テニス ダブルス

日々の雑記

みんなで強くなることが、大きな相乗効果を生む

最近、こんなご意見を頂きました。

「いつも読んでます。とても為になる情報が多くて、嬉しいです!このサイトの情報は価値があるので、有料のメルマガや課金アプリなどを使って、限られた人に配信した方が良いと思います。その方が儲かりませんか?」

という内容でした。

以前にも少し、似たようなお話を頂いたことがあるのですが、私の考えは真逆です。

 


 

為になる情報、ともし思って頂けているのなら、それは多くの人に伝えたい。

ましてや、このサイトを観て頂いている半数は中学生や高校生、大学生といった学生の皆さんです。

お金があるならテニスに使って欲しいし、仲間と呑みにでも行って欲しい。

そもそも、このサイトで紹介している情報は、「ヒント」に過ぎません。

動画や画像で紹介する訳でも無いので、何かのヒントになって皆さんでカスタマイズしていく、しかありません。

つまり・・・このサイトで紹介している内容は、当たり前のことをキーワードで整理しているだけ。

正直、それくらいに考えながら更新しています。

 

ですので、使えないテーマもあれば、全然合わないモノも多いでしょう。

それでも読んで頂ける人がいるなら、という感覚で更新しているので、有料なんて全く考えていません。

むしろそれで、読者の方が減ってしまう方がマイナス、だと思うんですよね。

 

みんなで上手くなれば、それは相乗効果を生みます。

何度か書いてきましたが、テニスは一人で上達していくなんてありえません。

対戦相手、仲間、ダブルスのペア、みんな周りが上手くなっていけば自然とアナタも上達していく。

その為には、色々な考えを多くの人が持って、効率的に練習して試合が上手くなる、強くなる。

そんな波を、全国の部活やサークル、草大会からJOP大会までで、興していきたいのが私の願いです。

一人で儲けよう、と思ったところでお金は集まって来ないでしょう。

 

ですので今後も、拙いサイトですが頑張って更新していきたいと思っています!

今日からまた一気に、暑くなるようです。

体調管理に気を付けて、皆さんテニス頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方

    皆さんは、WBCの試合ご覧になってますでしょうか・・・?日曜日…

  2. テニス 観察

    日々の雑記

    まだまだ壁は、とてつもなく高いのかも知れない

    昨日(今朝)は、皆さん、全仏観戦お疲れ様でした・・・。まさに今…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける

    すっかり涼しくなって、まさに夏が終わって秋・・・という感じですね。…

  4. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近はずっと、関…

  5. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?

    小さいことですが、気遣いが出来ると「お!?」と感じること。テニ…

  6. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

    8月も、もう後半。みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていない
  2. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!
  3. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない
  4. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切に
PAGE TOP