テニス クレーコート

リターン

なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。

フェデラー選手の復活、見事でしたよね。

私なりに、今回の活躍の内容を分析しようと思いまして、色々探してみました。

そして感じたのは・・・今大会を通じて、フェデラー選手は「リターン」がすごく好調だったんじゃないかなと。

きっと、皆さんの参考になる部分も多いと思います。

 

なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

 

1.センターのサーブを逆クロスにシンプルに、を徹底する

以前に、センターへのサーブは少し振り遅れても良い、と書いたことがあります。

逆クロス方向へのリターンは、打点が少し後ろでも良い。

ラケット面さえしっかり出来ていれば、OK。

ただし、「後ろで待って打つ」ようなリターンは、3球目に攻撃されて苦しい。

だからこそ、踏み込んで逆クロス方向へのリターン、が今回フェデラー選手は大会を通じてすごく良い感じだったと思います。

かつて苦手とされていたバックハンドも、デュースサイドでしっかり踏み込んでリターン。

これが非常に効果的だったからこそ、失セット0の驚異的な勝ち上がりがあったように思います。

 

2.今思えば、SABRもリターン好調の布石・・・?

いや、私はこう思うんです。

かつて、SABRと呼ばれ極端に前に踏み込んだリターン、を繰り出していたフェデラー選手。

実際、今回のウィンブルドンではこのSABRにトライしたからこそ、得られたリターンの感覚、があるんだと思います。

あそこまで極端に前に踏み込んでリターンダッシュ、しないまでも、しっかり踏み込む意識は強く持てる。

対戦相手も、フェデラー選手が踏み込んで来ることを意識せざるを得ない、だからプレッシャーに感じる。

そして避けようとワイドへ打った瞬間に・・・先読みされて、こちらもふさがれる。

極端に前に踏み込んでリターンするSABR戦術って、やっぱりサーブ側は嫌だしやっている側は意識改革になる。

チャレンジ精神こそ、王者の証、ですね。

 

3.私たちが参考にしたいのは、「センターのサーブに踏み込む」勇気

皆さんの試合でも、センターへのサーブに苦戦する人は多いはず。

ダブルスでも、キックサーブ、スライスサーブ、センターに集まってくるじゃないですか。

だからこそ、踏み込んで前で捕らえる、逆クロスにラケット面を作る意識を持っておく。

フェデラー選手のリターン、飛んでいるボールはえげつないですが、プレー自体は非常にシンプルだし丁寧。

だからこそ、皆さんも参考にして欲しい部分がたくさんあります。

両手バックハンドの方も、フットワークはさほど変わらない。

フォアハンドも、そうですね。

センターへのサーブを、しっかり踏み込んでラケット面を作る。

リターンの雰囲気、それはプロから盗めるものだと私は思いますよ。

 

もちろん、リターン以外にも素晴らしい技術、好調だった作戦はあるでしょう。

「プロの真似なんて、絶対に無理」と思う方もいれば、「真似しない方が良い」というコーチの方もいるでしょう。

でも、突き詰めてもテニスの技術はきっと基本に落とせる。

せっかくあんなに素晴らしいプレーが観れたんなら、試してみないと損ですよ。

特にセンターへのサーブのリターン、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう

    バックハンドリターン、みなさん苦手意識を持っている方も多いと思います。…

  2. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブがボディに来る時は、先にフォアかバックか決めておこう

    試合で意外と多い、ボディへのサーブ。でもその対策は、いつも何と…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

    リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多…

  4. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5…

    試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重…

  5. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

  6. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう

    これは私が普段、試合で使っているちょっとしたアイデア、です。ダ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ボレー

    メンタル

    「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは…
  2. テニス ルール

    その他

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう
  3. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点
  4. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    ジャンピングスマッシュの基本、「コートを蹴る足、着地する足」はどちらかをしっかり…
PAGE TOP