テニス ダブルス

その他

愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

テニス部の練習、みんなやる気無いし愚痴ばっかり。

そんな雰囲気に困っている上級生や部長、キャプテンの皆さんは、一度周りに聞いてみると良いと思います。

そして嫌なら、もっと良い方法を出させてみると良い。

それが出来ないのなら、不機嫌そうな態度を改めるべきでしょう。

 

愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

 

反対するなら、対案を用意するのが筋

これは、もちろんテニスの練習だけの話ではありません。

何かに異を唱える、ことは凄く大事。

ですが、そのときには必ず「対案」を用意して挑むこと、がもっと大事です。

日本って、どこか「反対意見を出し辛い」ような空気の職場、学校、部活ってありますよね・・・でも、それで誤魔化していては、強い選手は育たない。

自主性を重んじる意味でも、愚痴ばかり言っているような部員がいたら、聞いてみましょう。

「この練習より、もっと良い方法は無いかな・・・?」と。

意外と、下級生から良い答えが出て来るかも知れませんよ。

 

悩みはコミュニケーション不足、がほとんど

アナタの一歩が、部活やサークルの雰囲気を変える。

愚痴っている人が多いチームって、ただ単にコミュニケーション不足。

「きっとアイツは、あの人は・・・」と、勝手に想像を膨らませて、不機嫌になったり落ち込んだりする。

そこを打破するには、最初の一言が大事です。

練習を決めている上級生やキャプテンだって、絶対の自信があって選んでいる訳じゃない。

一歩降りてみて、意見を聞いてみることは大事だと思います。

「文句ある?」じゃなくて、対案を引き出す。

考えさせてみる、という過程は絶対に成長の糧になります。

 

「何となく嫌」というのを、卒業しよう

私も練習していて、「これは意味があるのかな・・・」と思う練習はあります。

たくさん経験してきました。

でもそのときに、自分に「だったら、どうすれば良い?」とも問いかけるようにしてきました。

最高の練習、という答えがある訳ではありません。

ですが、「何となく嫌」という感情は、アナタなりに答えにしていかないと成長は無い。

言葉で答えに出来たら、きっとそれはテニス以外の部分でも役立てるはず。

しっかり異を唱えて、対案を出す。

この習慣が身に付けば、きっとテニスは強くなっていきます。

 

勇気が要る・・・ことですよね。

偉そうに書いても、じゃあ今の自分はどうなんだと思うと、恥ずかしくなります。

でも、対案を考えるって大事ですよ。

与えられた場所、環境、メニューだけを何も考えないでやるのって・・・何も成長しないですからね。

考えるきっかけになってもらえると、嬉しいです。

 

今回のまとめ

これは違うと思ったら、自分なりのやり方を提案出来る癖、を付けていこう

 

関連記事

  1. その他

    「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!

    22歳の時にアメリカへ3カ月行って、色んな大学で練習をさせてもらった。…

  2. その他

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!

    大成高校の男子テニス部でレッスンを行った。放課後4時からスタートし…

  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの絶対原則「ニアサイドを塞いでコート端に打たせる」ことで、ポイントを稼ぐことの重要性

    シングルスでもダブルスでも、ポイントのほとんどは相手のミスや無理をした…

  4. テニス メンタル

    その他

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

    自分のミスが増えるとき。皆さんは、どんな時ですか?それ…

  5. その他

    「自分にとって平凡なショットで試合を制す」ことが出来れば、テニスの試合に強くなったということ

    試合に強い選手、というのはどういう選手か。それは自分にとって「…

  6. テニス 計算

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問に…
  2. サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように…
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法…
  4. メンタル

    テニスの試合で負けたとき、それは対戦相手からのメッセージだと受け止めよう
  5. その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない
PAGE TOP