テニス ガット

ボレー

ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から作っていこう

テニスはどんどん、自分の役割が変わるスポーツ。

硬式テニスでは前衛も後衛も、両方こなさないといけないスポーツですから、尚更です。

そうなると・・・ボレー、ストローク、サーブ、リターン、それぞれラケットの握り方が微妙に違いますよね。

そしてそのチェンジ、がしっかり流れの中で出来ているでしょうか?

 

ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から作っていこう

 

ボレーのグリップが怪しい人、多数!

ストロークから前に出る、ときに自然にグリップチェンジが出来ているかどうか。

これは、非常に怪しい人が多いです。

ストロークの握りのままでボレー、も出来なくはないですが・・・中級者以上で並行陣、スライスの効いたネットプレーを入れていくなら難しい。

しっかりボレーに適したグリップ、に自分から変えていかないと上手くいかない。

ボレーが苦手な人は、この流れの中でのグリップチェンジ、をまず意識してみましょう。

 

いつでもラケットは、「ニュートラル(中間)」な状態に

テニスは、いつ前か後ろか、ボレーかストロークか・・・どんなボールが来るのか分からない。

当たり前ですよね・・・「次、ドロップ打ちます!」と言って打つ相手はいないし、なるべくばれないように騙そうとして隠す。

つまり、後ろのベースラインにいるときからしっかり「ニュートラルなグリップ」で待てるようにしておかないと、浅いボールに対応が遅れる。

ゴリゴリのストローカーでも、上手い選手はしっかりニュートラルなグリップで、クルクルラケットを回しながら構えてますよね。

この意識、流れの中で前に出たり、後ろでストロークしたりするのに非常に大事な考え方です。

 

ニュートラルグリップは、「疲れない」のが魅力!

何より、楽なんです。

力を入れていない、握り込んでいないグリップですから、すごく楽。

長い試合でも疲労度が違いますし、握力を消耗しない。

テニスって、ボールを打っていない時間の方が圧倒的に長いですからね。

ムダな体力を消耗しない為にも、しっかりニュートラルグリップ、意識しましょう。

脱力して、利き腕出ない手でラケットのスロート部分を軽く握る。

この意識で、グッとテニスプレイヤーらしくなれるはずです。

 

ラケットをクルクルと回す、フェデラー選手のような光景をよく観ると思います。

あれこそ、まさに「色々なグリップで対応出来る」という準備。

パッと握って、ボレー、ストローク、と調整出来るので、反応も速い。

練習からぜひ、意識して実践していきましょう。

流れに慣れないと、試合でパッと出来ませんよ。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    「上半身から反応するボレー」だと、軽いスライスしかかけられない・・・変えるには、下半身から!

    人は無意識のうちに、上半身中心の生活になっています。元々、人間…

  2. ボレー

    「テニスでは意外とコレが難しい!」ハイボレーを安定させるコツのまとめ記事7つ

    簡単そうに見えて、試合ではまったく使い物にならない・・・。そんなシ…

  3. ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認

    ボレーはどういう練習をしている?ボール出し練習?ボレーストロー…

  4. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打つ」ことが大事!

    ネットに詰めての決定力のあるボレー、はつなぐボレーとどこが違うのか。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?

    ダブルスの前衛ですごく積極的に動いてボレーに出てくれるけど、なかなか「…

  6. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇的に広がる!

    ネットプレー、ボレーは攻撃的なイメージが強いですが、守備的な側面も大き…

特集記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 水分補給
  3. テニス 暑さ対策
  4. テニス 多動力
  5. テニス バナナウェイト
  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習での的の作り方」を工夫すれば、誰でも実践的で狙う意識と成功体験を養え…
  3. テニス 前衛

    ストローク

    テニスの試合で攻撃していくときには、「直前に打つコースを決める」感じだと上手くい…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる
  5. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、スライスでさばく技術が無いとリターンで苦労する
PAGE TOP