テニス 前衛

テニス知識

将来テニスの指導者になりたい人は、現役のうちから自分の感覚を「言葉」にして発信していこう

読者の皆さんの中にも、今は現役選手だけど将来は指導者になりたい、と思っている方は多いでしょう。

私はそんな皆さんを、心から応援したい。

だからこそ、持って頂きたいのはこの意識。

勉強は引退してから・・・なんて、もったいないですよ。

 

将来テニスの指導者になりたい人は、現役のうちから自分の感覚を「言葉」にして発信していこう

 

1.「言葉にできる」は武器になる

皆さんも、ぜひ意識して欲しい。

指導者になる、目指す人以外にも、きっと現役時代から出来ることがある。

それは、自分の感覚、テニスを「言葉する」ということ。

そしてその言葉にできる、ということは、現役選手だからこそ実践して欲しい。

私はそう心から想うのです。

特に、トップレベルや学生テニス、のような本気で勝ちたいと思って頑張っている人に。

私の言葉よりも、ずっと違う視点でテニスを表現出来るはず。

その経験って、現役時代にしか出来ないことなんですよ。

 

2.現役時代、にしか得ることが出来ない「生の感覚」を大事にしたい

私自身、もっとやっておけば良かったと、心から後悔している。

今、毎日このサイトで記事を更新していますが、それもほとんどが「当時のことを思い出しながら」書いているケースが多い。

当然、今現場でテニスをして得られることも、たくさんネタには出来ます。

でも、学生当時の気持ちや勝ちたい、という感情ってその場でしか思い出せない。

何かに記したり、ブログに書いたり・・・ということが出来ていればと、本当に思います。

まぁ、見れたものでは無いと思うんですけどね・・・。

 

3.言葉にするから、客観性が身に付く

言葉にするから、アナタは自分のテニスを切り離して考えることが出来る。

何となくの感覚、は指導者になってから「言葉」にして伝えることが求められます。

それも、人によって響く言葉は違う。

そう考えれば、たくさんの言葉で表現できるようになっておく、ことも大事ですよね。

私は、だからこそ色々な人に現役選手のころから会って話して、本を読んでおくことをオススメしています。

理由は明白。

たくさんの表現に触れておくことで、自分自身の「言葉」になっていくからです。

 

アナタが思っている以上に、スポーツの指導者って大変。

言葉に出来ない、で悩むことが多いんですよね・・・生徒に伝わらない、何でだろうと悩む。

現役時代に、どう考えて過ごすか、は大事です。

今高校生、大学生の方も、出来ることはたくさんある。

言葉にして、発信していく、ということ。

ぜひ一度、考えてみて下さい。

 

私がオススメしたい本は、コチラです。

 

今回のまとめ

言葉にできる、は間違いなく武器になる

 

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ガット

    テニス知識

    学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

    今回も、私の独断と偏見、そして使ってみた感じでレビューさせて頂きます。…

  2. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

    私が学生時代、高校生の頃は、ヨネックスのシューズを履いている選手が多か…

  3. テニス ダブルス

    テニス知識

    「リラックスして正五角形」が、テニスの試合で基本の構え

    基本となるテニスの構え、皆さんは意識出来てますか?ストロークの…

  4. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスでは、「ラケットとボールが喧嘩しない柔らかさ」を意識していけばタッチが良くなる

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

  5. テニス 試合

    テニス知識

    セルフジャッジが中途半端な人は、いつも試合中にもめてばかり

    昨日まで、私も草トーの大会に出場してました・・・が、やっぱりもめている…

  6. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業が必要になる

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、ス…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合の序盤のファストサーブは、「コース狙いのセカンドサーブ」でちょうど良い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフ…
  3. テニス フットワーク

    ボレー

    ダブルスの試合で、「ポーチに出たのにローボレーになってしまう」のは大問題です!
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    ジャンピングスマッシュの基本、「コートを蹴る足、着地する足」はどちらかをしっかり…
  5. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わす…
PAGE TOP