ストローク

「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち方に!

「フォアハンドストロークに悩み始めたら一人前」

そういう言葉を聞いた事がある。

 

「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち方に!

 

バックハンドよりもボールをラケットに当てやすく、ボレーよりもストロークの方がラリーとしては優しいので、まだ体全体をスムーズに使えない初心者にとって、右手一本(左利きは左手)で器用に当てて返球出来るフォアハンドストロークは皆最初、頼りになるショットと思っただろうね。

でもこの「右手一本で返球できる」という楽チンな条件が逆に落とし穴になり、ある程度は器用に返球出来るが、ショットの成長は他のショットに比べて少ない場合がある。

バックハンドやボレーなんかがどんどん出来るようになって、ショットの質が成長し始めてきたのに、フォアハンドストロークは最初に手だけで誤魔化して返球する事を覚えてしまったから、どうしても手先で器用に返すことしか出来ないのだ。

そういう「返球出来るが誤魔化してしまう」、というフォアハンドストロークで悩んでいる人は大抵、ショットの準備が遅いのと、体の向きが正面向き過ぎていることが多い

最初に右手一本だけで返球してたから、どうしても右手しかボール来た時に反応してくれない。

その分どうしても体の向きが正面気味になりやすくて、しっかりスウィングのフォアハンドストロークになりにくい。

しっかり振れないと当然回転もかけ辛くてアウトも増える。

正面向きだと横振りになるから、左右のコントロールも定まりにくいしネットもしやすい

すると余計にラケットが振れなくなる。

そういう不安が積み重なると、「ボールをよく見なきゃ」と思って、バウンドするまでジッと見てから準備してしまう癖が付き、結局準備の遅いフォームが固まってしまうのだ。

重要な事は「体全体を使う」ということである。

体全体とは、まず足!

オープンスタンスとクローズスタンスで異なるが、軸となる足でしっかり地面を踏んで蹴り上げることを覚えよう。

足を使おうとすると準備も早くなるし、身体の向きも作りやすいので左右へ打ち分けるコントロールも楽になる。

しかも上に蹴り上げるからラケットもしっかり持ち上がり、スムーズに回転を掛けられるし、ネットにも引っ掛かりにくくなる。

テニスって最初「ミスしないように」って思って、手打ちのショットを覚えやすい。

そうなると段々上達して来た時、その器用な手打ちショットから脱却しなきゃいけなくなる。

フォアハンドストロークは特にそれがあるから、皆も常に体全体、特に足を使った打ち方を意識して練習しておこう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

 

■メールマガジンでも配信中です

メルマガ購読・解除

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには、ラケットヘッドは「フォロースルーで前に出さない」ことに尽きる

    ストロークを打つ構えから、スッ・・・とドロップショット、試合で使いたい…

  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」打ち終わりを意識してみよう

    ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。…

  3. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開していくことが大切です

    シングルスでも、ダブルスの雁行陣でも「前」は大きな穴になりかねません。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから

    ストロークの威力をアップさせようと、試行錯誤。グリップにスウィ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手があえて空けている、フォアハンド側に簡単に打ってはいけない

    シングルスの試合で、相手がフォアハンド側を空けて待っている。分…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさ…
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!
  4. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルフォルトが止まらないときは、「自分の作戦が決まっていない」ときが多い
  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    最初にアウトだと思っても、「結果的に入っても取れる」フットワークを癖付けよう
PAGE TOP