テニス 団体戦

サーブ

サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!

試合のときに、サーブを打つボールを選ぶ。

「そんなの、プロ選手だけでしょ・・・」と思った方、意識を変えましょう。

テニスのレベルに関係なく、ボールの感覚に敏感になることは大事です。

 

サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!

 

1.ボールの摩耗に敏感になろう

普通、試合は2球のボールを使っていきますよね。

キレイなボールほど球速が出やすい、毛羽立っている消耗が激しいボールほど、飛び辛くなる。

回転量が多いショットを打っていると、1セットマッチでも後半ではボールの消耗に差が出ます。

そのとき、しっかりボールを選んでサーブを打つ。

これには、アナタ自身の「意志」がこもっているのです。

 

2.キレイなボールで打つ、だけが能じゃないはず

私は、自分がサーブを打つときに基本的にはキレイなボールをファーストサーブで選ぶ。

入れば球速も出やすいし、サーブ側の優位を保ちやすい。

でも、調子が悪いときや、相手の調子が良い、ストロークで押し込まれているときには、毛羽立ったボールを意図的に使うこともあります。

ラリーに持ち込んで、粘るプレーがしたいとき。

そんなときには、摩耗が激しいボールの方が良い。

気持ちの問題?

でもそれって、アナタ自身が選ぶからこそ、生まれる価値だと思いませんか?

 

3.自分の気持ちを整理して、ハッキリさせるルーティーン

試合は緊張しますし、ましてやサーブだとより緊張感は高まる。

でも、この「ボールを選ぶ」という行為、ルーティーン一つで結構落ち着いたりもします。

自分の作戦、意図をしっかり確認出来るし、自分のペースで試合が出来る。

こんな小さいことでも、しっかりアナタ自身見つめ直すことでメンタル強化にもなるはず。

騙されたと思って試してみて下さい。

サーブを打つ前に、しっかりボールを選ぶ。

自分の試合に、どこか良い雰囲気が出て来ると思いますよ。

 

プロ選手の試合を観ていると、気になりますよね、このボール選び。

気にならない、という方は・・・もっと細かい部分、テニスの試合で観察してみましょう。

そして、どんどん真似してみる。

試合に強い人、勝てる人の行為、動作はどんどん盗みましょう。

何度も書いてきましたが、その雰囲気に実力が付いて来る、はずです。

 

今回のまとめ

サーブを打つ前にボール選びをしっかりやる、ことで精神的に落ち着いてメンタル強化にもなる

 

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 走力
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない

    当たり前・・・とも言えるかも知れませんが、なかなか難しい問題。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?

    試合でのセカンドサーブ、に課題を感じている人は多い。色々工夫す…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス メンタル

    サーブ

    狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ

    サーブを打っていく上で、自分の狙ったコースに打てない人は、試合で厳しい…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう

    サーブのトスアップ、みなさんはどの程度「やり直す」ことがありますか?…

特集記事

  1. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー
  2. テニス フットワーク

    ボレー

    身体の正面を突かれたボレーを、「シンプルにバックボレーで返球する」為の必要な意識…
  3. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ
  4. テニス 環境

    メンタル

    テニスでも、「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星なはず
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出…
PAGE TOP