テニス ストローク

ロブ

ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう

ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。

でも、本当に試合で勝てるペアは、ロブで相手を「動かしてから」が上手い。

特にポジショニング、が上手い選手はしっかりロブを得点につなげられる。

ポジショニング一つで、ロブは強力な武器に変わるのがテニスです。

 

ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう

 


 

1.まずは、ストレートロブで相手後衛を走らせよう

試合の中で、雁行陣でも並行陣でも、相手を走らせる武器がロブ。

走らせる、のがまずは目的で良い。

抜こうと思ってアウトするのは、本当にもったいない・・・ですよね。

相手を走らせて、その次で仕留める。

この意識さえあれば、ダブルスの戦い方はもっと楽になる。

ロブでエース、なんて必要無いし実際無理です、そんな精度で打ち続けるのは。

大事なのは、相手を走らせて触らせて、次のボールにどう対応するかです。

 

2.オススメは、完全にネットに詰める前衛、ロブケアの後衛で担当分け

あくまで、作戦の一つです。

ロブを追いかけて、その態勢がどの程度かにもよりますが、まずはしっかり前衛がセンターストラップに寄ってネットに近付く。

そして、もう一人はロブ返しを返してサービスラインくらいの位置で構えて待つ。

相手が「つないで来る」ことを想定して、ネット近くに罠を張って、ロブケアもしっかり行う。

意外と、この「ネットに詰めておく」ことを怖がる人が多い。

ロブで走らせたら、ロブで返球されるのが多いのも事実・・・ですが、意外とやっと届いて「浅い浮き球」が返球されることもある。

ロブケアは1人、で良いと私は思いますよ。

 

3.一発逆転のストローク狙いも、待ち構えた前衛が触ればOK!

男子ダブルスですと、結構無理に打って来る選手もいる。

ロブを追いかけて走って、そのままバーン!と打つ選手もいますよね。

でも、こういう選手はあまりコースを考えていない、センターストラップ上あたりを通過する可能性も高い。

しっかり前衛がセンターに寄って詰めて、触ることを意識しましょう。

相手はロブで陣形、態勢を崩されているので、前衛は触ればそれだけで大丈夫、ポイントが獲れるはず。

きっと速いテンポに自分たちがついていけない。

こういう無理して来る相手、かどうかの性格の判断も早めにしておきたいですね。

 

相手をロブで走らせたら、「しっかりと罠を張って待つ」ことが大事。

それは、ポジショニングがまず第一です。

もちろん、罠を凌駕するような反撃も時にはあるでしょう。

でも、確率的に「ここで待ってれば、ロブを追いかけた相手を仕留められるな・・・」という感覚は、ぜひ皆さんも磨いてみて下さい。

きっとダブルスの試合が、グッと楽になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い

    試合でロブを打って、浅くなってスマッシュで決められる。こういう…

  2. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ

    試合で使うのに、テニススクールではなかなか教えてくれないこと。…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

    相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。ネットプレ…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    前に出てロブで抜かれたときに、「後ろ向きのままロブで返球する」ための秘策とは?

    シングルスの試合で前に出て、良いロブを上げられてスマッシュを諦める。…

  5. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  6. テニス コート

    ロブ

    オムニコートで踏み込みながら滑るボレーは、安定するけどロブには弱い

    皆さんも、経験あるんじゃないでしょうか?オムニコートで、思い切…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけにつ…
  2. テニス 準備

    その他

    自分のテニスが好調なときは、しっかり気を付けたい5つのポイント
  3. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに強弱をつけられると、試合慣れしていない相手は戸惑う
  4. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて
PAGE TOP