テニス ストローク

ストローク

当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる

ドロップ系ショット、皆さんちょっと誤解しているかも。

プロ選手の試合ばかり観ていると、ある特徴に意識が強くなる。

でも、よく考えてみると・・・本当に必要なもの、が見えてくるはず。

当たり前のことかも知れませんが、ドロップ系はネットに近い方が圧倒的に打ちやすい、ですよ。

 

当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる

 


 

1.ベースラインから「シュッ」と打つドロップショット、が当たり前?

つい、私もそう錯覚してしまいます。

シングルスの試合を観ていてお互いベースライン、での打ち合いの中でシュッと繰り出すドロップショット。

打たれた相手は前に追いかけるけど、間に合わないで2バウンド。

これって、すごく「難しい」類のドロップショットだと私は思います。

なかなか試合で、こうは出来ない。

むしろ、私たちが目指すべきは「自分がネットに近い場所」にいるときに打つ、ドロップショットじゃないでしょうか。

 

2.ドロップボレー、よりも浅いストロークの方が打ちやすい

私の感覚では、ドロップボレーも簡単ではない。

特に緊張する場面、グリップの力の入れ具合でドロップボレーも軌道が大きく変わる。

では、どんなドロップ系のショットが打ちやすいか?を考えると、私は断然「浅いワンバウンドのボール」だと思います。

チャンス!と思って普通は深く打ちこむ、ことが多いと思いますが、実はこういうボールこそドロップ系のショットを打ちたい。

自分が前に入れる、ストロークで高い打点で打てる場面、こそドロップ系のショットを使ってみることが大事でしょう。

 

3.ドロップ系のショットを使う勇気を持とう

何度も書いてますが、私はこの技術、使ったモノ勝ちだと思いますよ。

なかなか使えないのは、「失敗したときに恥ずかしい」だったり、「余計なことするな!」と怒られたり・・・があるかも知れません。

でも、試合に勝つために、ドロップ系のショットは絶対必要。

そして、ドロップ系のショットはネットに近い場所で打つに限る。

ボレーも含めて、きっと皆さんの試合の中で使えるチャンス、あるはずです。

 

プロ選手の試合は、参考にして欲しい部分と、分けて考えて欲しい部分がある。

でも、それはあくまで私の目線です。

ベースラインから打つ方が、やりやすいしリズムが良い、という人もいるでしょう。

ぜひ、色々試しながらドロップ系ショットの戦術、磨いてみて下さい。

ネットから近い場所、から打つ方がオススメです!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!

    力強いストロークで、試合をリードしていきたい、押していきたい。…

  2. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフォームとは?

    テニスのレッスン中に、生徒のフォームを動画で撮影することがある。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

    スライスのストロークを、もっと「重たいモノ」に変えていきたい方。…

  4. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認しよう!

    皆さんはテニスをやっている中で、「壁を作る」という言葉を聞いたことはあ…

  5. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします

    早速、アンケートにお答え頂いた皆さん、ありがとう御座います。これか…

  6. ストローク

    ストロークで横に流れながら打つ人は、「最後で調節する癖」を無くそう

    ほとんどの人が、実は気付いていない部分。ストロークを打ちながら…

特集記事

  1. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本…
  2. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう
  3. シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策
  4. テニス フットワーク

    戦術

    試合でしか養えない力、がテニスにはある
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる
PAGE TOP