日も最高だな」と思っている人に、フォアハンドの打ち方を直すような指導をして・・・上手くいきますか?

「試合なんて出なくて良い」と思っている人に、駆け引きの妙を伝えようとしても・・・ピンと来るでしょうか?

まず、相手に聞いてみないと。

そして色々と質問していく中で、もっと大事なことがあります。

それは、テニスを教える側の深い部分の心理、まで考察してみるということです。

 

3.「別に試合に勝ちたいわけじゃ・・・」と言っている人ほど、実は負けず嫌いだったりする

人間って、面白い。

口で言っていることが、本当の考えでは無いことが多いのは、なぜでしょう。

私の経験上、「試合に興味は無いです」と言っている人も、実は負けず嫌いで仲間内では負けたく無い、と思っている。

恥ずかしいから言えないだけなんです、「本当は強くなりたい」って。

だからこそ、大事なのは質問力と引き出す力。

「試合に勝ちたいですか?」という聞き方よりも、「試合を楽しいって、思える時はありますか?」みたいに聞いてみる。

「テニスをやってて、楽しいポイント」は人それぞれですからね。

色々と聞きながら、その人がテニスに求めるモノ、を探っていく。

テニスコーチとして、実はこういうカウンセリング力ってすごく大事なんじゃないかな、と思うんです。

 

実績充分、のテニスコーチなんてたくさんいる。

でも、本当に生徒と信頼関係を築けているコーチは・・・どうでしょう、少ないように思います。

一方的に教えている方が、楽ですからね。

でもそれだと、やっぱり自己満で評論家、だと思うんです。

そしてもっと厳しい言い方をすれば、臆病でしょう。

質問すれば、生徒がしゃべり出す、だから怖い・・・。

そこを乗り越えてこその、テニスコーチ。

厳しいことを書いてしまいましたが、私もT-PRESSを通じてコーチ皆さんの傍に寄り添っていきたい。

そう考えています。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    テニスコーチに教わっている人は、コーチの本音を引き出そう

    今回、アンケートにご協力頂いた方の中で、約1/4はテニススクールでテニ…

  2. テニス メンタル

    テニススクール

    どんなに凄い技術や経歴を持っていても、全てのテニスコーチは「信頼」から始まる

    4月から新しい仕事、テニスコーチとして働き始めた方もいるでしょう。…

  3. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない

    みなさんの中にも、「一体自分は、中級?上級?」と悩んでいる方も多いと思…

  4. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから

    部活やサークルでは少ない機会かも知れませんが、担当コーチが変わる、とい…

  5. テニス サイト
  6. テニス 名著

    テニススクール

    強い人ほど素直にアドバイスを聞ける、だから差はどんどんひらいていく

    最近改めて、私自身が感じていること、です。昔アルバイトコーチを…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦、基本は「フォアハンドのグリップ」でしっかり構えよう
  2. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
  3. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来て…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い
PAGE TOP