テニス ダブルス

サーブ

手のサイズが大きい、指が長い男子選手は、サーブでラケットを長く持って威力アップ!

サーブの威力をアップしたい方に、直ぐに出来る対策として。

ラケットを長く持つ、という点はサーブでも有効です。

そう、出来るだけ思い切って、長く持ってみると世界が変わります。

 

手のサイズが大きい、指が長い男子選手は、サーブでラケットを長く持って威力アップ!

 

1.「これで本当に、打てるの?」と思うくらいで

結論から言えば、とにかく長く持つ。

小指は完全に余る、くらいでグリップを握ってみて下さい。

「これで打てるのかな・・・」と思えるくらい、グラグラな感じでOKです。

実は、このグラグラな感じが、自然なプロネーションを生んでいく。

そして何より、脱力してリラックス出来る、のが一番のポイントです。

 

2.小指が余っていると、リラックスして振れる

あまり力が入らない、と感じたらそれは成功!

小指を余らせている分、ラケットの可動域は広くなる。

そしてリラックスした状態で、ボールを打つところまでいけるから、サーブに威力が自然と増す。

男性なら、この変更だけでかなりサーブの伸び、がアップするはずです。

しかっかりグリップを握る意識が強すぎると、逆にサーブって伸びやかに打てないですよ。

 

3.大事なのは握力ではなく、スウィングスピード

握力が強い、だけだとサーブは飛ばない。

むしろ大事なのは、スウィングスピード。

しっかりラケットのヘッドが走る、ことを意識するとサーブはまだまだ威力がアップします。

今回の小指を残す、というのもそのヒント。

細かい部分ですが、アナタの身体の中でまだまだ「伸び」を阻害している部分は多いはず。

握力だけでは、むしろサーブの伸びの障害になるでしょう。

 

握りを強くしないで打つ、って、特にサーブでは怖い。

でも、練習で試してみて下さい。

「あれ?これでこんなに、飛ぶの?」と思えるくらい、長くグリップを握った方がサーブは飛ぶ。

安定感もアップして、しかも疲れない。

ぜひ、トライしてみて下さい!

 

今回のまとめ

小指を余らせて握るだけで、サーブは威力がアップします!

 

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

関連記事

  1. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう

    普段何気なくやっている、サーブ練習。ほとんどの場合、みなさんも…

  2. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

    皆さんも、経験無いですか?相手リターンがすごく後ろに下がっている。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!

    スライスサーブといえば、ワイドに切れていくことで有効なサーブ。…

  4. テニス メンタル
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」からが一番

    ダブルスの試合、サーブはどういうコースが有効か。センターはポー…

  6. テニス 練習

    サーブ

    「サーブを打つ位置を変えるだけ」で、相手にプレッシャーを与える方法

    サーブの打つ位置を見るだけで、その人のテニスの実力はある程度分かります…

特集記事

  1. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由
  2. テニス ガット

    その他

    グリップが汚いテニス選手、テニスコーチは、「周りから見られている」という意識が足…
  3. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したい…
  4. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないと…
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人…
PAGE TOP