テニス

メンタル

過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い

普段、アナタの周りで起きていること、集まってきている人。

それは、アナタの試合に如実に現れると思っておいた方が良い。

語弊があるかも知れませんが、テニスを成長させたければ一緒にいる仲間、も成長していける仲間じゃないと。

気が付いたら、自分も痛い人、になってしまいますよ。

 

過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い

 

1.テニス界って、本当に痛い人が多い

私がいつも思うのは、今回のテーマ「実績」について。

過去の話、しかも1回残しただけの成績がいつまで経ってもその人の代名詞みたいになっている。

個人競技の特性かも知れませんが、数年前の話をいつまで経っても自慢話のように繰り返す人、意外と多いです。

それも、上のレベルでも・・・同じなんですよね。

こういう人は、客観的に観ても痛いしあまり関わりたくない。

自分が成長出来ない、ですからね。

 

2.満足している人、に成長は無い

私は何度も、このサイトで「危機感」について書いてきました。

上手い人、上手くなる人は現状に満足していないし、常に「危ない」と思って練習している。

自分以外のライバルがどんな練習をしているのか、次の試合では何をしようか、準備はどうなんだと自分に問いかける。

でも、過去実績を残して満足している人には、その感覚が乏しい。

そりゃもう一回勝てれば嬉しいけど、過去最高の成績は超えられない、とどこかで諦めている。

こういう雰囲気って、周りに伝わるし悪影響。

アナタ自身、客観的に自分の環境を見てみて欲しいのです。

 

3.良い出会いこそ、最高の成長材料

「でも、自分は学校の部活だし、出会う人なんて限られてる・・・」という方もたくさんいるでしょう。

実際に、メンバーは選べない、限られた環境でのテニス、が基本だと思います。

でも、だからこそ・・・チャンスだと思いませんか?

ほとんどの人は、日本では仲間を選べないし、自分で選択出来ない、と思っている。

自分がもし、新しい環境やチャレンジで良い出会いがあれば、それだけ差を付けることが出来る。

アナタのテニスを成長させていく種は、きっともっとたくさんある。

出来ることは無限にある。

今ではインターネットもありますしね。

ちょっと踏み出せば、もしかしたら新しいテニスの仲間、出会い、あるかも知れませんよ。

 

書いてみて思いましたが、「結局何やれば良いの?」という感じですよね。

いつになるか分かりませんが、このT-PRESSや私自身で、そういう出会いの場を何か作れないかなと、思っています。

すごく先になるかも知れません。

でも、いつか絶対、やりたいと思います。

テニスの試合で勝ちたい、読者の皆さん同志を結ぶ、出会いや仲間を増やせる企画を。

楽しみに、お待ち頂ければと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    テニスは「試合に出れるようになってから出る」という発想は、必要無い

    試合に出るには、実力が必要?それなりには必要?もちろん…

  2. テニス メンタル
  3. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない

    試合に出続けていると・・・つい、「何が失敗なんだか、分からなくなる」よ…

  4. テニス リターン

    メンタル

    思い切った作戦を実行していれば、ミスは気にならなくなる

    思い切った作戦、みなさん実行出来てますか?実際にリスクを伴いま…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    0-6というスコアを見れば分かる通り、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない

    テニスの試合、ほとんどの試合は1セットマッチ。早ければ30分く…

  6. メンタル

    試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している

    試合前に、準備が大事。何度も書いてきたことですが、準備ってこう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    スライスショットの返球の基本、バウンド地点に近付くことを徹底しよう
  2. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです
  3. その他

    もしこの記事を読んでいるアナタが一年生なら、「上級生について行けば良い」という考…
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく
  5. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる
PAGE TOP