日々の雑記

今日という日は、杉田祐一選手について語らない訳にはいかない

今日、という日。

実は、多くのテニスファン、関係者が待ち続けた日、になったのではないでしょうが。

杉田祐一選手、男子テニスのアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)での優勝。

私自身、朝この結果を見て涙が出るくらい嬉しかった。

そして、今実に苦しい状況にある錦織選手、怪我で療養中の西岡選手、そして何よりその他大勢の日本選手にとって、非常に励みになるニュースになったのではないかと思います。

 

杉田選手、私も何度か試合を観たことがあります。

印象としては、非常に波がある、強いときは本当に強い・・・という印象でした。

特に全日本選手権の決勝、有明コロシアムでの彼は無双だった印象です・・・なぜ、このテニスでこの世界ランク?くらいに感じました。

よく見ていくと、どこか「自分を信じ切れない」ような日本人らしい部分も多く、繊細な面も垣間見える。

何かきっかけがあれば、きっと大きく化けるのに・・・と思っていたのが、つい昨日のことのようです。

これで間違いなく、私は男子日本テニス界、は良くなっていくと考えています。

 

今まで、錦織選手はあくまで特別、でしたね。

アメリカ育ち、世界ランク上位、目指すべきはグランドスラム優勝。

非常に孤独な闘いだったと思います。

以前にも書きましたが、テニスの国際大会は個人戦であり団体戦の要素もある。

「同じ国のあいつも頑張ってるなら、俺もやらないと!」という気持ちが、最後の苦しい場面で踏ん張る原動力になる。

これから先、錦織選手と同格とまではいかなくても、杉田選手にはグランドスラムでは2週目に残る、というミッションが下されたと私は思っています。

そうすると、何が起こるのか。

今回の優勝もそうですが、「祐一が出来るんだったら、絶対俺でも出来る!」と思う訳です。

対戦してきた日本人選手、全てが自信を得たのが今回の優勝、でしょう。

 

これって、自分には関係ない話?でしょうか?

そうじゃない。

部活やサークル、区民大会やベテラン・シニアの大会に出ている人も、全く同じです。

身近な人が結果を出せば、自分も自信になる。

誰か一人が結果を出せば、チームの空気全体が変わる、ということありますよね。

そこで乗っていけるかどうか、がアナタのテニス選手としての資質、なんです。

「アイツと自分は違う」と思うのか、「アイツに出来るなら、自分にも出来る!」と思うのか。

この差、テニスを続けている限りどんどん大きくなるでしょう。

 

本当に、杉田選手、心からおめでとう。

だけどまだまだ、これからだという気持ちは本人が一番感じているでしょう。

相乗効果、楽しみです。

日本男子テニス界、これから益々面白くなっていくと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません

    今日はクリスマスイブ、ですね。各地でクリスマスっぽいテニストー…

  2. テニス トレーニング

    日々の雑記

    大事なことは、何度でも書きます

    先日、こういったご意見を頂きました。「いつも拝見しています。少…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも

    もう15年くらい前、のことですが。テニススクールでアシスタント…

  4. テニス 雪

    日々の雑記

    私が記事を書き続ける理由、について

    すっかり寒くなって、もう年の瀬ですね。怪我が多い時期ですので、…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    やっと落ち着きました・・・

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。やっと、サイトの…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる

    年末になると、スポーツの観戦機会が増えますよね。テレビでもサッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
  2. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
  3. テニス 居場所

    メンタル

    「練習だけじゃ完成されない」テニスの技術は試合で使って初めて身に付いていく
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
  5. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?を考えて…
PAGE TOP