テニス

メンタル

過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い

普段、アナタの周りで起きていること、集まってきている人。

それは、アナタの試合に如実に現れると思っておいた方が良い。

語弊があるかも知れませんが、テニスを成長させたければ一緒にいる仲間、も成長していける仲間じゃないと。

気が付いたら、自分も痛い人、になってしまいますよ。

 

過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い

 


 

1.テニス界って、本当に痛い人が多い

私がいつも思うのは、今回のテーマ「実績」について。

過去の話、しかも1回残しただけの成績がいつまで経ってもその人の代名詞みたいになっている。

個人競技の特性かも知れませんが、数年前の話をいつまで経っても自慢話のように繰り返す人、意外と多いです。

それも、上のレベルでも・・・同じなんですよね。

こういう人は、客観的に観ても痛いしあまり関わりたくない。

自分が成長出来ない、ですからね。

 

2.満足している人、に成長は無い

私は何度も、このサイトで「危機感」について書いてきました。

上手い人、上手くなる人は現状に満足していないし、常に「危ない」と思って練習している。

自分以外のライバルがどんな練習をしているのか、次の試合では何をしようか、準備はどうなんだと自分に問いかける。

でも、過去実績を残して満足している人には、その感覚が乏しい。

そりゃもう一回勝てれば嬉しいけど、過去最高の成績は超えられない、とどこかで諦めている。

こういう雰囲気って、周りに伝わるし悪影響。

アナタ自身、客観的に自分の環境を見てみて欲しいのです。

 

3.良い出会いこそ、最高の成長材料

「でも、自分は学校の部活だし、出会う人なんて限られてる・・・」という方もたくさんいるでしょう。

実際に、メンバーは選べない、限られた環境でのテニス、が基本だと思います。

でも、だからこそ・・・チャンスだと思いませんか?

ほとんどの人は、日本では仲間を選べないし、自分で選択出来ない、と思っている。

自分がもし、新しい環境やチャレンジで良い出会いがあれば、それだけ差を付けることが出来る。

アナタのテニスを成長させていく種は、きっともっとたくさんある。

出来ることは無限にある。

今ではインターネットもありますしね。

ちょっと踏み出せば、もしかしたら新しいテニスの仲間、出会い、あるかも知れませんよ。

 

書いてみて思いましたが、「結局何やれば良いの?」という感じですよね。

いつになるか分かりませんが、このT-PRESSや私自身で、そういう出会いの場を何か作れないかなと、思っています。

すごく先になるかも知れません。

でも、いつか絶対、やりたいと思います。

テニスの試合で勝ちたい、読者の皆さん同志を結ぶ、出会いや仲間を増やせる企画を。

楽しみに、お待ち頂ければと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗が怖い」ということは、メンタルが弱いことには結びつかない

    メンタルが弱い、自分でもそう思っている人はテニス選手でも多い。…

  2. テニス フットワーク

    メンタル

    テニスの試合で余裕を持ってプレーする為には、「自分よりレベルが低い相手」とも、しっかり練習することが…

    強い相手、シード選手相手の試合だと、自分に余裕が無いと感じること、あり…

  3. テニス 雪

    メンタル

    相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?

    サッカーワールドカップの試合を観ていると、勝ち切ることの難しさを感じま…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?

    人は無意識のうちに、自分が楽なほうに傾いていく。私自身、自分が…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!

    何度も対戦相手をチェックして・・・と、私は書いてきました。それ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた
  2. テニス リターン

    リターン

    「上級者限定!」ダブルスの試合でリターンするのときに、前衛を足止めする裏ワザ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「チャンスをチャンスと思えるか」ポイントに繋げる為の、心の準備について
  4. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実に…
  5. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう
PAGE TOP