テニス ダブルス

練習メニュー

男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・」のは、本当にそうですか?

最近、男子高校生の方からこんな質問を頂きました。

「うちのテニス部は男子が少なく女子が多くて、女子とラリーしても上手くならない気がする・・・」と。

何となく、高校生らしい気持ちは分かりますが・・・本当にそうでしょうか?

実はすごく、テニスを上達させやすい環境、かも知れませんよ。

 

男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・」のは、本当にそうですか?

 

男子は女子相手に、どうテニスをするのか?

これは、部活だけの問題ではありません。

テニススクール、社会人サークルでも、たくさん男女のラリーは発生するし、それを「どう活かすか?」が大事。

「大したボール打ってこないし、練習にならないよ」と言う人は、その「大して打ってこない」ような相手にいつも勝てない。

女子相手に、自分の課題をしっかり練習出来ないような人は、そもそもテニス選手として「練習センス」が無いのです。

でも、気持ちは分かります。

どこかに、「負けたくない!」と思う気持ちが強過ぎて、「負けたく無いから、やりたくない・・・」だけじゃないですか?

 

緊張感のあるラリーは、すごく試合向き

例えば女子相手のラリーなら、丁寧につないで絶対に負けない。

そういう意識で練習出来るのって、すごく試合向き。

試合向きな環境が目の前にある、と思えるかどうかです。

実際の試合では、どうですか?

バンバン打って来る相手よりも、丁寧につないで来る、女子みたいな相手も多いですよね。

そういう相手ばかりと練習していても偏ってしまいますが、男子だけで淡泊な練習をするよりも、私はずっと効果的だと思いますよ。

速いボールへの練習は必要、だから別でやれば良い。

それからもう一つ、大事な要素があります。

 

男女関係無く、練習から「勝負」である

試合に勝ちたいなら、練習から勝負していかないと。

「手加減」する必要はありません。

強引に速い、強いショットでねじ伏せたくなりますが・・・その方法、試合で実践出来ますか?

むしろ、しっかり相手を動かして、前後に揺さぶったりしながらしっかり勝負して、ポイントを獲る。

そういう練習、勝負の環境を、男女関係無く部活の中で培っていかないと試合では勝てない。

真剣勝負、がたまにやる公式戦だけ・・・では、慣れないのは当たり前です。

 

工夫次第、でも真剣勝負。

男女の練習は、私はあえてやるべきだと思います。

そして必ず、同じような環境にある部活やサークル、仲間は外部にもいるはず。

ぜひ、仲良くなって男子同士の練習、が出来る環境も整えたいですね。

同じテニスを志して、試合に勝ちたいと思う同志なら、きっと良い練習が出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う

    単純な球出し練習。これって、「意味あるの・・・?」と思いながら…

  2. テニス リターン

    練習メニュー

    テニスの試合で「ロブで抜かれても、追いついてしっかり返球」できるイメージを作る練習メニュー

    試合の中で流れを変える要素のある「ロブ」に対応する、実践的な練習メニュ…

  3. テニス 雨

    練習メニュー

    雨の日に練習がオフ!はもったいないからミーティング日和に

    雨、雨、雨・・・。テニス部やサークルにとって、悩ましい問題です…

  4. テニス 上達

    練習メニュー

    歯を磨くように、毎日5分トレーニングしよう

    テニスを強くなるために、トレーニングを頑張りたい。そう思っても…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

    練習は、厳しく。でも、実際にどういう目的、感覚で練習すれば試合…

  6. テニス イベント

    練習メニュー

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない

    何度か書いてきたことですが、もう一度、大事なことですので。自分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスがプレー出来るというのは、「当たり前」では無いということ
  2. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る
  3. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ
  4. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
  5. テニス 前衛

    ストローク

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる
PAGE TOP