その他

「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!

選手にとって体調管理はとても大事なこと。

そして体調管理の基本はなんと言っても食べること。

ちゃんとバランスの良い食事をしっかり摂らないと、いいパフォーマンスが発揮できない。

 

「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!

 


 

となると、外食で好きなものばっかり食べてちゃ偏るから、自炊するのが一番。

でも実際、自炊の生活は厳しい。

俺の場合は、子供の頃から親が台所に立たせてくれていたから料理を覚え、18才で上京して寮に入る時には、何とかご飯は作れる状態になっていたけど、それでも初めて仕事で19時半にナイターレッスンを終え、寮まで自転車で帰る途中にスーパーで買い物して、それから寮の台所で晩ご飯を作った時は「母親ってなんてありがたいんだろう」ってしみじみ感じた。

ウチに帰ると温かいご飯が用意されていることが当たり前という環境に慣れていたから、料理できるといっても自炊はきつかった

しかし19時半にナイターレッスンを終えて20時過ぎに寮の台所に立つ・・・なんてことがキツいって最初は思っていたのに、それから段々レッスン数が増えてくると寮の近くのスクールだけじゃなくて、電車で1時間以上のスクールにも行かなきゃいけなくなり、帰宅は更に遅くなる。

そうなると、ナイターレッスンが21時半に終わり、それから電車に乗って寮に帰ると23時。

それから台所に立ってお米をといでいると、そんな状況にいる自分が辛くて辛くて、思わず泣きそうになったのを、今でも覚えている。

じゃあ外で食べて帰ればいいじゃないか・・・と言われても、その頃は給料を遠征費につぎ込んでいたので超貧乏だったし、何より食べる量が異常だったので、自炊しないととてもじゃないけど足りなかった。

でもそういう環境にも人間は慣れるもんだね

夜遅くても平気で台所に立てるようになったし、料理が手早くなったうえにレパートリーも増え、そのうち他の寮生のご飯まで作ってあげるようになっていった。

でも自炊慣れして本当に良かったって思ったのは海外に行った時だね。

アメリカにいる時もスペインにいる時も、やっぱり長期滞在していると日本食が恋しくなる。

どこにでも醤油なんかは売っているので、和食は簡単に作れるし、中華食材店などにはアズキなんかもあったからアンコも作ったりしたよ。

とにかく自炊することで、バランスのいい食事を摂り続けることが出来た上に、経済的にもかなり助かった

でもそれだけじゃなく、自炊することで寮にいる時は皆でご飯を囲むことが出来たし、海外にいる時には色んな選手が俺のアパートに遊びに来てくれたことが何より嬉しかった。

自炊は最高のコミュニケーション手段であり、色んな不安やストレスを解消してくれるって確信したよ。

テニスが上達するには色んな要素が必要だけど、料理っていうのもテニスには必要なんじゃないかな・・・って思うんだけど。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

 

■メールマガジンでも配信中です

メルマガ購読・解除

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ミーティング
  2. テニス センス

    その他

    テニスでは、「素直になれないオジサン」が一番損すると思う

    長くテニスを続けていると、感じることがあります。「この人は上達…

  3. テニス メンタル

    その他

    「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ

    今週は大阪で仕事があった。高校の授業の中で講義をするのだ。…

  4. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

    テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。少な…

  5. テニス メンタル

    その他

    「ラケットバッグの汚れ、どう落とす?」数か月に1回くらいはキレイにしましょう!

    学生の皆さんは、テニスの試合のときだけでなくもしかしたら通学もラケバと…

  6. テニス メンタル

    その他

    「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ

    大会で、勝ち進んでいくということ。みなさんにとって、これは目指…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です
  2. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい
  3. テニス メンタル

    テニス知識

    「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になる
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追…
  5. テニス メロブ

    ストローク

    「自分のボールは良い場所にコントロール出来る」で考える癖を
PAGE TOP