その他

「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問われる

プレーの調子が上がってきて、試合で結果を残せるようになってきた時、怪我なんてしてしまうと本当にショック。

それが慢性的で、ずっとその怪我の痛みと付き合いながら選手をやっていかないといけない、なんてことになると精神的にもダメージは大きい。

俺は幸運にも怪我にはあまり苦しめらなかった方だと思う。

 

「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問われる

 


 

一度靭帯断裂をやったことがあるけど、大きな靭帯では無かったから奇跡的に2ヶ月で試合に復帰。

やった瞬間は「あぁ、俺の選手人生終わった」って思ったけど、意外と俺の体は頑丈だった。

慢性的なのは坐骨神経痛が少々。

でも、これも疲労がかなり溜まった時なので、マッサージとかストレッチなどで抑えることは出来た。

お医者さんとかマッサージの先生によく言われたのが、「高西選手の足腰って、テニス選手っぽくないね。サッカーとかラグビーみたいな筋肉が付いてるよ。」ということ

この筋肉の付き方が、テニスのハードな動きでも怪我をさせないようにしてくれているらしい。

小学校から中学までやっていたサッカー、無駄ではなかった。

でもそう言えば、サッカーの練習ってきつかった。

試合ももちろんきつかった。

負けているときだけじゃなく、勝っているときもずっと「攻めろ!!」って一気に前線へ走らなきゃいけないし、負けていても必死で攻めてくる相手を徹底して抑え続けないといけないから、動き続けないといけない

そんな動きを小学校3年生からずっと続けていれば、誰だって足腰は鍛えられるはずだ。

じゃあテニスはどうだろう。

高校でテニス部に入ったけど、苦しかったことは学校の外を走る時と、振り回し練習。

でもこれは練習全体のほんの一部分。

全体としてはずっと走り続けたサッカーに比べると楽だったし、試合も楽ちんだったよ。

だって、体力使い果たすほど粘り続ける技術も戦術も持ち合わせていなかったから、試合で「キツイ・・・」って域まで達することが出来なかった

「テニスには体力が必要だ・・・」

本気でそう感じたのは社会人になって、色んなテニスを経験してからなんだよね。

皆もそう感じている人、多いんじゃない?

体力を付けることより、技術力を上げたほうが勝ちやすいんじゃないか・・・って。

でも確かにテニスはそうなんだよ。

ホントに実力差あると、3セットマッチの試合で息が上がらないどころか、汗を全然かかないで試合をこなすことが出来る

技術力って重要だし偉大だね。

でも、それは実力差がある場合なんだ。

勝ち上がって、自分と同じレベルと当たったとき、それから更に勝ち上がって、格上にチャレンジするとき、絶対体力が必要。

だって、チャンスが来るまで、相手がイライラしてくれるまで粘らないといけないでしょ?

だから、まだまだ技術力が未熟で、「体力より技術力!」って感じてしまっている段階から、ちゃんとトレーニングして体力を付けないといけない。

それから最初に言ったように、怪我をしない体を作るためにも、トレーニングはしないといけないね。

となると、ダッシュとかランニングだけじゃなくて、オンコートでストップ&ゴーの動き、サイドステップの移動、屈伸とジャンプの組み合わせなど、テニスの動きでどれだけハードに毎日頑張っているか・・・になる。

皆で頑張って、怪我をしにくい体を作ろう。

いつか、体力が勝敗の鍵を握る試合を迎えた時のためにもね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

 

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 「第2回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける

    中学、高校、大学とたくさんテニスの大会はあるけど、公式戦って意外と少な…

  2. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります

    普段何気なく見ているテレビや、他のスポーツ、受けている授業・・・。…

  3. テニス テニスボール

    その他

    オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画

    錦織選手も出場するリオデジャネイロオリンピック。テニス競技では…

  4. その他

    「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解

    いつも頂くご意見の中で、分かれるのはテニスについて考える部分。…

  5. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点

    漫画「ベイビーステップ」で、改めて見直されている「テニスノート」。…

  6. テニス 打点

    その他

    遠くへの球出しのコツは、ラケットをしっかり後ろにセットすること

    ラケットでボールを遠くに送ること。意外と、この機会って多いと思…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に
  2. ロブ

    女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう
  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合で使うエネルギーは、「その都度使い切らないと、実力のMAX値」は絶対…
  4. テニス 観察

    その他

    興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!…
PAGE TOP