テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスで前衛の腕の見せどころは、「後衛の頑張りをしっかりポイントに結びつける」ことに尽きます

あの前衛、上手いな・・・強いな・・・。

そう思われるプレーって、どんなプレーでしょうか?

やはり前衛ですから、攻撃!ですね。

それも、後衛の頑張りをしっかりポイントに結び付けられる選手。

アナタも発想を変えて、今日から前衛マスターになりましょう!

 

ダブルスで前衛の腕の見せどころは、「後衛の頑張りをしっかりポイントに結びつける」ことに尽きます

 

1.チャンスを待っていても、味方の後衛はしんどいだけ

「そうか!前衛はチャンスを決めるのが仕事だ!」と思った方、ちょっと違う。

そういう人って、ほとんど試合でボールに絡むことが出来ない。

後衛がチャンスを作ってくれる?

何を甘えたことを言っているのか・・・と思います。

クロスラリーで簡単にチャンスが作れるくらいなら、前衛なんていなくても試合には勝てます。

それくらいの実力差がある、ということ。

大事なのは、チャンスにならないようなポイントでも、後衛を助けてポイントにつなげていくプレー、です。

 

2.じゃあポーチにガンガン出る!のも正解だけど・・・

私は断然、ポーチ推奨派です。

チャンスじゃなくても、セカンドサーブだろうがまずは出る!そこから相手との駆け引きが始まる。

その駆け引き、アナタは主導権を握れていますか?

ポーチに出たら、当然相手は警戒してストレートにも狙ってくる。

そこで待ちかまえて仕留める、またはポーチに出るフリをして相手を揺さぶる、プレッシャーをかける。

上手くいけば、ボールに触らないままにポイントを奪える可能性も高い。

試合に勝てる、後衛の頑張りを活かせる前衛ってこういうプレーが得意なんです。

 

3.プレッシャーをかけてくれれば、クロスのストロークの精度は落ちる

アナタがこれくらい頑張れば、後衛もそれに応えてくれる。

相手の後衛は前衛のアナタに意識がいってますから、当然クロスのストロークの力は弱くなる。

削がれた力で飛んでくるストロークは、きっとアナタの後衛がさらに押し込んでくれる。

ストレートに展開、も増えてくるでしょう。

そう、つまりは後衛が前衛にチャンスを作る、だけじゃなくてその逆も生まれて来るのがダブルスの面白いところ。

前衛が後衛を助ける、クロスのストロークを優位に進める手助けを出来る。

考えただけでも、試合がすごく楽になりませんか?

 

大事なのは、後衛と前衛の信頼関係。

しっかり連動して、ポイントに結び付けられるかどうか。

この観点、いつも「後衛がまず頑張って・・・」という発想に、偏ってませんか?

前衛は、実力が拮抗していたり相手が上、くらいのときこそ、腕の見せ所ですよ!

 

今回のまとめ

後衛が前衛にチャンスを作る、だけじゃなくて前衛が後衛を活かすのもダブルスです!

 

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスの試合に強いペア」は相手の逃げ道を作らない!巧みなポジション変更を学びましょう

    テニスのダブルスの試合をしていて、「このペア強い・・・」と感じるときは…

  2. ダブルス

    「正面担当でペアと仲良くダブルスを」基本を理解すれば、もっとダブルスの試合は勝てるようになる!

    ダブルスは二人で戦うスポーツ。二人で協力し合ってプレーしないと勿体…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合、ペアとの話し合いは「事実確認、背景予測、対応提案」の順で考えると試合に勝てる!

    何だか難しそうなタイトル・・・と思った方、すみません。私の書き方が…

  5. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ、ダブルスの試合で使える前衛です

    ダブルスの試合、「良い前衛」ってどんな前衛か?と聞かれると、私は間…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見ること

    「えっ、これってダメなの?」と聞かれることがよくありますが、基本的にダ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「コートを分割した状態でも、自分の守る範囲」を強く意識しないと…
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときに、「味方のサーブでポーチに出れない」人にとっておきのコ…
PAGE TOP