テニス メンタル

練習メニュー

テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本

そろそろ、新入生も固まってきて、部活にも活気が出て来るころ。

親切に、上級生は頑張って新1年生を指導・・・している皆さん、ちょっと待って下さい。

もちろん基本を教える、ことは大事ですが、テニスの上達にはその次の段階で、大事なことがあります。

 

テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本

 

1.大事なのは、「自分で気付くこと」

最初の基本は、もちろん人から教わる。

グリップ、スタンス、打点・・・でもその後は、どうでしょう。

自分でその基本を、調整していかないといけない。

打っている感覚は本人にしか分からないし、「うーん、これはもっとこうした方が良いかも」と思う、気付くことが大事。

そして先輩である上級生は、そっとその状況を見守ること。

1年生が考えて出した結論を、聞いて受け入れてあげること。

これが一番の指導法、だと思います。

 

2.「しっかり観ているよ」というメッセージが、何よりの薬になる

思い出してみて下さい。

アナタがテニスを始めたころ、1年生だったころ、どんなときに嬉しくて頑張れましたか?

それは、「信頼する誰かに、しっかり観られている」ときだったと思います。

誰かにしっかり、観てもらえていると気付けば、後は自然に自発的に頑張れる。

逆に、「観てもらえていない」と感じれば、それはどんなに優秀な指導と並行していても、頑張る気力が失せてしまう。

テニスコートでは、基本的に人は子供に戻ってしまう、くらいに思っておいて良い。

しっかり見守り、必要以上に教えず、しっかり観ているということを伝えていく。

これだけで、チームの雰囲気はきっと自然と良くなっていくはずです。

 

3.1年生からの質問、が生まれる雰囲気を作りたい

私が観て来た部活、サークル、社会人チーム、全てに言えること。

それは、下から積極的なコミュニケーションが発生しているということ。

気軽に質問出来るし、意見や提案もできる。

「うちのチームには、無理だな・・・」と思った方も、多いでしょう。

それは、なぜですか?

先輩が怖い、怒られそう、相手にしてもらえない・・・と思っているとすれば、それはアナタがまだ起こりもしないことを心配しているだけ。

ちょっと話しかけるだけ、できっとアナタ自身楽になれるしチームの雰囲気も変わる。

もし、アナタ自身が上級生なら、この雰囲気作りをすることがチームの一番の強化、につながるはずです。

 

社会人や、ベテランプレイヤーの方でも同じことが言えます。

むしろ、大変失礼な言い方ですが年齢を重ねた分だけ、自分を守りたい、変な部分を出したくない・・・という思いは強いでしょう。

教えないで見守る、ことも、意外と年齢が上の人ほど出来ない人が多い。

テニスって、教わるだけで上手くなることは無い、ですから。

 

今回のまとめ

下級生から質問が自然に生まれる雰囲気は、どうすれば作れるだろう?

 

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. ACE90 GOOD STUFF<エース90 グッドスタッフ>のポップアップスト…
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う

    「色々チャレンジしてるんだけど、何も身に付かない・・・」と、悩んでいる…

  2. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性

    今年プロ野球のセ・リーグを制したチーム、広島東洋カープ。彼らの…

  3. テニス スポーツ
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニューに早変わり!

    テニス部で人数が多い、またはテニススクールではコートを区切って行うこと…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る

    皆さんの普段の習慣、当たり前だと思っていること。これは、なかな…

  6. テニス ハードコート

    練習メニュー

    テニスで結果を出したければ、周りよりも一つ上の目線を意識して練習していこう

    みんなと同じ、それで良いの?テニスでは、みんなと「差」を付けて…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要で…
  2. ストローク

    「スタンスの使い分け」テニスのストロークのスタンスは、結局どれが良いの?
  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験して…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    大事な試合で棄権しない為に、「まずい…脚が痙攣してきたかも…」と感じたら、早めに…
PAGE TOP