テニス メンタル

ストローク

将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

最近頂いたご質問の中で、「大学生になったらテニスコーチのアルバイトをしたいのですが、何か身に付けておくことはありますか?」という内容でした。

私はシンプルに、この技術だけ練習しておくと良いでしょう。

きっとアルバイトだけじゃなく、自分のテニス向上のためにも必要だと思います!

 

将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

 

1.両手バックハンドが多い、時代だからこそ

片手バックハンドの選手、減少傾向にあります。

特に女性選手だと、プロ選手で片手バックハンドストローク、ボレーを実践している選手は限られている。

限られているからこそ、そこに価値があると私は思っています。

実際に片手バックハンドストローク、打ってみて下さい。

ソフトテニス経験者の方でも、硬式テニスは難しい。

しっかりスピン回転をかけて振り切る、には相当練習しないといけません。

打ち方からグリップまで独特、ですから。

これを研究していく過程こそ、実はテニスコーチにとって大事な経験になるのです。

 

2.「出来ることしかやらない」選手が、テニスコーチなんて絶対務まらない

私は、そうこう思います。

自分で新しいことにチャレンジしない、研究意欲が無い人が、人にテニスを教えるなんて出来ない。

自分がトライしてみるからこそ、出来ない人の気持ちが分かるし、出来た時の嬉しさが感じられる。

自分で経験してきたことは、自信を持って伝えられる。

意外と、自分のことに精一杯で出来ることだけやっている、練習している無難なテニス選手は多いですよね。

テニスコーチ、を志すなら自分自身を変えていかないと。

新しいこと、例えば片手バックハンドストロークでも、どんどんチャレンジしてみることが大事なんです。

 

3.「片手」を身に付けていると、もう1つの大きなメリットが!

「新しいことにチャレンジする、覚える」こと以外も、片手バックハンドを身に付けるメリットはあります。

それは、片方の手でたくさんのボールを持って、生徒とラリー出来る、という点。

初心者の方とのラリーでは、なかなか生徒さんも上手く続かない。

そこで一回一回、ボールカゴに取りに戻っていたらきりが無いし、生徒も委縮するだけ。

両手バックハンドストロークしか打てないと・・・・常に両手を空けていないと、ラリー出来ない。

これだとレッスンは厳しい、と思います。

 

難しいことにチャレンジしていく、ことは意識しないと出来ない。

「テニスコーチにチャレンジしたい」のを良いきっかけに、出来ると良いですね。

今思い出しても、コーチってテニスの特権です。

学生のうちからチャレンジ出来て、幅広い人と一緒に仕事が密に出来る。

片手バックハンド一つ、ですが、すごく大事にして欲しいことだと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス 壁打ち

    ストローク

    構え直しのリズムを見直したいなら、壁打ちでペースを上げてやってみよう

    ストロークの構え直しが遅い人、遅いと感じている人。そんな人は、…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークを打つ上での基本、「腕を伸ばして打点を前」を確認しておくとライジングショットも打ち…

    ストロークを攻撃的に改良していきたい、と考えている人は、しっかり「一番…

  3. テニス スマッシュ
  4. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイントです

    学生の皆さんの中には、バックハンドストロークを片手で頑張っている方も多…

  5. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って打とう!

    相手がネットに出て来たら、いつもパッシングショット狙い。これでは確…

  6. ストローク

    「腰が引けてるよ!」テニスの試合でストロークが安定しない人の共通点とは?

    シングルスの中の繋ぎのショットってかなり重要である。ダブルスだった…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習
  2. メンタル

    テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必…
  4. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に観るフェデラー選手の変化できる凄みとは?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに意識したいのは、「トスアップをした腕」の方でしょう
PAGE TOP