ストローク

「高い打点・・・厄介だね」テニスの試合で力が入り辛いボールの処理方法とは?

テニスの中で重要なことは、相手が取れないくらい凄いショットより、相手が攻撃出来ないディフェンスショットを持っているかどうかなんだよね。

もちろん超攻撃的ショットも欲しいんだけど、まずはしっかりとしたディフェンスショットが無いと攻撃するチャンスも巡って来ない。

しかし当然相手も同じようにこちらに攻撃させないショットを打って来るんだけど、その代表は高く弾むストロークショットかな。

 

「高い打点・・・厄介だね」テニスの試合で力が入り辛いボールの処理方法とは?

 


 

下がりながら打たないといけないくらい、しっかり弾まされるとちょっと攻撃出来ないどころか、自分のショットも浅く返球してしまい
ピンチに陥ってしまう。

高いショットの対処はしっかりやっておかないと。

まず普通のショットと何が違うのだろうか。

一番違う所はまず打点の高さである。

いつもの打ちやすい打点よりも高い打点で処理しないといけないってことは、スウィングを後ろから前に振ることが難しい

ラケットダウンさせた状態から、高い打点に向かって一気にラケットを持ち上げてスウィングするため、完全に上下動になるよね。

よく「力が伝わりにくいから・・・」と苦手な人は、目いっぱい後ろに反動付けてテイクバックを大きく取ろうとするんだけど、そうなると
変に前後の要素が混じってしまって逆効果だ。

慌てずしっかり下からそのまま真上に振り抜くつもりで対処しよう。

その「上下動スウィング」する時なんだけど、軸足は後ろ足(右利きの人のフォアの場合は右足)がいいよ

前足はしっかり踏み込んでから、前に振り抜きやすいので、攻撃的なショットを打つ時には効果的なんだけど、後ろ足は逆に持ち上げてボールに回転を加えることに適している。

なので、大きくバウンドする厄介なショットが相手から飛んできたら、まずは身体の向きをターンさせて、後ろ足メインでボールの距離を調整してもらいたい。

その時慌てず、後ろにひかないこと。

それよりもしっかりラケットダウンさせて、一気にラケットを上に振り抜くキッカケを待っていよう。

そして丁度打つタイミングになったら、全体重をしっかりと後ろ足に乗っけて、その後ろ足で上に蹴るパワーをキッカケに、上下動のスウィングを行い、上に振り抜こう。

もちろんこれも攻撃というより、凌ぐショットなので、弾道も高く上げて回転量も出来る限りかけてあげることを忘れずに。

キーポイントの後ろ足に頼ることと、上下動のスウィング

しっかりと持ち上げて、相手にも攻めさせないようにしながら凌げるようになれば大丈夫。

試合の中でもけっこうこれを使う場面があるので、皆普段から練習しておこう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について

    ストローク、ボレー、スマッシュ。サーブにリターン・・・。それ以…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです

    最近スライスショットをよく使うようになった。理由は簡単。…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    グリグリのフォアハンドストロークで押してくる相手には、シンプルな対策で準備しよう

    テニスの試合、特に男性の学生の方で多いのがこのタイプ。グリグリ…

  4. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう

    ストロークラリーの中で、浅いボールに苦手意識が強い方。こういう…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

    スライスのストロークを、もっと「重たいモノ」に変えていきたい方。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限る

    プロ選手の試合を観ていると、本当にラリーテンポが速い。速いけど…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?
  3. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について
  4. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリター…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る
PAGE TOP