テニス ストローク

ロブ

ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら「つなぎ球」を仕留める態勢で待ちかまえよう

ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。

でも、本当に試合で勝てるペアは、ロブで相手を「動かしてから」が上手い。

特にポジショニング、が上手い選手はしっかりロブを得点につなげられる。

ポジショニング一つで、ロブは強力な武器に変わるのがテニスです。

 

ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら「つなぎ球」を仕留める態勢で待ちかまえよう

 

1.まずは、ストレートロブで相手後衛を走らせよう

試合の中で、雁行陣でも並行陣でも、相手を走らせる武器がロブ。

走らせる、のがまずは目的で良い。

抜こうと思ってアウトするのは、本当にもったいない・・・ですよね。

相手を走らせて、その次で仕留める。

この意識さえあれば、ダブルスの戦い方はもっと楽になる。

ロブでエース、なんて必要無いし実際無理です、そんな精度で打ち続けるのは。

大事なのは、相手を走らせて触らせて、次のボールにどう対応するかです。

 

2.オススメは、完全にネットに詰める前衛、ロブケアの後衛で担当分け

あくまで、作戦の一つです。

ロブを追いかけて、その態勢がどの程度かにもよりますが、まずはしっかり前衛がセンターストラップに寄ってネットに近付く。

そして、もう一人はロブ返しを返してサービスラインくらいの位置で構えて待つ。

相手が「つないで来る」ことを想定して、ネット近くに罠を張って、ロブケアもしっかり行う。

意外と、この「ネットに詰めておく」ことを怖がる人が多い。

ロブで走らせたら、ロブで返球されるのが多いのも事実・・・ですが、意外とやっと届いて「浅い浮き球」が返球されることもある。

ロブケアは1人、で良いと私は思いますよ。

 

3.一発逆転のストローク狙いも、待ち構えた前衛が触ればOK!

男子ダブルスですと、結構無理に打って来る選手もいる。

ロブを追いかけて走って、そのままバーン!と打つ選手もいますよね。

でも、こういう選手はあまりコースを考えていない、センターストラップ上あたりを通過する可能性も高い。

しっかり前衛がセンターに寄って詰めて、触ることを意識しましょう。

相手はロブで陣形、態勢を崩されているので、前衛は触ればそれだけで大丈夫、ポイントが獲れるはず。

きっと速いテンポに自分たちがついていけない。

こういう無理して来る相手、かどうかの性格の判断も早めにしておきたいですね。

 

相手をロブで走らせたら、「しっかりと罠を張って待つ」ことが大事。

それは、ポジショニングがまず第一です。

もちろん、罠を凌駕するような反撃も時にはあるでしょう。

でも、確率的に「ここで待ってれば、ロブを追いかけた相手を仕留められるな・・・」という感覚は、ぜひ皆さんも磨いてみて下さい。

きっとダブルスの試合が、グッと楽になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!

    試合で使えるトップスピンロブ。今の自分の打ち方から、どこを変え…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ

    あまり意識されていませんが、実はテニスの試合で多い場面。それっ…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    前に出てロブで抜かれたときに、「後ろ向きのままロブで返球する」ための秘策とは?

    シングルスの試合で前に出て、良いロブを上げられてスマッシュを諦める。…

  4. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも「打つタイミング」で相手の不意を突く要素が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  6. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK
  2. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨…
  3. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイン…
  4. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術
  5. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう
PAGE TOP