テニス サーブ

サーブ

サーブを打つときに、相手のフォアハンド狙いを大事なポイントに取っておこう

サーブは相手のバックハンド狙いが基本。

でも、それしか練習していないと実戦でサービスゲームで苦労するでしょう。

当然、相手もしっかりケアしている。

大事なのは、しっかりとフォアハンド側にも良いサーブが打てるかどうか、です。

 

サーブを打つときに、相手のフォアハンド狙いを大事なポイントに取っておこう

 

1.相手リターンのポジション、よーく見てみよう

恐らく、ほとんどの選手がフォアハンド側を空けている。

プロ選手のリターン位置よりも、だいぶずれているはずなんです。

それくらい、少しでもフォアハンドリターンがしたい、バックハンドで処理したくない、という魂胆が見え見え。

そんなところにバックハンド狙いのサーブを打っても、効果は薄い。

もちろん、安定してバックハンド狙い、がサーブの基本です。

でもつい狙い過ぎてフォルト、してしまう可能性も高い・・・ですしね。

それだけだと、行き詰ってしまうでしょう。

 

2.フォアハンド側に、スライスサーブを打とう!

右利き同志、であればスライスサーブが有効。

フォアハンド側に切れていくサーブは、スペースも空けてくれているので打ちやすい。

しっかり振り切れば、良いコントロールとキレが生まれる。

このサーブ、ぜひ試合の「大事なポイント」で取っておいて使って欲しい。

私は、40-15のようなポイントのファーストサーブ、で使います。

デュースサイドからワイドに、ほとんどの人がこのコースを空けている。

だからこそ有効だし、そのままサービスエース級のショットでゲームになっていけば、リズムにも乗れますしね。

 

3.サービスエースに、スピードは必要無い

これは、断言できます。

スピードでエース、は取ってもあまり嬉しくない。

だって、安定して自分が打てる訳では無いし、相手も警戒度を増してポジションを下げてきますからね。

むしろ、少し遅くてもコントロールで取ったエース、触られても返球出来ないようなサーブ、はすごく有効。

相手は警戒してくれて、バックハンド側へのサーブも有効になりますからね。

フォアハンド側へのサーブ、私は価値が見落とされているように思います。

 

普段のサーブ練習から、ぜひリターンを立たせて練習して欲しい。

イメージが湧きやすいし、リターン側は実際にどこに立っているのかを考える良いきっかけになる。

苦手意識、がそのままポジショニングに現れてはいませんか?

試合で相手に、狙われないように。

そして自分は、しっかり狙っていけるようにしていきましょう!

 

今回のまとめ

リターンでフォアハンド側を空けている相手を見抜いて、スライスサーブで狙っていこう!

 

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします

    特に男性の方は、自分のサーブにこだわりがある方は多い。屈強な体…

  3. サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように!

    サーブが入らないと試合にならない。そんなこと、誰でも知っている…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しましょう

    試合に強い選手は、数字に強い。試合内容で自分が把握している数字…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

  6. テニス 練習

    サーブ

    ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

    ファーストサーブを、パサッとネットする。何気ない光景のようです…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「どうしてもポーチに積極的に出れない人」は、基本的に全てのボー…
  2. テニス サイト

    その他

    テニスフリークならチェックしておきたい!テニス情報サイトとは?
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの「ウォーミングアップだけ」じゃもったいない!ショートラリーを活用した練習…
  4. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリター…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!…
PAGE TOP