テニス ボレー

ボレー

サッカー経験者なら、トラップ感覚でドロップボレーは完成する

「めっちゃドロップボレー上手い!」と思ったこと、皆さんもあるはず。

私も度肝を抜かれたんですが、テニス初心者なのに、いきなりドロップボレーが出来てしまう・・・人を観たことがあります。

その人は、サッカー経験者。

言われて納得、きっと皆さんにも活かせる感覚、だと思いますよ!

 

サッカー経験者なら、トラップ感覚でドロップボレーは完成する

 


 

サッカーのトラップ技術、テニスに応用出来る!

サッカーで大事なのは、パスをもらってボールを止める動作。

この止める=トラップが上手い人は、自然とボールコントロールが優れているからボールが集まりやすいし、試合をコントロール出来る司令塔としての仕事が出来る。

トラップが下手な選手は、いつまで経ってもボールをすぐに獲られるし、コントロール出来ない。

ボールをトラップするって、上手くパスの勢いを殺して、自分の足元にセットするような感じですよね。

この感覚、実はテニスのドロップボレーにすごく近い感じ、なんです。

 

自分の足元に落とす、と考えれば楽に打てる

ドロップボレー、感覚としては自分の「足元」に落とすようなイメージ。

相手コートに浅く打つ、と考えるから難しいんですよね・・・。

ボールの勢いを殺して、自分の目の前に落とすだけなら、実はそんなに難しくないかも知れません。

でもその為には、もう一つ大事なキーワードがありますよね。

勘が鋭い人は、もう既に気付いているかと思いますが・・・そう!ポジショニングです。

 

ネット近くで打てれば、ドロップボレーは最高の武器になる!

ドロップショットの大事な要素、それは打ってから2バウンドまでの時間が「短い」方が良い。

当たり前ですが・・・短ければ相手が触れない、2バウンドになる確率が高いし強力な武器になる。

ネット近くで打てれば、すぐにネットを越えて1バウンド、2バウンド、となってくれる。

トラップ感覚で、目の前の自分の足元、に落とすことに集中すれば良い。

余計なことは考えずに、1回トラップする。

この感覚、サッカー経験のある方ならきっと分かりやすいはずです。

 

言葉のニュアンス一つで、テニスの技術は変わります。

人によって響くポイント、ツボが違うので・・・コーチングは面白いんです。

このサイトも、何度も同じことを言い方やニュアンスを変えて書いているのは、その為です。

一人でも、「あ、こういうことか!」という気付きのヒントになって欲しい。

この記事でも、少しでも多くの方のドロップボレーに対しての良い気付き、になってもらえれば嬉しいです!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. ボレー

    ブロックボレー、そして攻撃するボレー!

    深いボールは、まず返すこと優先。浅いボールを攻撃していく。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバックをしてみよう!

    私が高校時代、ネットプレーがスランプに陥っていたとき。この言葉…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?

    片手バックハンドボレー、特に男性は使う方が多いですよね。でも、…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスで「どうしてもポーチに出れない・・・」と感じているアナタへのヒント5つ

    パートナーがせっかく後ろで頑張っているのに、どうしてもポーチに出れない…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    打ち終わりをコンパクトにする、ことが実戦向けのテニスへの第一歩

    実戦向きのテニスと、そうでないテニス。色々な要素はありますが、…

  6. ボレー

    遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?

    ドロップボレーを打つ!時に、相手のボールが緩い、遅い。こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    テニスの試合を観戦して、強くなる人の特徴5つ
  2. テニス ストローク

    戦術

    相手の攻撃を、コースで反撃する発想を
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、〇〇で打つと効果的!
PAGE TOP