テニス 前衛

テニス知識

将来テニスの指導者になりたい人は、現役のうちから自分の感覚を「言葉」にして発信していこう

読者の皆さんの中にも、今は現役選手だけど将来は指導者になりたい、と思っている方は多いでしょう。

私はそんな皆さんを、心から応援したい。

だからこそ、持って頂きたいのはこの意識。

勉強は引退してから・・・なんて、もったいないですよ。

 

将来テニスの指導者になりたい人は、現役のうちから自分の感覚を「言葉」にして発信していこう

 

1.「言葉にできる」は武器になる

皆さんも、ぜひ意識して欲しい。

指導者になる、目指す人以外にも、きっと現役時代から出来ることがある。

それは、自分の感覚、テニスを「言葉する」ということ。

そしてその言葉にできる、ということは、現役選手だからこそ実践して欲しい。

私はそう心から想うのです。

特に、トップレベルや学生テニス、のような本気で勝ちたいと思って頑張っている人に。

私の言葉よりも、ずっと違う視点でテニスを表現出来るはず。

その経験って、現役時代にしか出来ないことなんですよ。

 

2.現役時代、にしか得ることが出来ない「生の感覚」を大事にしたい

私自身、もっとやっておけば良かったと、心から後悔している。

今、毎日このサイトで記事を更新していますが、それもほとんどが「当時のことを思い出しながら」書いているケースが多い。

当然、今現場でテニスをして得られることも、たくさんネタには出来ます。

でも、学生当時の気持ちや勝ちたい、という感情ってその場でしか思い出せない。

何かに記したり、ブログに書いたり・・・ということが出来ていればと、本当に思います。

まぁ、見れたものでは無いと思うんですけどね・・・。

 

3.言葉にするから、客観性が身に付く

言葉にするから、アナタは自分のテニスを切り離して考えることが出来る。

何となくの感覚、は指導者になってから「言葉」にして伝えることが求められます。

それも、人によって響く言葉は違う。

そう考えれば、たくさんの言葉で表現できるようになっておく、ことも大事ですよね。

私は、だからこそ色々な人に現役選手のころから会って話して、本を読んでおくことをオススメしています。

理由は明白。

たくさんの表現に触れておくことで、自分自身の「言葉」になっていくからです。

 

アナタが思っている以上に、スポーツの指導者って大変。

言葉に出来ない、で悩むことが多いんですよね・・・生徒に伝わらない、何でだろうと悩む。

現役時代に、どう考えて過ごすか、は大事です。

今高校生、大学生の方も、出来ることはたくさんある。

言葉にして、発信していく、ということ。

ぜひ一度、考えてみて下さい。

 

私がオススメしたい本は、コチラです。

 

今回のまとめ

言葉にできる、は間違いなく武器になる

 

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. 製氷機

    テニス知識

    これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

    これからの時期、とにかく暑い毎日・・・ですよね。部活でもサーク…

  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「この暑さを乗り越える!」テニスの試合で必要な熱中症対策5つ

    毎日暑い日が続いてますが、この夏こそテニスの強さが問われるシーズン。…

  3. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ

    暑い時期の試合、食欲も無くてどうしよう・・・と思いながら、試合会場へ。…

  4. テニス 多動力

    テニス知識

    多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

    私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。その頃の話題の中心、…

  5. テニス 暑さ対策

    テニス知識

    水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

    もう・・・とにかく暑い毎日、ですよね。テニスを夏場にやるのって…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスでは、「ラケットとボールが喧嘩しない柔らかさ」を意識していけばタッチが良くなる

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で…
  2. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備…
  3. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
  4. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも
  5. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想
PAGE TOP