テニス ストローク

ストローク

厳しいボールをスライスで返球するときほど、しっかり肩を入れて上からラケットを入れよう

シングルスの試合では、厳しいボールを追いかけることも多い。

2バウンド、ギリギリで触って・・・しかもしっかりスライス回転をかけてストロークで返球、する機会がありますよね。

このときに、しっかり意識したいのは「浮かない」スライスを打つということ。

追い込まれているからこそ、回転をかけて時間を稼ぐ。

そんなスライスに、必要な意識はコレです。

 

厳しいボールをスライスで返球するときほど、しっかり肩を入れて上からラケットを入れよう

 

1.相手に背中を向けて、2バウンドギリギリでキャッチ!

慌てず、しっかり追いかける。

そして相手方向、つまり打つ方向に対して背中を向けて肩を入れる。

厳しいボールを追いかけた時ほど、この感覚は大事です。

どうしても、前を向いて何となく腕だけを伸ばしてスライス、にしたいじゃないですか。

厳しいときは、特にそう。

でも、それでは浮いた軽いスライス、しか打てないので結局攻められて終わり、です。

 

2.打点に対して上から入るスライス、を覚えよう!

ポワーンとしたスライス、にしないためには、打点に対して上から入ること。

まずはこれが第一、です。

2バウンドギリギリ、まで地面スレスレまで引き付けてみると、上手く打てると思います。

上から入れば、ボールはそんなに浮かない。

そしてしっかり回転量も増えるので、戻る時間が稼げる良いスライスになるでしょう。

 

3.相手が前に出て来ていても・・・大丈夫!

上手い、強い相手なら、きっとアナタを走らせたときには前にいる。

ネットプレーの態勢を取られていても、慌てる必要はありません。

ここでしっかり回転量が多い、低いスライスを打てれば、低いボレーになるのでそう簡単には決められない。

相手がネットにいるからといって、安易にロブのような選択肢に頼らないように。

相手の思うツボ、ですからね。

しっかり低い、遅いスライスで足元でボレーさせる、くらいでちょうど良いでしょう。

 

厳しいボールを追いかけながらも、頭は冷静に。

しっかり上から入る、地面スレスレで打つ、くらいの意識で「引き付ける」意識を持ちましょう。

特に男性の方は、しっかり肩を入れること。

スライスを浮かせない技術、シングルスのコートカバーには欠かせません。

 

今回のまとめ

しっかり肩を入れて地面スレスレ、でスライスを打てれば、浮かない守備的なストロークが打てる!

 

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. ストローク

    「ビビった時のスライス、大丈夫?」テニスの試合で深く伸びるスライスを打つ為には?

    テニスの試合中、ビビってしまうことはよくある。ビビった状態でストロ…

  2. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が変わるから

    試合の中で、本当に大事な試合の中で、ドロップショットを打ったことはあり…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに力強い伸びが欲しい人は、フラフラ動きながら打つのを止めてみよう

    自分のストロークに、「力強い伸び」が足りないと感じている人。た…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、そろそろ卒業しましょう

    何となく、で済ませている問題。この夏の間に、しっかり自分の納得…

  6. ストローク

    「取らせるロブ」を身に付けることでネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です
  2. テニス ストローク

    サーブ

    「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てな…
  3. ボレー

    「ロブじゃない!って思ったら・・・」テニスは思い切ったネットへのダッシュが求めら…
  4. テニス

    戦術

    「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方
  5. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もった…
PAGE TOP