テニス ガット

ボレー

ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から作っていこう

テニスはどんどん、自分の役割が変わるスポーツ。

硬式テニスでは前衛も後衛も、両方こなさないといけないスポーツですから、尚更です。

そうなると・・・ボレー、ストローク、サーブ、リターン、それぞれラケットの握り方が微妙に違いますよね。

そしてそのチェンジ、がしっかり流れの中で出来ているでしょうか?

 

ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から作っていこう

 

1.ボレーのグリップが怪しい人、多数!

ストロークから前に出る、ときに自然にグリップチェンジが出来ているかどうか。

これは、非常に怪しい人が多いです。

ストロークの握りのままでボレー、も出来なくはないですが・・・中級者以上で並行陣、スライスの効いたネットプレーを入れていくなら難しい。

しっかりボレーに適したグリップ、に自分から変えていかないと上手くいかない。

ボレーが苦手な人は、この流れの中でのグリップチェンジ、をまず意識してみましょう。

 

2.いつでもラケットは、「ニュートラル(中間)」な状態に

テニスは、いつ前か後ろか、ボレーかストロークか・・・どんなボールが来るのか分からない。

当たり前ですよね・・・「次、ドロップ打ちます!」と言って打つ相手はいないし、なるべくばれないように騙そうとして隠す。

つまり、後ろのベースラインにいるときからしっかり「ニュートラルなグリップ」で待てるようにしておかないと、浅いボールに対応が遅れる。

ゴリゴリのストローカーでも、上手い選手はしっかりニュートラルなグリップで、クルクルラケットを回しながら構えてますよね。

この意識、流れの中で前に出たり、後ろでストロークしたりするのに非常に大事な考え方です。

 

3.ニュートラルグリップは、「疲れない」のが魅力!

何より、楽なんです。

力を入れていない、握り込んでいないグリップですから、すごく楽。

長い試合でも疲労度が違いますし、握力を消耗しない。

テニスって、ボールを打っていない時間の方が圧倒的に長いですからね。

ムダな体力を消耗しない為にも、しっかりニュートラルグリップ、意識しましょう。

脱力して、利き腕出ない手でラケットのスロート部分を軽く握る。

この意識で、グッとテニスプレイヤーらしくなれるはずです。

 

ラケットをクルクルと回す、フェデラー選手のような光景をよく観ると思います。

あれこそ、まさに「色々なグリップで対応出来る」という準備。

パッと握って、ボレー、ストローク、と調整出来るので、反応も速い。

練習からぜひ、意識して実践していきましょう。

流れに慣れないと、試合でパッと出来ませんよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」が打てれば反撃できる…

    ダブルスでの試合、前衛にいるときには相手の前衛に攻撃されるケースも多い…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

    テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?私…

  5. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK

    速いボールを、ボレーする。この時に、いかにリラックスして対応出…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。また…

特集記事

  1. テニス 壁打ち

    ストローク

    構え直しのリズムを見直したいなら、壁打ちでペースを上げてやってみよう
  2. ロブ

    ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について
  3. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」にしたい人に贈る、試合に勝てるサーブの考え方とは?
  4. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番
  5. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です
PAGE TOP