ストローク

「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

「これからトレーニングを頑張ります!」

そう言ってきた高校生の選手がいた。

彼は進学する大学のテニス部で練習させてもらい、そこで体力の無さを痛感したらしい。

 

「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

 

「無理だと思うよ。」

俺は気合入れてそう報告してきた彼にそんな一言を言った。

「え?無理ですかね?」

「うん、俺の経験上、一人でトレーニング頑張るのは難しい」

俺の選手時代はとにかくトレーニングの毎日だった

3時間の練習でも殆ど走り回る追い込み系のドリルだし、週3日か4日は10キロランニング、それにウィイトトレーニンング水泳・・・と身体を鍛え続けた。

そうしないと選手は続けられなかったからね。

でもまだまだ弱っちかった頃、20歳くらいの時はそんなにトレーニングしなかった。

と言うより、「よし、今日から毎日走るぞ!」「これから毎日ウェイトトレーニングするぞ!」と思ってもそんな情熱は、1週間くらいしか続かなかったのだ。

続かない理由は・・・守るべきものがあるかどうかなんだよね

トレーニングをガンガンやっていた20代後半から引退するまでは、ランキングもあり、そのランキングを上げなきゃいけない、もっと良いプレーをしなきゃいけない・・・という思いで必死だった。

トレーニングやらなきゃ、それまで築き上げてきたランキングも自分のテニスも落ちていくからね。

それは勿体ないので、死に物狂いでトレーニングした。

結局は今まで築いてきたものを死守する気持ちがないと、なかなかトレーニングって続かなかったんだよ。

じゃあ、その守るべきランキングや地位などが出る前は、どうやってトレーニングを始めることが出来たか・・・・。

俺の場合は、「よし、トレーニングこれから頑張るぞ!」と思った時、トレーナーにメニューを作ってもらい、定期的にチェックしてもらうようにした。

自己管理だと自分に甘くなるから・・・。

「記録伸びてないよ。ちゃんとやってるの?」という第三者の目がないとなかなか続かないんだよ、俺の場合

それから、トレーニングをハードにやっているところに飛び込むことも重要だな。

俺の場合はちょうどスペインのアカデミーに入ったから、そこで毎日しっかり走らされた。

さぼりようが無いくらい・・・・・。

そうやって段々テニスの結果に結び付いて来ると、あとは自分一人でもトレーニングが出来るようになった。

「これから、トレーニング頑張るぞ!」

そう思っている君、まずはトレーニングをちゃんと見てくれる誰かを見付けよう。

さぼった時には「やれよ!」と言ってくれる人。

もちろんトレーナーがいれば一番だけど、友達や親でも良いと思うよ。

結果が出始めて、トレーニングが定着するまでは、とにかく周りの助けを借りて頑張ろう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

 

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス ガスケ

    ストローク

    ガスケ選手、シモン選手が日本との「差」を見せ付けたのは、このショットでしょう

    デビスカップ、残念ながら2日目のダブルスの結果をもって、日本の敗退が決…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    シングルスの試合で、「サイドスライス回転が効いたドロップショット」は使える!

    シングルスの試合でドロップショットを使いたい・・・。だけど拾わ…

  3. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

    テニスで「手打ち」と呼ばれる現象。そのほとんどは、肘から先の腕…

  4. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」打ち終わりを意識してみよう

    ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

    追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。それも、甘くなくしっ…

  6. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ

    攻撃的なストローク、スピン回転で押していく。これは、学生選手だ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的で…
  3. テニス 大学

    日々の雑記

    分からないことだらけのテニス、を楽しいと思えるかどうか?
  4. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕の役割は、決して「トスを上げて終わり」じゃない
PAGE TOP