テニス クレーコート

リターン

なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。

フェデラー選手の復活、見事でしたよね。

私なりに、今回の活躍の内容を分析しようと思いまして、色々探してみました。

そして感じたのは・・・今大会を通じて、フェデラー選手は「リターン」がすごく好調だったんじゃないかなと。

きっと、皆さんの参考になる部分も多いと思います。

 

なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

 

1.センターのサーブを逆クロスにシンプルに、を徹底する

以前に、センターへのサーブは少し振り遅れても良い、と書いたことがあります。

逆クロス方向へのリターンは、打点が少し後ろでも良い。

ラケット面さえしっかり出来ていれば、OK。

ただし、「後ろで待って打つ」ようなリターンは、3球目に攻撃されて苦しい。

だからこそ、踏み込んで逆クロス方向へのリターン、が今回フェデラー選手は大会を通じてすごく良い感じだったと思います。

かつて苦手とされていたバックハンドも、デュースサイドでしっかり踏み込んでリターン。

これが非常に効果的だったからこそ、失セット0の驚異的な勝ち上がりがあったように思います。

 

2.今思えば、SABRもリターン好調の布石・・・?

いや、私はこう思うんです。

かつて、SABRと呼ばれ極端に前に踏み込んだリターン、を繰り出していたフェデラー選手。

実際、今回のウィンブルドンではこのSABRにトライしたからこそ、得られたリターンの感覚、があるんだと思います。

あそこまで極端に前に踏み込んでリターンダッシュ、しないまでも、しっかり踏み込む意識は強く持てる。

対戦相手も、フェデラー選手が踏み込んで来ることを意識せざるを得ない、だからプレッシャーに感じる。

そして避けようとワイドへ打った瞬間に・・・先読みされて、こちらもふさがれる。

極端に前に踏み込んでリターンするSABR戦術って、やっぱりサーブ側は嫌だしやっている側は意識改革になる。

チャレンジ精神こそ、王者の証、ですね。

 

3.私たちが参考にしたいのは、「センターのサーブに踏み込む」勇気

皆さんの試合でも、センターへのサーブに苦戦する人は多いはず。

ダブルスでも、キックサーブ、スライスサーブ、センターに集まってくるじゃないですか。

だからこそ、踏み込んで前で捕らえる、逆クロスにラケット面を作る意識を持っておく。

フェデラー選手のリターン、飛んでいるボールはえげつないですが、プレー自体は非常にシンプルだし丁寧。

だからこそ、皆さんも参考にして欲しい部分がたくさんあります。

両手バックハンドの方も、フットワークはさほど変わらない。

フォアハンドも、そうですね。

センターへのサーブを、しっかり踏み込んでラケット面を作る。

リターンの雰囲気、それはプロから盗めるものだと私は思いますよ。

 

もちろん、リターン以外にも素晴らしい技術、好調だった作戦はあるでしょう。

「プロの真似なんて、絶対に無理」と思う方もいれば、「真似しない方が良い」というコーチの方もいるでしょう。

でも、突き詰めてもテニスの技術はきっと基本に落とせる。

せっかくあんなに素晴らしいプレーが観れたんなら、試してみないと損ですよ。

特にセンターへのサーブのリターン、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

    学生の方は試合する機会が少ないかも知れませんが、社会人になると増えるの…

  2. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、軸足から踏み込んで体重を乗せることだけ意識しよう

    リターンが安定しない人は、フットワークがちょっとおかしい。普通…

  3. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう

    昨日のウィンブルドンの死闘、ご覧になった方も多いと思います。前…

  5. テニス シングルス

    リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出来る!

    「あぁ・・・結局、攻撃的にいけば良かった・・・」みたいな後悔、…

  6. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

    相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。そこで策が無いと、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデ…
  2. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち…
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?
PAGE TOP