テニス ダブルス

練習メニュー

愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

テニス部の練習、みんなやる気無いし愚痴ばっかり。

そんな雰囲気に困っている上級生や部長、キャプテンの皆さんは、一度周りに聞いてみると良いと思います。

そして嫌なら、もっと良い方法を出させてみると良い。

それが出来ないのなら、不機嫌そうな態度を改めるべきでしょう。

 

愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

 


 

1.反対するなら、対案を用意するのが筋

これは、もちろんテニスの練習だけの話ではありません。

何かに異を唱える、ことは凄く大事。

ですが、そのときには必ず「対案」を用意して挑むこと、がもっと大事です。

日本って、どこか「反対意見を出し辛い」ような空気の職場、学校、部活ってありますよね・・・でも、それで誤魔化していては、強い選手は育たない。

自主性を重んじる意味でも、愚痴ばかり言っているような部員がいたら、聞いてみましょう。

「この練習より、もっと良い方法は無いかな・・・?」と。

意外と、下級生から良い答えが出て来るかも知れませんよ。

 

2.悩みはコミュニケーション不足、がほとんど

アナタの一歩が、部活やサークルの雰囲気を変える。

愚痴っている人が多いチームって、ただ単にコミュニケーション不足。

「きっとアイツは、あの人は・・・」と、勝手に想像を膨らませて、不機嫌になったり落ち込んだりする。

そこを打破するには、最初の一言が大事です。

練習を決めている上級生やキャプテンだって、絶対の自信があって選んでいる訳じゃない。

一歩降りてみて、意見を聞いてみることは大事だと思います。

「文句ある?」じゃなくて、対案を引き出す。

考えさせてみる、という過程は絶対に成長の糧になります。

 

3.「何となく嫌」というのを、卒業しよう

私も練習していて、「これは意味があるのかな・・・」と思う練習はあります。

たくさん経験してきました。

でもそのときに、自分に「だったら、どうすれば良い?」とも問いかけるようにしてきました。

最高の練習、という答えがある訳ではありません。

ですが、「何となく嫌」という感情は、アナタなりに答えにしていかないと成長は無い。

言葉で答えに出来たら、きっとそれはテニス以外の部分でも役立てるはず。

しっかり異を唱えて、対案を出す。

この習慣が身に付けば、きっとテニスは強くなっていきます。

 

勇気が要る・・・ことですよね。

偉そうに書いても、じゃあ今の自分はどうなんだと思うと、恥ずかしくなります。

でも、対案を考えるって大事ですよ。

与えられた場所、環境、メニューだけを何も考えないでやるのって・・・何も成長しないですからね。

考えるきっかけになってもらえると、嬉しいです。

 

今回のまとめ

これは違うと思ったら、自分なりのやり方を提案出来る癖、を付けていこう

 

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 雑誌

    練習メニュー

    失敗の質こそ、その人の未来

    試合でチャレンジして、それを練習に活かす。簡単なようで、これが…

  2. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている

    現代テニスは、オールラウンドが基本。それこそ、弱点があればそこ…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    普段の練習で「尻取りショートラリー」をやってみよう!テニスの試合で視野が広がります

    今回は、普段の練習で簡単にできて、しかもテニスコート以外でも小さいスペ…

  4. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法とは?

    部活やサークルでの練習で、出来るだけ「試合に近い環境」で練習したいと思…

  5. テニス 練習
  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

    みなさん、記憶にありませんか?試合で絶対に取りたかった、あの1…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ポーチに出ること、自体でまずは大成功
  2. テニス ボレー

    戦術

    1セットマッチの試合では、「プレーしながら常に2ゲーム先」も考える癖を付けよう
  3. テニス 練習

    メンタル

    「ミスした後の注意点」を理解すると、テニスの試合は気持ちがすごく楽になる!
  4. テニス ボレー

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールを深く打っても損するだけ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?
PAGE TOP