テニス 練習

テニススクール

日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」

キツイタイトルで、すみません。

でも、私自身そうだったから。

経験してきたから、分かること。

テニスの世界にいると、なかなか自分のテニスコーチ像が見えない。

今回は、現役のテニスコーチの皆さんに向けても、私の想いを少し書いてみたいと思います。

 

日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」

 


 

1.私に足りなかったもの、テニスコーチとして足りなかったこと

テニスコーチの仕事って、難しい。

特にテニススクールでは、色々な人が同じクラスで練習するし、レッスンを継続してもらわないといけない。

ラケットも買ってもらわないといけないし、ガットだって張り替えてもらわないと、商売にならない・・・ですが。

大前提として、その人の「テニスを上達させて、より良い生活、人生をおくってもらう」という視点が大事。

だからこそ、どんなコーチでも情熱を持って指導する。

でもその指導で、絶対的に欠けてしまいがちなことがある。

私自身、昔は自信が無くて、レッスン中も不安で仕方なかった・・・から、出来なかったこと。

それは、「教える側に、質問する」ということです。

 

2.「それだけ?」いや、これが出来ないんですよ

テニスコーチとして、生徒さんに質問?

それをやったら、おしまいじゃないかと思ってました。

自分のテニス観をしっかり伝えて、言い方は悪いけど「自分のようになって欲しい」という想いで教えるのが、テニスコーチの基本。

それも一つの考え方、でしょう。

でも、実際のテニススクールやクラブ、後輩や周りの友達はどうでしょう。

「俺のフォアハンド、今日も最高だな」と思っている人に、フォアハンドの打ち方を直すような指導をして・・・上手くいきますか?

「試合なんて出なくて良い」と思っている人に、駆け引きの妙を伝えようとしても・・・ピンと来るでしょうか?

まず、相手に聞いてみないと。

そして色々と質問していく中で、もっと大事なことがあります。

それは、テニスを教える側の深い部分の心理、まで考察してみるということです。

 

3.「別に試合に勝ちたいわけじゃ・・・」と言っている人ほど、実は負けず嫌いだったりする

人間って、面白い。

口で言っていることが、本当の考えでは無いことが多いのは、なぜでしょう。

私の経験上、「試合に興味は無いです」と言っている人も、実は負けず嫌いで仲間内では負けたく無い、と思っている。

恥ずかしいから言えないだけなんです、「本当は強くなりたい」って。

だからこそ、大事なのは質問力と引き出す力。

「試合に勝ちたいですか?」という聞き方よりも、「試合を楽しいって、思える時はありますか?」みたいに聞いてみる。

「テニスをやってて、楽しいポイント」は人それぞれですからね。

色々と聞きながら、その人がテニスに求めるモノ、を探っていく。

テニスコーチとして、実はこういうカウンセリング力ってすごく大事なんじゃないかな、と思うんです。

 

実績充分、のテニスコーチなんてたくさんいる。

でも、本当に生徒と信頼関係を築けているコーチは・・・どうでしょう、少ないように思います。

一方的に教えている方が、楽ですからね。

でもそれだと、やっぱり自己満で評論家、だと思うんです。

そしてもっと厳しい言い方をすれば、臆病でしょう。

質問すれば、生徒がしゃべり出す、だから怖い・・・。

そこを乗り越えてこその、テニスコーチ。

厳しいことを書いてしまいましたが、私もT-PRESSを通じてコーチ皆さんの傍に寄り添っていきたい。

そう考えています。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    テニススクール

    長所を探せる、テニスコーチになって欲しい

    皆さんの周りにも、きっとテニスコーチの方がいるはず。アルバイト…

  2. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう

    テニススクールでのレッスン、この発想になったら要注意です。確か…

  3. テニス 計算

    テニススクール

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

  4. テニス テニススクール
  5. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先

    最近、すごくまた考えるんですが・・・。テニススクールって、テニ…

  6. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくな…
  2. テニス Q&A

    日々の雑記

    T-PRESSとテニススクールの、決定的な違いについて
  3. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう…
  4. テニス ストローク

    サーブ

    フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る
  5. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる…
PAGE TOP