テニス 環境

日々の雑記

後輩来た道、先輩ゆく道

もうすぐゴールデンウィーク。

既に連休がスタートしている方も多いと思います。

テニス部ではやっと落ち着いて、これからインターハイ予選、大学生はまさに今がインカレの地区予選、ですかね。

新しい環境の部活の中で、たくさん悩んだり落ち込んだり、する方も多い・・・かも知れませんね。

 


 

Twitterのメッセージやアンケートでも、たくさん頂くお悩みの一つが「人間関係」。

先輩や後輩、と上手くいかない。

雰囲気が悪い・・・と感じているけど、どうして良いか分からない・・・という方が多いように感じます。

私も当然、経験あります。

そんなときに助けになった言葉があります。

すごく単純な話なんですが。

 

「子供来た道、年寄ゆく道」

 

という言葉。

これは、子供時代はたくさんの人に迷惑をかけて支えられてきたし、老人になってからはまた多くの人に迷惑をかける、支えられないと生きていけない自分になる。

だからこそ、今は両者に対して優しく、思いやりをもって接していくことが大事、という意味。

学生ながらになるほどな、と感じたのを覚えています。

これって、先輩後輩、の関係にも当てはまるなと。

自分が後輩、つまりは1年生だったころには色々な人に迷惑をかけ、教わり、試合でも引っ張っていってもらう。

だからこそ、今の自分は何かを恩返しするつもりで、1年生に接して部活に貢献しようと頑張りたい、という気持ちが沸いて来る。

 

これから上級生、つまり先輩になると考えたら、「こんな後輩いたら、面倒だな・・・」と自分が思わない、ような後輩に今変化しておく。

そう考えると、先輩の立場に立って考えて、「練習メニュー考えたり、手伝えることがあれば言って下さい」の一声が出て来る。

 

小さいことですが、自分が来た道、そしてこれからゆく道、に今いる人に対してどう接していくのか。

これを考えてみると、実は部活の中で自分の役割だったりモチベーション、が見えてくるでしょう。

悩んでいるよりも、行動しよう!

そんな気持ちになれれば、きっと五月病も怖く無い。

 

読者の皆さんも、学生だけでなく色々な立場の方がいるはず。

周りの人を、どう見てどう接していくか。

何かのヒントになれば、と思って書いてみました。

 

連休に試合出る皆さん、急に暑くなってきましたので体調管理、気を付けて下さいね。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. 日々の雑記

    YouTube動画、10,000再生突破しました

    まだまだ・・・全然、小さい数なんですが。昨年の12月から開始…

  2. テニス 部活

    日々の雑記

    なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?

    今日は有明テニスの森公園に行く機会があり、関東学生テニストーナメントを…

  3. テニス 粘り

    日々の雑記

    心の中に、持てる狂気が試合を動かす

    いつもT-PRESSを購読頂きまして、ありがとう御座います。そ…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスを、人に決めてもらってない?

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!そろそろ年始、み…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近の若者は…

    先月も、色々な出会いがありました。特に印象的だったのは、今年…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    1点をチーム全員で争う野球、ほどの怖さはテニスには無いはず

    日本シリーズ、ソフトバンクホークス強かったですね。第6戦は私も…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバラ…
  2. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオスス…
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識
  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である
PAGE TOP