テニス スマッシュ

スマッシュ

ダブルスの試合でのスマッシュは、ロブを打った相手を集中攻撃

特にダブルスでの試合、なかなかスマッシュを決め切れない人、いませんか?

それって、技術よりも配球によるところが大きいかも知れない。

ロブを上げた相手、を集中攻撃。

これがダブルスの基本です。

 

ダブルスの試合でのスマッシュは、ロブを打った相手を集中攻撃

 


 

1.苦しい相手を、楽にさせないこと

そもそも、テニスのダブルスは2人の「どちらか」がボールを打っている。

打っていない選手は、客観的に状況を見ているから余裕があるんですよね。

それは、攻撃されている側の選手も同じ。

ボールを打っていない選手って、実は結構余裕が有ったりする。

だからこそ、スマッシュではそういう相手に返球すると危ない、拾われて反撃される。

まず、ロブを上げた相手を集中攻撃。

これがダブルスの基本になります。

 

2.2人にまんべんなく攻撃って、ダブルスでは不必要

なぜでしょう・・・ダブルスって、つい4人でやりたくなる。

相手が打った選手、のペアに返球する癖が身体に染み付いている人が多い。

ロブを上げる、くらい相手を追い込んでいるなら、その追い込んだ相手をスマッシュで集中攻撃していかないともったいない。

2人をまんべんなく相手する、倒していく必要なんてない。

まず、ダブルスのスマッシュはこの大前提を理解しましょう。

 

3.ロブを上げた相手を狙うから、効果的な連続攻撃になる

苦しいロブを上げた相手は、状態を戻すのにも一苦労。

きっと、もう一度スマッシュが来ると苦しい、のは相手が感じているはず。

例えばダブルス、リターンでロブ、を上げられて前衛が打つなら、リターン側にもう一回。

ここで前衛にぶつけよう、と思うと力が入るし、カウンターを喰らったら相手は前衛にいるので今度はアナタが厳しい状況になる。

もちろん、時には相手前衛にスマッシュ、も必要ですけどね。

ですが、リターンで追い込んでいるなら、そのリターン側にスマッシュが基本。

相手も後ろにいますし、アナタ側のペアの優位は崩れないでしょう。

 

しっかり、スマッシュは効率良く考えるように。

チャンスのようで、決められるかどうかは配球とコース次第。

パワーやスピード、では波がありますからね。

シンプルに、ロブを上げた相手を集中攻撃、でダブルスの試合は勝てると思います!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

    スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。試合で…

  4. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

    スマッシュはチャンスか否か・・・。俺の見解としてはチャンスだな…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。ダブルス…

  6. テニス ミス

    スマッシュ

    スマッシュがスロート部分に当たる人は、準備のラケット位置を高くスタート!

    スマッシュミスで多いケース、はこのケースでしょう。打点が近く、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう
  3. テニス ダブルス

    日々の雑記

    アナタ目線、は永遠の財産になる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれ…
PAGE TOP