テニス ボレー

ストローク

「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです

最近スライスショットをよく使うようになった。

理由は簡単。

楽なんだもん。

楽チンショットのスライスは試合中本当に便利である。

 

「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです

 


 

でも、楽をしたいからスライスを使う・・・というより、ちゃんとポジションに入れないくらい厳しい状態だから、スライスしか使えない状況が多くなった・・・言った方が良いかな。

足をちゃんと動かしていた現役時代の頃は、相手の厳しい振り回しでも、きっちりポジションに入れていたのが、段々体力や脚力が落ちて行き、今はボールには追い付くけど、触るのが精いっぱいでしっかりラケットを振り抜くまではいかなくなって来たからね。

そうなるとスライスが必要不可欠になる。

なので、スライスショットマスターしたい人は、まずあまり自分の力を使わないで楽チンに打ちたい・・・という感じの労力ケチケチ人間になってもらいたい

「労力は惜しみません!」という鼻息荒い人は、あまり向いてないのだ。

そもそもスライスは、ラケット面が上向きの状態でボールを捕らえることが多いので楽に飛ばしやすいショットだ。

でも「面が上向き」ということだけじゃなくて、他にもボールを楽に飛ばすための要素は色々とあるので、その部分をしっかりと覚えておいてもらいたい。

まず、スライスは出来るだけライジングで打とう

ボールの上から下に捕らえてスウィングするスライスショットは、地面から上向きに弾むライジングのバウンドとマッチすると、かなり伸びのある攻撃的スライスになりやすい。

しっかりとバウンドする場所に踏み込んで行って、バウンド直後のライジングのボールに対してしっかりと上から押さえつけるように、トライしてみよう。

驚くほどコンパクトなスウィングで、しかも伸びのあるショットが生まれるのだ。

注意点はしっかり横向きを作ること

横向き足りない状態でスライスを打つと、横振りになってボールを切る感じになり、フワッと上に浮くような感じでしかも伸びのないショットになる。

ま、それをあえて利用してネット際にドロップショットとして使うこともあるけどね。

まだまだ脚力が伸びている若者は、楽をするためにスライスを打つ必要は無いけれど、緩急を付けるためだったりアプローチなんかでスライスは必ず必要。

その時はトップスピンほどフルスウィングしようとしないで、踏み込んでライジングのスライスを打てるように、普段からしっかり練習しておこう。

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    テニスにおいてストロークで「低く滑るスライス」を沈めて返球するには、かなりの技術が必要です

    私が考える、テニスにおいて最も難しい技術の一つが「低く滑るスライス」を…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!

    高校の頃、素振りをやらされた。皆で一緒にやって、その時に掛け声…

  3. テニス ミス

    ストローク

    グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから

    社会人からテニスを始めた方で、試合に出て壁となってくるのがストロークの…

  4. テニス ストローク
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上からしっかり抑えよう!

    浅いボールを攻撃していきたい、ストロークでそう考えている方は多いでしょ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと

    並行陣相手の試合が増えると、必ずこのショットが求められます。ボ…

特集記事

  1. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニス 練習

    戦術

    相手に向かって打つ、のは2往復までで良い
  3. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない
  4. テニス 体力

    戦術

    試合前のウォーミングアップでは、「1ゲーム目、1ポイントから全開」を成功イメージ…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておい…
PAGE TOP