テニス ストローク

ストローク

テニスの試合、ストロークのコース変更は「打つ直前には出来ない」と考えて良い

前衛で、動きが遅い、なかなか触れない人は、考えて欲しい。

相手を、過大評価していること、に気付かないと損。

ストロークって、そんなに自由に打ち分けられる・・・ものでは無い、んです。

 

テニスの試合、ストロークのコース変更は「打つ直前には出来ない」と考えて良い

 

1.自分に置き換えて、考えてみよう

アナタはストローク、どのタイミングでコース変更出来ますか?

相手のボールの深さ、速度にもよると思いますが、意外と「早いタイミングでコースを決める」ことが多くないですか?

私は、テイクバックした段階で、ほぼ打つコースは決まっている。

そしてそれは、基本変えない。

というよりも、変えられないのです。

 

2.前衛にいると、相手が「どこにでも打てる」と思ってしまう

ストレートを抜かれる恐怖症になっている人は、こういう感覚の人が多い。

「自分が動いたら、逆に打たれるんじゃないか」と思い込んでいる。

でも、実際はそんなことは無い。

相手が見えても、ストロークの打つコースを変えることなんて簡単には出来ない。

テイクバック時点で、打点もフォロースルーもイメージして準備している、だからこそ前衛はポーチに出れる。

相手が打つ前に、動き出して良い。

コースを変えることがギリギリで出来る、そんな器用な選手は少ないのです。

 

3.コースを隠す、にはどうすれば良いのか?

では・・・ちょっと、考えてみましょう。

コースを隠す、どこにでも打てる準備はどうすれば良いか?

答えは簡単。

速い準備、速いポジショニング、でボールを呼び込むことが一番。

さっき私はテイクバック段階ではコースを決めている、と書きましたが、それは余裕が無いとき。

余裕がある、しっかり構えを早く出来た時には一瞬ですが、ストロークを打ち分けられるタイミングがある。

アナタ自身コースを隠す、ことも大事。

でも相手は・・・そんなに器用に打ち分けることは出来ない、と考えることも大事なのです。

難しいですが、バランスを取って試合に取り組んでみて下さい。

 

相手をしっかり観察する。

「この選手は、どこで打ち分けるタイミングを決めている」のかな?と。

実際には器用な選手もいれば、早く決めて「ショットの威力」で勝負するタイプの選手もいる。

観察してきただけ、経験してきだたけ、アナタの実力になるはずです。

 

今回のまとめ

ストロークの打ち分けは、ギリギリでは出来ないからこそ前衛は速いタイミングで動いて良い!

 

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス テイクバック

    ストローク

    バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識していこう!

    全米オープンも佳境に入り、錦織選手の活躍も光ってますね。改めて…

  2. テニス 練習

    ストローク

    ストロークをしっかり振り抜けば、相手のボレーは怖くない

    普段はストロークは強いのに、いきなり相手がネットに出ると・・・。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?

    ストロークでしっかりスピン回転をかける為に、私は「打ち終わり」の形をし…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶことが多い

    「どうしても、手打ちを直したいんです・・・」「手打ちは直した方…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、そろそろ卒業しましょう

    何となく、で済ませている問題。この夏の間に、しっかり自分の納得…

  6. テニス フットワーク

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
  2. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで前後に走らせたいのは、「足が遅い」選手に限る
  3. その他

    テニスの試合は、皆さんも経験してきた「定期テスト」に似てると思う
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない
  5. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます
PAGE TOP