テニス Q&A

メンタル

ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう

サーブ、ストローク、ボレー・・・。

皆さんの周りにも、いませんか?

ノータッチエース、相手に触られないでポイントを獲ることに美学を求める人。

そんな人は、そもそも性格がテニスに向いていないと思うんですよね。

 

ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう

 

テニススクール?バッティングセンター?

部活でもサークルでも、テニススクールでも。

生徒同士のラリーが続かないこと、よくありますよね。

観ていると、まずは速いボールを打ちたくてウズウズしている人が、多い。

相手を打ち負かす、触られないようにエースを狙う・・・。

もちろん、テニスでは相手がいない場所に打つのが基本、ですよ。

でもそれは、しっかり相手を動かしてコートにスペースを作ってから。

いきなりエースを狙う、そのスピードって・・・必要ですか?

誰かが測ってる?

バッティングセンターみたいに、上の方に「ホームラン」の看板でもあるんですかね?

ハッキリ言って、競技が違うレベル、の人がたくさんいるような気がします。

 

3ポイントシュート、のルールがあれば話は別ですが

そりゃ私も、エースが獲れるテニスがしたい。

でもその実力が無いし、やる理由が無い。

ノータッチで終われば3ポイント、0からいきなり40、になるなら話は別ですよ。

このサイトのコンセプトも変わってきます。

ですが、テニスのルールはそうじゃない。

相手に触られても、ノータッチでエースになっても、得点は一緒。

だったら確率重視でどんどん、相手に触らせて試合を進めていく方が良いと思いませんか?

エースが欲しい人って、本当は・・・実は「怖い」だけなんじゃないですか?

 

「反撃恐怖症」の根は深い

テニスをしていると、実は臆病がゆえに「ノータッチエース狙い」になっている人がたくさんいる。

これは、新しい発見でした。

つまり、相手に触られるのが怖い、だからエース狙い、なんですよね。

ミスしても、それで相手がビビッてくれる、そのうち入るようになると思っている人もいるでしょう。

そんな人、試合で勝てますかね?

周りからの評価と、相手からの反撃を恐れているだけ・・・じゃないですか?

心配しなくても、今のアナタの実力で、しっかりコートに入るショットを打っていれば大丈夫だと思いますよ。

そんなに、怯えなくても・・・・。

 

こう感じるようになったのは、テニススクールでアルバイトコーチをするようになってからです。

特に、大人の男性に多い。

自分を大きく見せたい・・・想いが、おかしな方向にいっているだけ。

高校生、大学生の皆さんも、自分の胸に手を当ててみて下さい。

ノータッチ狙いのテニス、がしたいなら深夜のバッティングセンターにでも行きましょう。

そこなら、自分一人で誰にも迷惑をかけませんので。

 

今回のまとめ

強引なノータッチエース狙いは、自分が臆病なことをさらけ出しているだけ

 

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス 上達

    メンタル

    追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

    テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。それは、自分が…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    どんなに相手が強敵でも、「人間の力に大差は無い」という意識は大事

    テニスの試合、どうしようも無いくらいの実力者はいる。第一シード…

  3. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかない

    テニスの試合の中で、「諦めない」ということは本人にしか分からない。…

  4. メンタル

    テニスの試合、苦しい場面で「あの練習があったから、きっと大丈夫」と言える練習、出来ているだろうか?

    テニスの試合の現場で問われる、メンタルの強さとは何なのか。土壇場で…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスのトーナメントで良い成績を上げたなら、すぐに0に戻してまた練習を再開しよう

    良い成績、というのは人それぞれ。でも、目標を達成したときには、…

  6. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ

    テニスの試合、自分たちをどうしても信じられない、メンタルが弱いと感じて…

特集記事

  1. テニス ガット
  2. テニス ラケットバッグ
  3. テニス 水分補給
  4. テニス 怪我
  5. テニス チェア
  1. サーブ

    テニスの試合で必要な、「回転量を増やした高い軌道のサーブ」を、今年こそ身に付けた…
  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識…
  3. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  4. テニス チャンス

    フットワーク

    テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」こ…
  5. ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ
PAGE TOP