テニス 団体戦

サーブ

サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!

試合のときに、サーブを打つボールを選ぶ。

「そんなの、プロ選手だけでしょ・・・」と思った方、意識を変えましょう。

テニスのレベルに関係なく、ボールの感覚に敏感になることは大事です。

 

サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!

 

1.ボールの摩耗に敏感になろう

普通、試合は2球のボールを使っていきますよね。

キレイなボールほど球速が出やすい、毛羽立っている消耗が激しいボールほど、飛び辛くなる。

回転量が多いショットを打っていると、1セットマッチでも後半ではボールの消耗に差が出ます。

そのとき、しっかりボールを選んでサーブを打つ。

これには、アナタ自身の「意志」がこもっているのです。

 

2.キレイなボールで打つ、だけが能じゃないはず

私は、自分がサーブを打つときに基本的にはキレイなボールをファーストサーブで選ぶ。

入れば球速も出やすいし、サーブ側の優位を保ちやすい。

でも、調子が悪いときや、相手の調子が良い、ストロークで押し込まれているときには、毛羽立ったボールを意図的に使うこともあります。

ラリーに持ち込んで、粘るプレーがしたいとき。

そんなときには、摩耗が激しいボールの方が良い。

気持ちの問題?

でもそれって、アナタ自身が選ぶからこそ、生まれる価値だと思いませんか?

 

3.自分の気持ちを整理して、ハッキリさせるルーティーン

試合は緊張しますし、ましてやサーブだとより緊張感は高まる。

でも、この「ボールを選ぶ」という行為、ルーティーン一つで結構落ち着いたりもします。

自分の作戦、意図をしっかり確認出来るし、自分のペースで試合が出来る。

こんな小さいことでも、しっかりアナタ自身見つめ直すことでメンタル強化にもなるはず。

騙されたと思って試してみて下さい。

サーブを打つ前に、しっかりボールを選ぶ。

自分の試合に、どこか良い雰囲気が出て来ると思いますよ。

 

プロ選手の試合を観ていると、気になりますよね、このボール選び。

気にならない、という方は・・・もっと細かい部分、テニスの試合で観察してみましょう。

そして、どんどん真似してみる。

試合に強い人、勝てる人の行為、動作はどんどん盗みましょう。

何度も書いてきましたが、その雰囲気に実力が付いて来る、はずです。

 

今回のまとめ

サーブを打つ前にボール選びをしっかりやる、ことで精神的に落ち着いてメンタル強化にもなる

 

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!

    スピンサーブの回転量は、そのままサービスキープの安定感に直結する。…

  2. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう

    普段何気なくやっている、サーブ練習。ほとんどの場合、みなさんも…

  3. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

    速いサーブを安定して入れることが出来る人、はどんなことを意識しているの…

  4. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも

    サーブが苦手・・・な人が、よく持つ感想としてこんな話を聞きます。…

  5. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由について

    プロテニス選手がサーブを打つ時、しっかりボールを選んでいる。一般の…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

    セカンドサーブは確率重視。実際に、コースを狙ったりするのは難し…

特集記事

  1. ストローク

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要があると覚悟しよう
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合で、「前衛の足元にぶつけるポーチボレー」だけだと、試合後半は通用し…
  4. テニス メンタル

    その他

    大事な試合の前には、「大事な人への感謝の気持ち」を一筆したためよう
  5. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう
PAGE TOP