テニス ストローク

ストローク

テニスの試合、ストロークのコース変更は「打つ直前には出来ない」と考えて良い

前衛で、動きが遅い、なかなか触れない人は、考えて欲しい。

相手を、過大評価していること、に気付かないと損。

ストロークって、そんなに自由に打ち分けられる・・・ものでは無い、んです。

 

テニスの試合、ストロークのコース変更は「打つ直前には出来ない」と考えて良い

 

1.自分に置き換えて、考えてみよう

アナタはストローク、どのタイミングでコース変更出来ますか?

相手のボールの深さ、速度にもよると思いますが、意外と「早いタイミングでコースを決める」ことが多くないですか?

私は、テイクバックした段階で、ほぼ打つコースは決まっている。

そしてそれは、基本変えない。

というよりも、変えられないのです。

 

2.前衛にいると、相手が「どこにでも打てる」と思ってしまう

ストレートを抜かれる恐怖症になっている人は、こういう感覚の人が多い。

「自分が動いたら、逆に打たれるんじゃないか」と思い込んでいる。

でも、実際はそんなことは無い。

相手が見えても、ストロークの打つコースを変えることなんて簡単には出来ない。

テイクバック時点で、打点もフォロースルーもイメージして準備している、だからこそ前衛はポーチに出れる。

相手が打つ前に、動き出して良い。

コースを変えることがギリギリで出来る、そんな器用な選手は少ないのです。

 

3.コースを隠す、にはどうすれば良いのか?

では・・・ちょっと、考えてみましょう。

コースを隠す、どこにでも打てる準備はどうすれば良いか?

答えは簡単。

速い準備、速いポジショニング、でボールを呼び込むことが一番。

さっき私はテイクバック段階ではコースを決めている、と書きましたが、それは余裕が無いとき。

余裕がある、しっかり構えを早く出来た時には一瞬ですが、ストロークを打ち分けられるタイミングがある。

アナタ自身コースを隠す、ことも大事。

でも相手は・・・そんなに器用に打ち分けることは出来ない、と考えることも大事なのです。

難しいですが、バランスを取って試合に取り組んでみて下さい。

 

相手をしっかり観察する。

「この選手は、どこで打ち分けるタイミングを決めている」のかな?と。

実際には器用な選手もいれば、早く決めて「ショットの威力」で勝負するタイプの選手もいる。

観察してきただけ、経験してきだたけ、アナタの実力になるはずです。

 

今回のまとめ

ストロークの打ち分けは、ギリギリでは出来ないからこそ前衛は速いタイミングで動いて良い!

 

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す

    ドロップショットを、試合の中で使っていく時。この要素を加味出来…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    実際の試合では、調子の悪い相手にだって勝つのは難しい

    先日のダニエル太郎選手の試合、すごかったですね!フルセットでジ…

  4. ストローク

    「ボレー対ストロークのラリー練習」を工夫して、ストロークの応用力を磨くメニューにすると効果的!

    「大人のテニスにやられた・・・」「年上のベテランの人は、どこに打っ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!

    フォアハンドの逆クロスを武器にしたい皆さん、にオススメしたいポイント。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ちに徹するテニスが、楽しいと思えない」のは、自分が本気になるのが怖いからです…
  2. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ
  3. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの
  4. テニス スポーツ

    メンタル

    だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです
  5. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る
PAGE TOP