テニス 前衛

テニス知識

将来テニスの指導者になりたい人は、「言葉」にして発信していこう

読者の皆さんの中にも、今は現役選手だけど将来は指導者になりたい、と思っている方は多いでしょう。

私はそんな皆さんを、心から応援したい。

だからこそ、持って頂きたいのはこの意識。

勉強は引退してから・・・なんて、もったいないですよ。

 

将来テニスの指導者になりたい人は、「言葉」にして発信していこう

 


 

1.「言葉にできる」は武器になる

皆さんも、ぜひ意識して欲しい。

指導者になる、目指す人以外にも、きっと現役時代から出来ることがある。

それは、自分の感覚、テニスを「言葉する」ということ。

そしてその言葉にできる、ということは、現役選手だからこそ実践して欲しい。

私はそう心から想うのです。

特に、トップレベルや学生テニス、のような本気で勝ちたいと思って頑張っている人に。

私の言葉よりも、ずっと違う視点でテニスを表現出来るはず。

その経験って、現役時代にしか出来ないことなんですよ。

 

2.現役時代、にしか得ることが出来ない「生の感覚」を大事にしたい

私自身、もっとやっておけば良かったと、心から後悔している。

今、毎日このサイトで記事を更新していますが、それもほとんどが「当時のことを思い出しながら」書いているケースが多い。

当然、今現場でテニスをして得られることも、たくさんネタには出来ます。

でも、学生当時の気持ちや勝ちたい、という感情ってその場でしか思い出せない。

何かに記したり、ブログに書いたり・・・ということが出来ていればと、本当に思います。

まぁ、見れたものでは無いと思うんですけどね・・・。

 

3.言葉にするから、客観性が身に付く

言葉にするから、アナタは自分のテニスを切り離して考えることが出来る。

何となくの感覚、は指導者になってから「言葉」にして伝えることが求められます。

それも、人によって響く言葉は違う。

そう考えれば、たくさんの言葉で表現できるようになっておく、ことも大事ですよね。

私は、だからこそ色々な人に現役選手のころから会って話して、本を読んでおくことをオススメしています。

理由は明白。

たくさんの表現に触れておくことで、自分自身の「言葉」になっていくからです。

 

アナタが思っている以上に、スポーツの指導者って大変。

言葉に出来ない、で悩むことが多いんですよね・・・生徒に伝わらない、何でだろうと悩む。

現役時代に、どう考えて過ごすか、は大事です。

今高校生、大学生の方も、出来ることはたくさんある。

言葉にして、発信していく、ということ。

ぜひ一度、考えてみて下さい。

 

私がオススメしたい本は、コチラです。

 

今回のまとめ

言葉にできる、は間違いなく武器になる

 

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス 知識

    テニス知識

    「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?

    全豪オープン、残念ながら大坂なおみ選手は2回戦敗退。ですが敗退…

  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「これが意外と使える!」テニスの試合会場で役立つモノ

    テニスの大会では、会場での待ち時間も長くなってしまいがちですよね。…

  3. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

    試合が続く夏場・・・皆さん、夏バテや夏風邪、悩まされていませんか?…

  4. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

    まさにこれからが、夏本番。テニスの試合、苦しい試合の連続・・・…

  5. テニス知識

    大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

    もうすっかり春、そしてこれからは暑い大会シーズンになっていきますね。…

  6. テニス アディダス

    テニス知識

    アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

    以前に書かせて頂きましたが、私は足の甲が広い典型的な日本人ぽい足型。…

特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケット…
  2. サーブ

    シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い
  3. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね…
  4. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します
  5. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう
PAGE TOP