練習メニュー

「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

高校生の頃、トレーニングと言えばランニングを思い出す。

それ以外は・・・・雨の日に、廊下に並んで腹筋とか、腕立てとかやった記憶はあるけど、そんな習慣化はされてなかったかな?

卒業して上京し、テニスコーチを始めた頃、周りには選手として頑張っている人達が沢山いたんだけど、その人達の影響で「トレーニング、俺もやらなきゃ・・・」って思い始めて19歳の頃、トレーニングを始めた。

 

「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

 


 

でも最初は気合が入りまくっていたから、暗くなって使えなくなったテニスコートを一人黙々とダッシュしたんだよ。

暗いコートの中、一人頑張っている俺・・・というシチュエーションに、酔っていたのかもしれない。

「俺、カッコいい!!」

なんて思っていたけど、そんな不純な気持ちで始めたトレーニングなんて、長続きするはずもない

1カ月も持たなかった。

一応近所の公営のトレーニングセンターへ週2,3回通ってマシントレーニングをしていたんだけど、その目的の殆どがお風呂とジムトレーナーのお姉さんが目当て。

ちゃんとしたトレーニングはしていなかった。

なんで、ちゃんと出来なかったかと言うと、まだそんなに試合へ出場していなかったから、自分の身体を鍛えようと思わなかったのだ。

本格的にトレーニング始めたのは、やはり戦績が出始めた22歳頃のから。

トレーナーや先輩選手に相談して、どういうトレーニング方法がテニスの結果に繋がるかを本気で考え始め、トレーナーにメニューを作ってもらい、トレーニング指導をしてもらいながらみっちり行った

すると、体力、筋力、精神力のバランスが取れてきて、結果は伸びたのだ。

そうなるとトレーニングは止められない。

練習とトレーニングをしっかりやらないと、気持ちが落ち着かないくらいの考え方になってきたんだけど、やっぱりそこまでしっかり習慣化されないとトレーニングって出来ないね。
 



 

「身体、鍛えたい!」

そう思っている人は、自分一人で気合入れて頑張るよりも、それをしっかり見てくれる人を探した方が良い。

俺の場合はトレーナーを探して、その人にメニュー作りから一緒にトレーニング・・・というとこまで面倒みてもらったけど、練習仲間とか友人とかでも良いから、一緒にやることをお勧めする。

だって、一人じゃあ精神的にきついからね。

結果が出始めると良いんだけど、これから結果出したい人は、トレーニング仲間やトレーナーを探す事を怠りなく!!

しっかり鍛えて戦績残そう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

    ダブルスの試合、並行陣が上手い相手は本当に厄介。まず、止めるべ…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    苦手なところを直すのが練習、では無い

    よくご質問頂くのですが、「練習で何をすれば良いのか、分からない・・・」…

  3. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう

    本気で自分の武器を作りたい、そう考えているみなさん。私から、一…

  4. テニス チャンス

    練習メニュー

    「テニスの試合の現場で必要なもの」から優先して練習していけば、結果は自然についてくる

    普段の練習、皆さんはどんな優先順位で行っているでしょうか?強い…

  5. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている

    現代テニスは、オールラウンドが基本。それこそ、弱点があればそこ…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習とは?

    バックハンドストローク、両手で打っている方はもっとパワーが欲しい。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースに!
  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!…
  3. テニス 部活

    その他

    「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに…
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでの守備はセンターセオリーを徹底すれば、同レベルの試合に勝てる
  5. ダブルス

    前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる
PAGE TOP