テニス ボレー

ボレー

サッカー経験者なら、トラップ感覚でドロップボレーは完成する

「めっちゃドロップボレー上手い!」と思ったこと、皆さんもあるはず。

私も度肝を抜かれたんですが、テニス初心者なのに、いきなりドロップボレーが出来てしまう・・・人を観たことがあります。

その人は、サッカー経験者。

言われて納得、きっと皆さんにも活かせる感覚、だと思いますよ!

 

サッカー経験者なら、トラップ感覚でドロップボレーは完成する

 


 

サッカーのトラップ技術、テニスに応用出来る!

サッカーで大事なのは、パスをもらってボールを止める動作。

この止める=トラップが上手い人は、自然とボールコントロールが優れているからボールが集まりやすいし、試合をコントロール出来る司令塔としての仕事が出来る。

トラップが下手な選手は、いつまで経ってもボールをすぐに獲られるし、コントロール出来ない。

ボールをトラップするって、上手くパスの勢いを殺して、自分の足元にセットするような感じですよね。

この感覚、実はテニスのドロップボレーにすごく近い感じ、なんです。

 

自分の足元に落とす、と考えれば楽に打てる

ドロップボレー、感覚としては自分の「足元」に落とすようなイメージ。

相手コートに浅く打つ、と考えるから難しいんですよね・・・。

ボールの勢いを殺して、自分の目の前に落とすだけなら、実はそんなに難しくないかも知れません。

でもその為には、もう一つ大事なキーワードがありますよね。

勘が鋭い人は、もう既に気付いているかと思いますが・・・そう!ポジショニングです。

 

ネット近くで打てれば、ドロップボレーは最高の武器になる!

ドロップショットの大事な要素、それは打ってから2バウンドまでの時間が「短い」方が良い。

当たり前ですが・・・短ければ相手が触れない、2バウンドになる確率が高いし強力な武器になる。

ネット近くで打てれば、すぐにネットを越えて1バウンド、2バウンド、となってくれる。

トラップ感覚で、目の前の自分の足元、に落とすことに集中すれば良い。

余計なことは考えずに、1回トラップする。

この感覚、サッカー経験のある方ならきっと分かりやすいはずです。

 

言葉のニュアンス一つで、テニスの技術は変わります。

人によって響くポイント、ツボが違うので・・・コーチングは面白いんです。

このサイトも、何度も同じことを言い方やニュアンスを変えて書いているのは、その為です。

一人でも、「あ、こういうことか!」という気付きのヒントになって欲しい。

この記事でも、少しでも多くの方のドロップボレーに対しての良い気付き、になってもらえれば嬉しいです!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?

    相手に、「やられた!」と思う瞬間。みなさんは、試合でどんな時に…

  2. ボレー

    遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?

    ドロップボレーを打つ!時に、相手のボールが緩い、遅い。こうい…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

    テニスの技術の中でも、トップクラスに難しい技術。それはドロップ…

  4. ボレー

    ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ

    プロ選手のダブルスの試合、みなさんは動画で見る機会はありますか?…

  5. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩

    ネットプレー、ボレーのときの予測。試合に出ている人は、この必要…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

    ネットプレーでは、何としてでもポイントをしっかり獲りたい・・・それも、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. フットワーク

    「ザーッと滑りながら追いかける」オムニコートのテニスの試合で必要な技術とは?
  2. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時
  3. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
  4. テニス ポジショニング

    ボレー

    バックボレーの方が、実は簡単です
  5. 戦術

    試合でどこに打てば良いか分からない!人に必要な視点とは?
PAGE TOP